こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本と海外でのトンボ・トリムマーク表記の違い

Illustratorでのトリムマーク、トンボは世界共通だと思っていたのですが、海外とのやりとりで、日本で作成したデータを送ると、向こうの仕様に変更されて確認データが送られてきます。
その時、いつもサイズに違いが出ていて困っています。


私が認識しているトリムマークは、イラストレータで表示される3ミリ塗りたしのある表示なのですが、取引先のデータは、4隅に2本ずつカットラインの線があるだけです。
ちょうど、トリムマークの内トンボの線2本だけ残したような感じ、カドは繋がっていません。
デザイン部分は内トンボの外側に少しはみ出しています。

わかりにくいですが図にすると添付のような感じです。


シンプルと言えばシンプルですが、問題なのはデータのサイズがいつも違うのです。
こちらが45mmで指定したものが、50mmになっているため仕上がりサイズに大幅な違いができます。

ただ、サイズは違うけど、製品自体にトラブルがあるわけでもありません。許容範囲ではありますが…ずっと提出したデータで意向が通じないというのも気になり質問しました。


日本と海外ではトリムマークの線の位置や形状について、認識が違うんでしょうか?
また、このようなトンボ使ってますよ!という方、いらっしゃいますか?

投稿日時 - 2014-02-21 15:09:33

QNo.8484471

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

Illustrator 環境設定 の中に「日本式トンポを使用する」という項目があって 
普通、チェックがはいっているいるからドブ付のトンポになっています。

このチェックを外すと、ドブ無しトンポになるよ。

こちらから日本式で送って、相手先で変換しているの?
なら、最初から相手先のトンポにして送ったらどうでしょう。

投稿日時 - 2014-03-07 15:43:00

お礼

回答ありがとうございます。
「日本式トンボ」というものがあったんですね。勉強になりました。

こちらから部分データを送って、向こうで完成データができて届きます。
サイズの違いが出たりして困っていたので、今度から向こうの様式に合わせてみます。

投稿日時 - 2014-03-14 14:07:04

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-