こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ノーベル文学賞を複数回受賞

ノーベル賞を複数回受賞した方は、少ないですがおられるようです。
で、同じ分野のノーベル賞を複数回ということでは、自然科学系の物理学賞では2回受賞した人はいるようですね。

ではノーベル文学賞を、個人が2回受賞するということはあり得るでしょうか?

文学賞は作品単位ではなく、その人の業績全体に与えられるので、一人で2回受賞というのは無理でしょうか?

投稿日時 - 2014-03-17 08:52:10

QNo.8517141

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>ノーベル文学賞を、個人が2回受賞するということはあり得るでしょうか?

ノーベル文学賞の規定や現在の選考方式に明確に互選を禁じている訳ではないので、理論的には可能だと思います。
しかし、文学賞の発足当時より、言語や文化圏の問題、発行発刊される作品の数量や購読者数のアンバランス、作品単体の評価よりも作家のライフワークにおける業績や評価の側面があり、一人の作家が受賞までノミネートされることは有っても、受賞後に再度、別作品にて同じノーベル文学賞に複数回受賞の可能性は殆どないと考えられる。



~関連記事から引用~

文学賞選考の仕組みと問題点
(1).多数決制
文学賞はスウェーデンアカデミーが選考担当の事務をします。まずノーベル委員会は600から800の推薦状を発送し、そしてそこから候補者リストを作ります。(候補者は100から150人といわれています)。その後アカデミーと協力して、さらに候補を絞り、委員の意向も汲んで最終的に6から7人の最終候補リストを作るのです。アカデミーでの議論の後、例会で全員参加の無記名投票(候補者の名前を書いた投票用紙は、事務局長が手にして回るビールマグに入れられます)により受賞者は決定されるにのです。ちなみにこれは単純多数決制です。

(2).言語の壁
ノ-ベル賞選考の問題点として前々から挙げられているのは、言語や文化の壁です。すなわち、選考が、どうしても欧米に英語文化圏に偏りがちであることです。仮に日本で推薦依頼を受けた人がいたとして、その人が日本語で文章を書いた場合、「その作品の評価に多大な労力と努力をせねばならない場合、推薦の検討をさらに加えなくてもよい」というノーベル財団規約の条項により、おそらく却下されてしまうでしょう。

(3).例外について
1986年文学賞受賞者、ナイジェリアのウォレ・ショインカ氏(アフリカ初のノーベル受賞者)は英語で自分の書を著しています。82年のマルケス氏や、67年のグアテマラのアストゥリアス氏も書をスペイン語で書いています。別ページにあるインドのタゴール氏(アジア初)も自らの文章を英語に訳さねばならないという壁があったのです。徐々に薄れつつはありますが、まだまだ第三世界は宗主国言語の作品が選ばれる傾向は薄れないでしょう。「サンプル翻訳(言語になじみがなく、翻訳が十分でない場合に、部分的に翻訳をすること)」もありますが、それでもまだ問題は完全に解決される訳ではありません。 もちろん例外もあります、88年に文学賞を受賞したナギーブ・マフフーズ氏は、その代表作「バイナ・ル・カスライン」などのアラビア語作品が評価されての受賞でした。これは画期的なことで、受賞理由は、「全人類に適用可能なアラブ的文章表現の芸術」であるから、でした。さらに日本の川端康成氏もまた、稀な受賞例であったといえます

投稿日時 - 2014-03-17 09:24:47

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-03-17 09:40:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-