こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

派遣社員とアルバイト社員が存在する会社

私の勤めているとある食品加工会社の長期のアルバイト時給は900円です。(健保や厚生年金などあり)
ところがその会社の同じ職場には長期で時給1100円の派遣社員がいます。
仕事内容と勤務時間と勤務時間帯は同じなのに時給が異なるのです。
会社側がアルバイト社員と派遣社員を雇い入れる理由は何ですか?

■この会社のアルバイト社員は派遣社員に比べ損をしていると判断してよろしいのでしょうか?
もしそうならこのアルバイト社員は派遣会社に登録してあらためて派遣社員として雇用契約を結ぶべきなのでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-01-24 01:33:21

QNo.8443919

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

っていうか、これだけの内容では答えようがありません。本当に全く同じ仕事で同じ責任を負わさているのか、経験や能力・評価が違うのか、などです。派遣は通常交通費の支給はなく、福利厚生も別会社です。そもそも会社が違うわけですから、時給が違うのは当たりまえの話で、前述の能力や待遇を全く考慮しないのであれば、損をしてるとも言えるでしょう。

派遣会社を受け入れているのはその会社やその派遣社員を信用をしてることは多々ありますよ。本当はアルバイトに切り替えたいが、派遣できてる人間が優秀なので、そのまま雇用を続けてることもあるでしょう。ただ、

>もしそうならこのアルバイト社員は派遣会社に登録してあらためて派遣社員として雇用契約を結ぶべきなのでしょうか?

タテマエとしてはこれをやると、企業は派遣者を特定することになるので、これは法律違反になるのでできません。そのそもそのアルバイトは新たに派遣登録しても派遣会社が同じ企業を紹介する理由はありません。派遣会社も多くの登録者を抱えているわけですから、自分のところで実績のある信用のある人間を送りたいわけで、そのアルバイトは派遣会社での実績はありませんから、よほどのことがないと不可能です。

投稿日時 - 2014-01-24 19:21:04

お礼

回答いただき感謝いたします。
分かりやすく詳しく説明いただき大変助かりました。
これからもよろしくお願いたします。

投稿日時 - 2014-01-25 00:00:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

会社が派遣社員を入れる場合、その社員へ直接賃金を払う事はありません。あくまで派遣元との契約であって、実際にはその倍近い時給が払われています。派遣社員の時給をいくらにするか決めるのは派遣元であって、受け入れる側は関係ありません。
雇用主自体が全く別法人ですから、時給が違ってもどうしようもないし関係ないし口だし不能です。
また、同一労働であっても2割程度の賃金格差はほぼ合法と見なされます。

会社は、雇用人員の調整に柔軟性を持たせるために様々な形態の契約をします。ある程度大きくなればほとんどでそうでしょう。そのバイト君が派遣へ登録して、必ずその会社に派遣されてくるとは限りません。その会社へ行かないようにする事はできても、選ぶ事はできません。
また、派遣は簡単に切れますが、バイトでも長期になればそう簡単に解雇する事はできません。

投稿日時 - 2014-01-24 08:50:55

お礼

回答いただき感謝いたします。
分かりやすく詳しく説明いただき大変助かりました。
これからもよろしくお願いたします。

投稿日時 - 2014-01-25 00:00:16

ANo.1

こんにちは。

派遣社員は、派遣会社から派遣され来る人材ですから、派遣先会社と派遣会社の間で待遇面の話し合いをして双方が折り合ってます。

しかし、アルバイトは当人と会社で待遇面の条件が折り合ったから、アルバイトとして採用されてます。

当然、待遇面の条件が悪くても納得して働いてくれるアルバイトを採用した方が会社は人件費の負担が軽いですが、直接雇用のアルバイトが問題を起こした場合は「雇用した会社側の責任」も逃れることが出来ません。

ですが、派遣会社から派遣されてる派遣社員が問題を起こした場合は「派遣会社に責任を問うことが出来る」ので、時給単価が高くなるのは当たり前です。

なお、派遣会社は派遣先の会社から支払われる派遣代の30%程度のマージン(利益)を引いて派遣社員に給料を払うので、派遣社員の時給が1100円だとしたら、会社は派遣会社に時給単価1500円程度を人材派遣料として払ってますが、派遣社員が起こした問題などは派遣会社に負わせることが出来るので「時給単価が高い=保険料」と思えば安いものです。

ちなみに、私は定年退職するまでは、上場企業の管理職として派遣会社から派遣された派遣社員を何人も預かる立場でしたが、派遣社員が80万円相当の製品を壊してしまった際には、派遣会社に損害賠償を求めて全額弁償させましたし、仕事のミスが目立つ派遣社員には派遣会社にクレームを入れて別な派遣社員を派遣して欲しいと要求して派遣社員を交代させたこともあります。

これが、会社側で雇用したパートやアルバイトに対しては、このような強行手段(損害賠償請求や事実上の解雇処分)を取ることが難しいので、管理職の立場からは、本人に責任を負わせることが困難なパートやアルバイトは使い難いものなのです。

投稿日時 - 2014-01-24 03:50:17

お礼

回答いただき感謝いたします。
分かりやすく詳しく説明いただき大変助かりました。
これからもよろしくお願いたします。

投稿日時 - 2014-01-24 23:59:43

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-