こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

高校数学の問題集

高校数学の問題集について、先輩方に相談(長文失礼します)

私は今高1です。数3の履修を済ませたのですが、その際に駿台から出ている受験数学の理論を使い数学の考え、理論を学び、青チャートで確認するという方針でやってきました。青チャートの例題、その類題が解けるようになってきたのですが、青チャートは公式に当てはめれば解けるというレベルのものばかりで、入試問題(京大等のトップレベル)と比べるとかなり開きがあるように思います。
学校の先生に聞いたところ数学の問題の難しさには質、量という2つの次元が考えられるが、青チャートからいきなりトップの問題へ挑んでもまだ考え方や理論を有機的に使うというレベルではないため、意味がないとおっしゃられました。そして、考え方を有機的に扱うためには、もう少し上の次元で基礎を与え、養っていく必要があるそうです。
次に考え方を有機的に使えるようにするためのトレーニングをしていきたいと考え、ある程度評判のある1対1対応の演習か私が読んできた受験数学の理論の問題集をやろうと思うのですが、どちらがよいでしょうか?
私は、今まで受験数学の理論を読んできたため、同じ著者が書いている問題集をやりたいのですが、いろいろなサイトを読んでみても、あまりこの問題集を使っている先輩はいないので、使うのが少し憚られます。
また、どちらを使うにしても、その後は、スタンダード演習、やさしい理系数学、ハイレベル理系数学へと進んでいきたいと思うのでそう考えると東京出版から出ている1対1がよいのかとも思います。
最終的には到達するべきレベル(京大理系で4問完答するレベルにはいかなくてはと思います)にいければ、何をするのかは関係ないと思うのですが、先輩方の意見をお聞かせ下さい

投稿日時 - 2014-02-17 23:28:28

QNo.8479656

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

たぶん順番が違うんでしょう。
その駿台の教材ができる人は、たぶんできる時点で青チャートは卒業か、いくつか穴がある程度でしょう。
まぁだから、確認だけすれば良いと思います。知ってる、知ってる、解ける、で。
1対1もそうなるんじゃないかと思いますがね。
買ってやってみたらどうですか?

で、その質と量の質の質を追求したのが、おそらくその駿台の教材でしょう。
典型問題だけでも、問題演習だけでも、伸び止まる可能性が高いんで。
ブレークスルーするには、ということだろうと思います。
私が数学の教師に相談するなら、その駿台の教材に対して何をしていくか、を尋ねるでしょう。
青チャートに対して、ではなくて。

私だったら、1対1、プラチカ、スタンダード演習、3つ買ってきて、自分に適切な物を探すと思います。
むしろ、1対1から何か拾えたらラッキーでしょう。

投稿日時 - 2014-02-18 21:01:12

お礼

とりあえず1対1をさらってみます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-02-20 23:34:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

青チャートと1対1はアプローチは異なるもののレベル的にはかぶっていると言われます。青が無理なく理解できるならわざわざスライドする必要もないのでは。

駿台本から大数、河合系に接続するならバランスも良さそうだし、「受験数学の理論」系のプランで問題ないと思います。

確かに大数特有の流儀はあるけれど、それ(スタ演の解法や解説)に違和感を感じたらその単元だけ1対1を立ち読みするなりして補完すればいいでしょう。

投稿日時 - 2014-02-18 07:18:20

ANo.1

すみません、私はそこまでハイレベルな方のご質問には回答できないので、回答してくださりそうな、あるいは参考になりそうなサイトの紹介だけさせて頂きますね。

みかん箱で勉強blog
(リンク先は東大対策のページです。)
http://faceman29.blog62.fc2.com/?tag=%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%AF%BE%E7%AD%96.%E6%95%B0%E5%AD%A6

各記事のコメント欄にコメントを残せば忙しい中でも次の日までには返してくださると思います。

投稿日時 - 2014-02-18 05:52:37

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-