こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

住宅リフォーム減税で所有者=契約者でないとダメ?

※同居家族構成: 母(65歳)・私(38歳)
 両者とも働いていて所得があります。

 先日、浴室リフォームを行いました。在来工法の浴室から、段差解消や手すり
を装備したユニットバス化したという内容から、バリアフリーリフォームの減税
措置(固定資産税・所得税)を受けられる可能性がありそうなので、ぜひ申請し
ようと考えています。

 さて、家屋の所有者は、母なのですが、リフォーム契約は、私が契約者となり
ました(業者とのやりとりを私が中心になってすすめていたためで、深く考えま
せんでした)。
 この場合でも、固定資産税と母の所得税の減税措置は受けることができるので
しょうか?
 要件を読んで、「リフォームをした者」の定義が「契約者」であり、「契約
者」と「家の所有者」が厳密にイコールでないと、減税が認められないのではな
いか、という不安が生じたので質問した次第です。
 それとも、契約者である私の所得税の減税措置が受けられるということなので
しょうか?

 ご回答よろしくお願いします。

【参考】
http://www.refonet.jp/csm/info/fund/tax_reduction/tax_barrierfree03.html
http://www.refonet.jp/csm/info/fund/tax_reduction/tax_barrierfree01.html

投稿日時 - 2014-01-31 11:24:29

QNo.8454858

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>120万円は、全額家屋の所有者である母が出しました…

それなら何も問題ないです。
税務面では、業者に対する名義などどうでも良く、実質的に誰が支払ったかかを問われるだけです。

どうぞどうぞ、減税の恩恵を受けるために申告をしてください。

投稿日時 - 2014-01-31 14:26:29

お礼

 度重なるご回答ありがとうございました。

>税務面では、業者に対する名義などどうでも良く、実質的に誰が支払ったかかを問われるだけです。

 なるほど、そうなんですね。ズバッとお答えいただき、モヤモヤしたものが晴れました。
母には減税の申告をするように、伝えたいと思います。

投稿日時 - 2014-01-31 14:40:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

>家屋の所有者は、母なのですが、リフォーム契約は、私が契約者…

あなたがお金を出したという意味ですか。
それなら子から母への贈与です。
いくらほどのリフォームかお書きでありませんが、110万円を超えているなら母に贈与税の申告と納付
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4429.htm
の義務があります。

もちろん、親子や夫婦は互いに扶養義務があり、日常生活に最小限の費用を出し合うことは、贈与ではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm
しかし、大規模リフォームまでは日常生活に最小限の費用とはいえません。

>固定資産税と母の所得税の減税措置は受けることが…

他人のふんどしで相撲を取ろうとしてもだめです。
母がお金ほだしたわけでないのに、母の所得税が減税されるわけありません。

>契約者である私の所得税の減税措置が受けられるという…

ご自分の家でない以上、論外です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2014-01-31 13:01:34

補足

リフォーム代金の約120万円は、全額家屋の所有者である母が出しました。
今思えば、契約者も母にすればよかったですね・・・。

投稿日時 - 2014-01-31 13:38:10

お礼

ご回答ありがとうございました。
情報が不足していた部分があるようなので、補足させていただきました。
もしも、よろしければ更なるお知恵を拝借いただければ幸いです。

投稿日時 - 2014-01-31 13:35:32

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-