こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本は未だに人間を殺している野蛮な国なのですか。

最近のデータ2012年度のものによると、国連加盟国193カ国のうち20カ国ほどしか死刑を執行しなかったそうです。死刑を執行した国は、中国・北朝鮮・イラン・イラク・サウジ・アフガンといった危ない国ばかりで、その中に日本と米国が仲間に入ります。世界からは、日本の司法は中世並みと思われているそうです。

しかし、日本は技術立国で科学技術が世界一とも言われる先進国です。それなのになぜ、いつまでも原始的な人殺しが日本では行われるのでしょうか。集団になると狂喜に走る民族なのでしょうか。村八分とか、集団ストーカーと言うのもあるのですかね。殺せー、殺せー、とヒートアップしてしまうのですかね。

投稿日時 - 2014-01-20 15:22:53

QNo.8438452

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

そりゃ、国民が死刑制度の維持を望んでいるからですよ。

平成21年12月の基本的法制度に関する世論調査では

「どんな場合でも死刑は廃止すべきである」,「場合によっては
死刑もやむを得ない」という意見があるが,どちらの意見に賛成
か聞いたところ,「どんな場合でも死刑は廃止すべきである」と
答えた者の割合が5.7%,「場合によっては死刑もやむを得ない」
と答えた者の割合が85.6%となっている。
前回の調査結果と比較してみると,「場合によっては死刑もや
むを得ない」(81.4%→85.6%)と答えた者の割合が上昇している。

という結果なのですから。
他国がどんな制度であろうと自国の政策には関係はありません。
必要か必要でないかはその国の国政で決めれば良い事。

>集団になると狂喜に走る民族なのでしょうか?

民族は関係ありませんよ。 どちらの国の方ですか?
随分うがった見方をなさいますね。
集団でなく一人で充分に狂ってるお隣の万年属国の方ですか。

投稿日時 - 2014-01-20 16:25:20

お礼

死刑を望む国民ということは、野蛮な国民と言っているのと同じですが、なぜ結論が穿っているになるのか分かりません。日本国民は、殺したい、という狂気が心の何処かに大きく巣くっている国民なのですね。

投稿日時 - 2014-01-24 11:01:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(13)

ANo.13

まあ、確かにその通り。「やばんー、やばんー、」とヒートアップしてしまう国民だと言うことは認めざるを得ませんね。全く、質問者さんの言うように、「中世」ですな。

投稿日時 - 2014-01-21 12:12:41

ANo.12

何を隠そう、いちばん原始的だから人殺しが行われるのではありませんか?
人間は技術的には発展しても人間の本質は変わっていないことを証明する良い材料になります。

先進国面しても人間は人間。けっして途上国と比べて優れものではないのです。
ですから中世並みの法律でも機能していて何も不思議はないのです。

投稿日時 - 2014-01-21 10:33:40

ANo.11

殺人が野蛮の指数と言うのであれば、間接的な死刑や凶悪事件に対する殺害処分者数などでは無く、「10万人あたりの殺人被害者数」など、直接的な数値でお考えになれば?

日本は先進国の中では、指折りに低い数値であって、死刑存置国を「野蛮」などと言う国々の方が高いです。

実際には自国より遥かに治安の良い他の国家を、キリスト教的な宗教観などで、「野蛮」などと断じる方が、はるかに独善的で短絡的な・・即ち野蛮な行為と感じますが。

私は「刑罰はバランス」と考えており、実際の治安の良し悪しが全てに優先すると思います。
将来、死刑に依存せず、現状の治安が維持出来るのであれば、それに勝るものは無いでしょうけど、現在の日本の緩い刑罰の中で、死刑を廃止してバランスを崩すことには反対です。

日本の様な教育水準の高い法治国家の国民は、恐らくは刑罰の目的である「治安」などに主眼を置いており、「殺せー、殺せー、とヒートアップしてしまう?」などと考えるのも、安直で偏った考え方だと思います。

投稿日時 - 2014-01-20 18:40:32

ANo.10

補足的回答をします。

日本では死刑囚相当の受刑者を養っていかれないという現状もあります。
海外では受刑者は自身の働きで自身を養っています。
それは本人の衣食住のみならず受刑者一人分の刑務所にかかる経費と受刑者自身の利益も出しています。
日本では刑期中に行われる仕事はあくまでも教育であり利益は僅かでその内殆どが出所後の費用となり、刑期中にかかる費用は基本的に税金で賄われます。
また終身刑等も実際に終生受刑する訳では無く数年で出所してしまいます。
つまり日本では死刑に代わる刑を施行出来ないという現実もあります。
欧米ですと数百年という刑期が施行出来、減刑されても生きている間は出所出来なかったりするのですが…。

投稿日時 - 2014-01-20 18:00:09

ANo.9

 例えば米国 イギリス、フランスでは警察による犯人の射殺があるわけで
結局は変わらんです。
 特に米国は年間100名近く射殺してるわけでw

投稿日時 - 2014-01-20 17:44:40

ANo.8

 死刑廃止に関する議論はオウム真理教の死刑執行が終わった後にしてください。オウムが死刑になるまでは、どういう種類の議論もオウムを助ける為の詭弁と受け取られます。

 死刑を廃止するのは確かに理想ではありますが、死刑を免れた者が再犯を繰り返している現実を見る限り、理想論を唱えて現実を黙視するわけにも行きません。

 サリンを撒いて大量殺人を犯した者達を死刑にしないのであれば、核兵器で大都市を吹き飛ばして数十万人を殺すテロリストが現れても死刑は許されないと判断出来なければなりませんが、そこまで悟り切った国民が何人いるでしょうか。オウムが被害者を嬲り殺しにした事実を聞いただけで死刑を訴える人が大多数なのを忘れてはいけません。

 性犯罪者の犯行を聞いたら、もっと激高する人が多いはずです。何の罪も無い幼い女の子を異常性欲の餌食にして、バラバラに切り刻んで殺した殺人犯もいます。そういう現実に眼を逸らして死刑廃止を訴えても、同調する人は少ないのではないでしょうか。

 マスコミが死刑犯の罪状を具体的な形で報道しないので、死刑は野蛮という短絡した発想だけが一人歩きしていますが、実際に事件の全容を詳しく知った後でも死刑を否定する人は少数派だろうと思います。

 死刑廃止を訴えるのであれば、自分の家族が性犯罪者によって嬲り殺しにされ、バラバラ死体で発見された後で、逮捕された犯人が狂人の真似をして死刑を免れようとしている光景を想像してみなさい。死刑を免除された後で、犯人が恩赦で釈放され、再び同じ犯罪を繰り返して逮捕された光景を想像してみなさい。それでも、死刑廃止の信念を曲げないのであれば何も言いませんが、少なくとも、大多数の人は家族が殺されただけで死刑容認に変貌する人ばかりなのが実情です。

 オウムも同じですが、犯罪を繰り返しても反省しない人間が少なからずいるのを忘れてはいけません。死刑が怖いと言っても、死刑を免れれば、再び同じ犯行を繰り返す人間は珍しくないのです。

 死刑を廃止している国が理想国家では無いはずです。死刑が無くても、凶悪犯罪は繰り返されていますし、死刑が政治と深く関わっている問題に触れずに議論するのは卑怯だと思います。死刑=政治であるのを認めた上で議論されるべき問題です。

 日本は死刑執行数は少ない方ですし、残虐刑は過去に廃止されています。死刑制度に関しての議論はありますが、死刑が無くなったら凶悪犯罪が無くなるわけではありません。何も変わらないのを前提に議論されるべき問題です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E5%88%91#.E6.AD.BB.E5.88.91.E5.9F.B7.E8.A1.8C.E6.95.B0.E9.A0.86.E4.BD.8D

投稿日時 - 2014-01-20 17:23:59

ANo.6

あなたの思ってるのは 「日本=死刑=野蛮=日本人」

これは まるで「食べ物=食パン=ジャムパン」みたいな物で
 何でも ひとくくり

個体を見る事は出来ないのですか? 日本人にも死刑反対の人も居る・・

あなたは あなたの国の事だけ考え あなたの国の悪い部分を直すべきです

他国が 何をしようが あなたはあなたの国を良くして下さい

投稿日時 - 2014-01-20 16:17:12

ANo.5

どこの国でも、国民の多くは死刑賛成なのです。

それを覆して、死刑を廃止するにはそれなりの
条件があります。

第一は、政治家のリーダーシップです。
日本の政治家は調整型の政治家が多く、国民を
引っ張って行く、黙って俺についてこい、という
タイプの政治家が少ないのです。

第二は冤罪です。
英国などは冤罪で死刑、をきっかけに死刑廃止に
切り替えることができました。

日本にも冤罪はありますが、それで死刑になった
というのはまだありません。
冤罪で死刑、という事件が発生すれば流れが
変わるかもしれません。


”いつまでも原始的な人殺しが日本では行われるのでしょうか”
    ↑
日本が民主主義国家であり、民意を反映した
政治をしているからです。
死刑廃止国は民意を反映していない可能性が
あります。
それに、原始人よりも現代人の方が野蛮ですよ。


”世界からは、日本の司法は中世並みと思われているそうです”
    ↑
ソースをお願いします。
世界って、いったいどこの国でしょうか?
第二次大戦後も、相変わらず戦争をやって
罪も無い人をころしている
英仏には言われたくないですな。

なお、
死刑を廃止した国は、殺人が激増しております。
死刑を廃止して、それで無垢の市民が殺されたら
どう責任をとるつもりですか。

10万あたりの殺人の件数ですが。
・英国では 0,73件 → 1、11件
・フランス 2,68 →  4,72
・カナダについては、アムネステイインターナショナルは、
 3,09 → 2,4 と減少したと発表しました。
 しかし、これは 警官殺人と一般殺人を比較したもので
 しかも、わざと時期を変えています。
 時期を同じにして一般殺人と一般殺人をを比較すれば 
 1,25 → 3,03
 とやはり激増しております。
 尚、あの池上彰氏も、この数字に瞞されており、
 死刑を廃止すると殺人が減るとしています。

投稿日時 - 2014-01-20 16:16:05

ANo.4

◎死刑判決が本当に使用できるか?という問題もあります。
 証拠ねつ造やズサンな操作・・・。一度方針を決めたら何が出てこようか、犯人を変更しない。
 犯人が身内だと守ろうとするなど・・

◎教育の問題もあると思います。
 死刑が有るのが良いか悪いか別として、政治も含めてそれを考える機会が学校教育に殆どありません。
 色々な問題を学校で議論する時間が有っても良いのではと思います。
 それが無いから多くの人が死刑について考えないのでは無いでしょうか。

◎民族
 日本人は普段は小さくまとまってるのですが、暴走しやすい民族だと思います。
 その理由には「根性」を大切にしすぎるのが有るのでは。
 満州を侵略した頃の日本は制御がきかずに根性的な精神論が先走って暴走してたように思います。
 統率力に欠ける民族と思います(リーダーが居ない)。
 それは、現在の会社でも共通し顕著にあらわれたがニッサン自動車の再生劇かと思います。
 日本人は素晴らしいリーダーが居れば他国よりも良くまとまるが、多くの個人にはリーダー的な面が存在しないかと。

投稿日時 - 2014-01-20 16:13:04

ANo.3

他の国は死刑制度以外で人を殺しまくっています。死刑のあるなしで国の民度は決められません。「集団になると狂喜に走る民族」はいくらもあります。日本よりはるかにひどいです。ほとんどそうだと言っても過言ではありません。「村八分とか、集団ストーカー」や「殺せー、殺せー、とヒートアップしてしまう」国も沢山あります。日本の司法と殺人の程度は極めて健全です。死刑がないと進んだ国というのは妄想です。

投稿日時 - 2014-01-20 16:06:18

ANo.2

>集団になると狂喜に走る民族なのでしょうか

あながち間違いじゃないと思います。
日本と米国以外はちょっと特殊だとは思いますが、この両国については、国家規模の一大宗教や信仰が存在しないことが理由にあると思います。

日本と米国以外は、基本的に一大宗教国家ですが、宗教そのものが死刑を肯定している、または行政そのものが宗教の価値観も決定しているため、死刑が残っているのだと思います。
そのほかの国で死刑がなくなっていったのは、行政と宗教が分離されており、なおかつ国家をまとめるような一大宗教が存在しているからだと思います。
その宗教が「死刑はよくない」と言えば、どんな個人的感情があっても、宗教による決定が優先され、結果的に死刑が廃止されたのだと思います。

しかし、日本や米国はそのような一大宗教を持ちません。
なので、人の考えを「死刑は悪いこと」という考えにまとめていく手段を持たないわけです。
そうなると、個々の感情が優先されるようになります。
被害者の感情を優先すると、人を殺したような人を生かしておけないという流れになるので、死刑はなくならないのだと思います。

つまり、感情を理念で抑制するような宗教が存在しないから、感情を優先した結論に達する、つまり集団になると狂喜(感情)に走る民族と言えると思います。

まあ、わたしは死刑を肯定も否定もするつもりはないですけどね。
日本で死刑がなくならないのは、別に民族的に野蛮だからとかという理由ではなく、単純に倫理的な概念を共有するための宗教がないからだと思います。

ご参考まで。

投稿日時 - 2014-01-20 15:52:51

ANo.1

・単純に法律を変更する政治家がいない。
・敵討ちが復活する。
・民衆はそんな事はどうでもいい。

投稿日時 - 2014-01-20 15:46:47

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-