こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

歯のクリーニング

歯が痛くなり、歯医者に行きましたが、歯のクリーニングばかりされます。

表面をクリーニングするのはまだ分かりますが、
次回は歯の下の部分、つまり、歯茎の中をクリーニングする、と言われました。

そこで質問なのですが、
歯茎の中の部分なんて、普通はクリーニングするものなのでしょうか?
何となく、痛そうだし、歯茎が下がってしまうような気がするのですが…。
しても大丈夫なのでしょうか?

投稿日時 - 2014-02-24 22:20:11

QNo.8489109

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

歯科衛生士をしている者です。

歯周病で歯茎が腫れ、歯周ポケットが深くなっている方はそこにも歯石がつくので、
それを取らなければ改善しないことはよくあります。

まず見えてる範囲の歯石を取り、歯周ポケットのある方はその後に歯茎の下の歯石取りに移ります。
しかしそれは歯医者が必要性を判断し実行するだけで、クリーニングするからには絶対にしなければいけないこと、というわけではありません。
的確に判断し必要だから行う歯医者、
今は必要ないが予防として全員に行っている歯医者、
点数欲しさになるべく行う歯医者、
など様々です……
納得できないのであれば、当日でも構いませんので
「私の歯周病はそんなに酷いですか?どの程度の歯周病ですか?
やらなきゃいけないんですか?痛くないですか?」
と素直に聞いて大丈夫です。
その前にしっかり説明していないスタッフが悪いのですから。
もちろん、本当に必要性があるなら是非やった方がいいですよ。
ちなみに痛みのありそうな状態の方や痛みに弱い方は、軽く麻酔をしてからやってくれますよ。

納得して、適切な治療を受けられることを願っています(^^)

投稿日時 - 2014-02-25 12:48:25

お礼

回答ありがとうございます。
歯周病のことには一切触れず、ただ、このクリーニングやったから次回はこれね、で、次に行くと、じゃあ次回はこれね、という流れ作業的な感じで、全くの助手の方任せでした。
必要あるなしに係わらず、全員やるものですよみたいな言い方だったので、私に本当に必要なことなのかとか、個人個人の歯をちゃんと見てくれているのかな、とか、少し不信感を抱いてしまいました。
説明を求めても的確には答えてはくれず、口をゆすいでいる間にいなくなってしまうので、その後の話もできません。
あまりしつこく何度も聞きにくかったのですが、hn928さんの回答を見て、聞いてもいいんだ、と思えたので、次回もう1度聞いてみます。
分かりやすい回答を、ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-02-25 17:14:15

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

わたしが通っている歯科は
初回 定期検査と詰め物(よく取れるので)などの処置
2回目、3回目 上下にわけて2回にわたって歯のクリーニング。歯石取り。
時にはブラッシング指導。

で、大体終わります。
何か治療する歯があると、その後も通います。

ただ歯のクリーニングの担当の歯科衛生士さんが決まっているらしく
それの予約を取るのがなかなか難しいです。
たまに、明日また来れますか?って聞かれることもありますが。
一度に2回分の予約をしてもらえます。

おかげで虫歯も歯周病もないです。

投稿日時 - 2014-02-26 21:10:51

ANo.2

ここで聞くのはお門違い、一般論として歯石があれば取るのが当たり前としか答えられません。

とはいえ別に 貴方が悪いわけではありません。

歯医者では医者(3分ルール)より親切な15分ルールがあります。
これは治療の内容を十分に理解してもらうための時間です。つまり
ここに質問しているというのは歯医者が十分に説明していないという事。
説明とはすればいいわけではありません。インフォームドコンセントは「正しい情報を伝えた上での“合意”」といういみで納得しなければ成立しないんです。そのために15分という時間が作られているんです。
点数も決まっていますから聞かなきゃ損です。歯医者は治療するだけが脳じゃない。情報発信基地なんです。
納得していないのは貴方の責任ではなく歯医者の責任、一度で理解できなくて当たり前ですから何度でも分からないところは聞いて当然なんです。それを善しとしない歯医者にはかかる価なしです。

保険で行うクリーニングは現在、最低でも4回かかります。
歯科医師会は1回を認めるよう求めていますが、厚労省は拒否しています。その意味は回数を多くすれば第一につきをまたぎ、月ごとの予算が少なく出来る。第二に、長くなれば途中で患者外仮名君るから治療費が削れるというものでしょう。つまり患者よりも予算優先なんです。この傾向は小泉政権の医療費削減政策から強くなりました。

まず、最初に歯の表面だけを掃除して、次回から最少で2回、最多で6回までに区分けして歯肉の上の歯石除去。それが終わったら一週間ほど明けて検査をして、そこから今度はやはり区分けしながら歯肉の下の歯石除去。さらに1週間ほど置いてから検査。・・下手をすると10回以上にもなってしまいます。

しかも以前はこの間虫歯治療は最小限に抑えられた。現在では多少ゆるくなりましたが、それでもできるだけ歯周治療後に虫歯治療をするようにという方針です。

歯石は葉の表面もよくありませんが、本当に恐ろしいのは歯周病や歯根虫歯の原因になる歯肉の下の歯石です。
ついているならしっかりと取ってもらいましょう。患者さん自身には確認できない場所ですから。

投稿日時 - 2014-02-25 12:17:00

お礼

回答ありがとうございます。
そこは、1人の先生が同時に何人も診ていて、何か聞いてもあまり親切には答えてくれませんでした。
しかも、歯が痛くて治療してもらいに行ったのに、クリーニングばかりで全く治療してくれず、前回、1番痛い歯だけは何とか治療を始めてもらいました。その時も、この後のことや何やら聞きたかったのですが、助手の方に聞いても先生に聞きに行くだけで、全然話はできませんでした。
きちんとした説明をしてもらえないので、不信感を抱いてしまい、こちらで質問させていただきました。
次回、もう1度、先生に聞いてみます。

投稿日時 - 2014-02-25 16:57:15

ANo.1

かなり歯石や歯垢がたまってるんじゃないですか。
歯茎の中、つまり歯周ポケットですね。
しますよクリーニング。
まず清潔にすることが第一です。
清潔にしないと歯周病により歯茎が下がります。

歯槽膿漏と言われませんでしたか?
そうでないとしても予備軍だと思います。

投稿日時 - 2014-02-25 01:52:10

お礼

回答ありがとうございます。
前回、違う歯医者にかかった時に初めてクリーニングをしたのですが、その時に、「今までしたことないとは思えないほどきれい」と言われました。
時間は経っていますので、次回先生に確認してみます。

投稿日時 - 2014-02-25 16:46:48

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-