こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

障害厚生年金の質問です

この度、厚生障害年金を受給出来ました、証書が送られてきたのですが遡逆請求もしていますが幾ら受給できるのかわかりません、年金事務所では振込み前に受給金額の明細を送付されますと言っています。
幾ら入金になるのか知りたいのですがご教授ください。
支払い開始年月日 平成16年10月 基本となる年金額 596、000 年金額 596、000 「年金時効特例法」に該当する場合を除き、平成20年5月以前の年金は、時効消滅によりお支払いはありません
と書いています。
受給権を習得した年月日は平成16年9月です 証書の年月日は 平成26年1月23日です
平成26年1月23日 上記のとおり決定しましたので通知しますと書いています
障害の等級は3級12号です。 

現在平成26年2月なので入金はいつごろでしょうか?

投稿日時 - 2014-02-05 22:16:42

QNo.8463058

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

平成20年6月分以降の分を遡及で受けられることになりますね。
また、金額を見るかぎり、3級の最低保障額(約59万円)になっている模様です。

年金額は物価変動に連動しますから、実際の額は年度によって異なってくる(証書の記載と異なってくる=のちに届く明細書が確定額となる)のですが、596,000円という年金額(1年あたりの金額)が変わらないものだと仮定すると、1か月分あたりが約49,000円です。

したがって、平成20年6月分以降、少なくとも平成25年12月(直近の支払月[各偶数月が支払月])までの各年度ごとの月数をみてゆくと、20年度+21年度+22年度+23年度+24年度+25年度=10か月+12か月+12か月+12か月+12か月+10か月=68か月の遡及分については、初回に一括で支払われることとなります。
概算でも、約49,000円×68か月=約333万円ほどにもなりますよ。

初回の振込は、通常、証書に記された決定日より40~50日後と決まっています。
なお、各偶数月が支払月ではあるものの、初回支払に限ってはそれにこだわらないという決まりがあるため、早ければ3月にも遡及分が支払われることとなります。その場合には、26年1月分も追加されると思います。

初回支払ののちは、各偶数月に、前々月分と前月分の2か月分が支払われます。
例えば、4月に支払われるものは、26年2月分と26年3月分です。

いずれにしても、初回支払の直前に、実際の初回支払額(確定された額)などを記した明細書が届けられますので、そちらで最終確認をなさって下さい。
 

投稿日時 - 2014-02-06 21:08:54

お礼

ご回答ありがとうございます、平成20年6月分から遡逆請求分が入るのですね、きっちり五年、60ヶ月だと思っていました。
明細が送られてくるのを待っています

投稿日時 - 2014-02-08 20:19:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

年金は偶数月に2か月分ずつ入金されますので
2月の14日あたりじゃないですかね。

遡及300万円入って4月から12万。

投稿日時 - 2014-02-05 23:27:03

お礼

ご回答ありがとうございます 参考になりました

投稿日時 - 2014-02-11 08:11:21

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-