こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

人間は減るべき。

日本は、人口が減少し続けているそうだけど
世界でみれば増え続けている。

もう、登録者だけでも70億人はいるらしい。

こうなれば、人間の未来というもは悲惨なものだということが推測される。
というのも、お金の価値がなくなっていく未来のこと。

例えば、食料、水の取り合い。

土地の争い

まるで戦争のようだ。

家に住めるものは逆に、裕福なもので、ホームレスが当たり前な世界になるだろう。

そして、時が経てば餓死するものが増える。

そこまでくれば、あとは減るだけなので気にしなくてもいいが

その時に
この星が持たなくなるんじゃないか。

すべてが汚染され、二酸化炭素もどんどん増え…。
自分の知識はあまりにも浅はかな為、最悪なことしか出てこないが

つまりは人間は減るべき。
この星のために。

だからと言って、戦争や第地震はよくない。

自然にも影響があるから。

どうにか人間だけが、死体もチリ並になる死に方をしてくれないものか。

私は、この世界が汚染されていくのが悲しい。

とはいいつつも、私も人間の一人。

地球を汚染しながら生きている。

皆様の考えはどうですか?

投稿日時 - 2014-01-13 11:08:32

QNo.8427635

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(18)

ANo.18

長い目で見れば、人類は現在の地球資源を食いつぶして滅びるか、自然災害で絶滅することは明らかでは無いでしょうか?
これは地球の過去を見れば間違いないことだと思います。
地球に巨大な星が衝突して地球そのものが破壊されない限り、地球そのものは太陽の恩恵(熱・光・引力・・等)を受けられる限り残ると思われます。
地球上の動植物が一旦滅んでもそれらが再び地球資源(石炭/石油・・)として再生産され新たな生命体に利用されるのでは無いでしょうか?
その新しい生命体が知的生物であった場合、地球の遺跡を掘り返して過去に人類という知的生物がいたことを発見するのでは無いでしょうか?
現在の人間が、地球の環境の悪化により住めなくなって他の惑星に移住したとすれば、地球の再生によって地球に戻ってくることもあり得るものと思います。
これは決して空想だとかたづけられない事だと思います。
この現象を現在生きている我々が見ることが出来ないことがはなはだ残念だと思います。
現在の、人口増大/減少等は微々たる問題では無いでしょうか?!

投稿日時 - 2014-01-26 09:38:23

ANo.17

おっしゃりたいことわかります。
毎日のように「もっと経済成長を」とか「少子化対策」という言葉を聞きますが、違和感を感じます。
経済成長するには、資源を使って製品を作って、お金が回ってという流れがあるものですし、
資源が無尽蔵にはないのだから、どんどん経済成長すれば良いというものではないと思います。
それよりも資源が有限であり子孫からの借り物だという意識でもっと慎ましく生きるべきと思います。
少子化ならば使う資源も少なくて済むしいいんじゃないの?と思うわけですが
実際は社会保障の問題などあり少子化対策はせざるを得なくなっていますよね…。
私は基本的には、人が減れば資源の消費がゆっくりになって、良いと考えてます。
人口の増減で社会が成り立たなくなってしまう仕組みのほうが、問題と感じています。

ご質問のタイトルだけを見ると、だったら自殺するか?というの極論も一度はよぎったりしますが、
それは現実的ではないですよね。この世に生を受けたくさんの生物の命を食べながら生きてきたのですから、
おっしゃるような社会問題の解決に少しでも協力するような生き方をする、ほかないと思います。

一度、ガンジーの思想に関する本をお読みになると良いですよ。
持続可能な社会の仕組みについて、また資本主義の限界などについて触れています。
貴方が思われている疑問に対して、ヒントがあるかと思います。

投稿日時 - 2014-01-26 01:08:00

ANo.16

そもそも人口爆発してるのはアジアとアフリカだけ。
あとくにアジアが世界人口の約55%をしめてる。

日本を含め1億以上いる12か国中の半分以上がアジア圏だし

バングラデシュ、日本、フィリピン、インド、中国、インドネシア、パキスタン、ベトナムと

1億以上いる国のちょうど2/3がアジア

アジアは多産少死
アフリカは多産多死だから
意外とアフリカは人口爆発は起こしてないんだよね。

ヨーロッパやオセアニアみたいに

800万程度~6000万程度の人口の国が理想だと思う。

投稿日時 - 2014-01-15 03:49:15

ANo.15

と言いますが、これから多分減っていきますよ。

文化が進むと出生率が減少するのはどこの先進国を見ても明らかで、現在人口が最も多い中国とインドは、経済成長著しい国です。
もしこの二国が先進国として社会が安定し出すと、人口は減っていくでしょうね。

投稿日時 - 2014-01-14 19:00:20

ANo.14

生きられる数は決まってますから、増えすぎれば自然に淘汰されます。
日本人が減ってる理由は少子化ってのもあるけど、日本人の生殖能力自体が落ちてるそうです。
これは進んだ文明の弊害だと思われます。
多分このように自然はバランスをとってるのだと思いますよ。

生きられなければ死ぬしかないのです。
環境に対して個体数が多くなれば生きられない…なので数を減らす…こうやって適当な数を維持します。
これも自然のシステムです。
多分戦争も無意識のうちにそういう目的を持つのでしょう。
おなじ生息地域の個体数が多いから淘汰しようと言う本能が働くのだと思います。

ただ、現在の人類は力を持ちすぎました。
全人類を数回は滅亡させられる…これもある意味で自然が与えた最後の手段なのかも知れません。
数を調整するのではなく、自らの力を持って自らの種に終止符を打つ。
人類がそんな愚行に出なければ良いのですがねぇ。

自然はそんなに弱いもんじゃないです。
例え人類が最後の切り札を使って地上を汚染して消え去ったとしても、数千年、数万年という時間をかけて地球は元に戻ろうとします。
もうすでにそれを犯す物は地上にはいないですから、ある意味で生態系のリセットとも言えるでしょう。
地球の余命は生物が居住可能な状態だけでも20億年程度はあると言われます。
まだまだ何度でもリセットは出来るでしょう。

地球は人の為にある訳では無いです。
地球に取ってはどうでもいいコトです。

投稿日時 - 2014-01-14 17:10:51

ANo.13

それって思春期に思う、多くの人の通り道ですよw

傲慢と言われるかも知れないが、人間が居なきゃ地球の存在意義もありません。

地球も自然も人間のためにあるのであって、環境も守るのも人間のため。

信者ではないけど聖書にあるように、人間は地球環境を管理する権限を神に与えられていると思います。

過渡的に飢餓戦争環境汚染などあっても、技術革新、社会変革、宇宙開発など、人類の叡智で克服してゆくべきだと思います。

実際農業や産業・経済が発達したことで、世界は膨大な人口を養えるようになり、植民地を奪い合うような戦争は無くなり(形を変えた奪い合い・搾取はまだまだあります)私が子供の頃は汚かった川もキレイになりました。世界は明らかに良くなっています。

投稿日時 - 2014-01-14 11:19:29

自業自得ではないでしょうか?

ゴミの分別も地球にはよろしくないんですよ

投稿日時 - 2014-01-13 19:07:26

お礼

ご回答ありがとうございます。
>自業自得ではないでしょうか?

全くその通りです。
今まで楽するために、利益を得るために、自然を崩壊してきた罰ですよね。

>ゴミの分別も地球にはよろしくないんですよ
そうなんですか…!?
私はてっきり、地球にやさしいと思って
細すぎるくらい分別してきてしまいました…。

少し、調べてみようかな…苦笑

投稿日時 - 2014-01-14 07:17:09

ANo.11

4/5くらいは殺せばいい

投稿日時 - 2014-01-13 18:12:33

お礼

ご回答ありがとうございます。

そうですね、人間の問題なので
殺してしまうというのも、1つの手段だとおもいます。


やるとしたら、20世紀少年のように細菌をばらまく方法が一番かなーと思います。

しかし、それだと、死体がその辺にごろついて臭いし、汚いので、なんとかならないものでしょうかね・・・。

実際、現実に起こってもおかしくない世の中に、ゾッとします。

投稿日時 - 2014-01-14 07:21:02

ANo.10

日本も経済的な理由で少子化を問題にしてるけど昔に比べれば・・
まぁ余りにも増えてしまったらどこぞの国のように制限するようになるんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2014-01-13 18:04:38

お礼

ご回答ありがとうございます。
そうですか…?

今はむしろ、人を増やすという目的より、
若い人を増やして、老人をちゃんと支えられるように

経済的?面から見て、国も減られては困るんじゃないかなーと思います。

しかし、増えれば増えるで、そういう制限が、される時も
遠くはありませんよね・・・

投稿日時 - 2014-01-14 07:23:56

ANo.9

人口は増え続けるのであれば、将来的にはガンダムの世界のように宇宙に地球環境と同じものが作られるようになる可能性もあると思っております。

※機動戦士ガンダムを知らなければ無視をしてください。

投稿日時 - 2014-01-13 17:15:47

お礼

すみません、ガンダムはちょっとわからないです・・・。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-01-13 17:19:43

悪人はハルマゲドンで滅ぼされるそうです。善人は生き残れるそうです。

投稿日時 - 2014-01-13 16:58:39

お礼

ご回答ありがとうございます。
そうだといいですよね。

投稿日時 - 2014-01-13 17:28:02

ANo.7

人間は進化のしすぎですかね。

投稿日時 - 2014-01-13 14:01:24

お礼

細かく言うと、人間の「科学」
ですね・・・。


この時代が進歩すれば、いづれ
ロボットが支配する時代も・・・。

投稿日時 - 2014-01-13 17:21:42

ANo.6

2の人が言ってる
イナゴや鼠の大量発生は人間が原因なんですよね 笑


人間は地球のガンです
人類が文明を持って以来数百万種の動物が人間の手で絶滅させられています
大気汚染も地球温暖化もすべて人間が関わって起きようとしています
人間は滅びるべきでしょう

もし動物の声が聞けるなら
自然界の動物の多くは人間の滅亡を望んでいるかもしれません

投稿日時 - 2014-01-13 13:16:25

お礼

ご回答ありがとうございます。

たしかに、人間は地球のガンのようですね。

いま、この地球を汚染し、使い果たしたら
他の星に移ろうとまで、考えていますからね。

まさに転移です。

投稿日時 - 2014-01-13 14:00:01

ANo.5

宇宙に活路を求めるしか、人類が繁栄していく道は無い。

人類が地球に留まると、滅亡するって、記事を読んだことあります。

地球という資源には限り有るのに、地球に依存してる増え続ける人類だけでなく、他の生物とも、資源を分け合ったり、奪い合ってしか、生きる術が無いですね。

人類が地球に依存してるうちは、本当に滅亡コース確定しそうですが、がんばって宇宙に活路を開くことが出来るでしょうか?

すごく、興味深いです。

投稿日時 - 2014-01-13 13:14:01

補足

お礼には書き忘れてしまいました涙

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-01-13 14:10:15

お礼

そうですね、宇宙に活路を開くには
太陽という存在が、キーワードになってくるんじゃないのでしょうか。
人間は、地球の気温に適した体温で作られているため

他の星で通用するのでしょうか。

ところで、いま、火星へ移住する計画が進んでいるそうですが

どうなんでしょうね、実際。
火星の気温は一体どのくらいなのでしょうか。
あとで調べて見ますけど。

一番、住める可能性が高い星と言っても
地球とはあまりにも環境が違いますよね。

また、火星も地球も、大きさに関してはあまり変わらない気がします。
同じ人口の数で、もし、火星に行っても

あまり長く続きそうにないですよね。
また、移住を繰り返しそうです。

しかし、わたしがこの計画を語るには
まだまだあまりにも無知です…。

不快な思いをされていましたら、お詫びします…

投稿日時 - 2014-01-13 14:09:45

ANo.4

人間は減るべきというよりも、自ら滅びる方向に向おうとしているように思います
ヒトは食物連鎖の頂点にあるかのような説もありますが、すでに現在のヒトは狩によって食糧を得ることは不可能な状態であることから、ヒト以外の動植物に依存して生活しています
しかしながらその事を忘れ、他のものを生産することを優先し、自然界のバランスを崩しているのを忘れているように思います
命の誕生と滅亡は自然界では当たり前の事ですから、長期で見ればヒトも必ず滅びます
少しの繁栄を人類の勝利と勘違いする意見が多いほど、滅亡へのカウントダウンが進んでいるのかもしれませんね

投稿日時 - 2014-01-13 12:18:42

お礼

ご回答ありがとうございます。

>他のものを生産することを優先し、自然界のバランスを崩しているのを忘れているように思います

たしかに、そうですよね。
人が今、一番出産しようとしているのは

なにより、自分への直接の利益ですよね。

投稿日時 - 2014-01-13 14:16:13

ANo.3

科学の発達が加速的に地球の資源を消費しているので人間にとって住めない地球の時期はそう遠くは無いと思います。
人間が地球の資源を食い尽くすまで住んでいられるか、地球の環境が人類ほか諸々の生物を淘汰する天変地異が発生するかは誰もわかりません。
過去の1000年と今後の1000年では科学の発達は比べものにならず、果たして西暦3000年まで人間が地球上に住んでいられるか疑問の様に思います。
過去の地球の生物淘汰の歴史が示している通りです。
しかし、人間にはこれまでの地球上の生物とは異なって知恵があります。
従って、地球の資源を食い尽くして地球には住めなくなり他の星を求めて旅立つことになるのではないでしょうか?

投稿日時 - 2014-01-13 12:18:01

お礼

>他の星を求めて旅立つことになるのではないでしょうか?

実際に今、火星に飛び立つ計画が進められ、
しかも、その火星に飛び立つ人を募集しているそうです。

参考URA
http://gigazine.net/news/20140103-mars-one-settlement/

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-01-13 17:31:22

人間も自然の一部ですし、人間を特別扱いするのはどうなのでしょう?
例えばこれが、鼠やイナゴの大量発生で砂漠化が進んだとかならいいのでしょうか?

地球さん汚しちゃって辛いとか、動物さんごめんなさいとか、人間しか持たない、意味のないセンチメンタリズムです。

向こうはそんなこと思ってないし、もし人間が捕食対象だったならば、遠慮なく食い殺しにくるでしょう。

人間は人間の為に地球を保全しなければならない。
人間は人間の為に、多重多様な生態系を保全しなければならない。

人間は人間の為に生きるのです。
それが生物として自然な姿です。


思い上がってはいけません。
人類の繁栄、圧倒的優位性は、
科学というか細い糸の上にある砂上の楼閣であるということを。

科学の叡知、人類の協調なくしてどうして我々が、自然災害や猛獣に立ち向かえるでしょう。

我々はもっと知るべきなのです。
か弱い我々が持つ唯一の武器、科学について。

思い上がるな!
人類は…いや!『あなた』は!全ての生物の頂点にでも立ったつもりか!
動物は可哀想だ。
人類が保護しなければ。
それが思い上がりだというのです。


明日にでも天変地異が起こり、人類の叡知が失われたなら、
あなたはどうやって対抗するつもりか!
保護すべきか弱い猛獣たちに。

人類の叡知を作り上げたのはあなたでもなければ私でもない。
そう、それは我々ですらないのです。


我々はもっと学ばなければならない。
我々はもっと知らなければならない。
それが我々の生存競争であり、生き残りへの道なのです。

投稿日時 - 2014-01-13 11:58:56

補足

すみません、お礼に書き忘れました。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-01-13 17:25:24

お礼

>人間も自然の一部ですし、人間を特別扱いするのはどうなのでしょう?
例えばこれが、鼠やイナゴの大量発生で砂漠化が進んだとかならいいのでしょうか?

鼠やイナゴが大量発生したとしても
地球にはほんの少ししか影響は出ないと思います。

しかし、それが人間になれば、自然破壊へつながるので

このように、意見させていただきました。

投稿日時 - 2014-01-13 17:25:00

ANo.1

星に意思はないでしょうけど、星にとって人間が邪魔な存在ならば
大規模な自然災害を起こして滅ぼそうとするでしょうね。

人間の未来については、わたしも似た考えを持っていますが
なるようになるとしか思っていないので、深くは考えないようにしています。

投稿日時 - 2014-01-13 11:17:36

お礼

回答ありがとうございます。

そうですね、星にとって私たちが邪魔であるなら
そういうことになるでしょうね。

しかし、私たちを邪魔だと思うのは
どちらかというと、動物たちの方だとおもいます。

投稿日時 - 2014-01-13 11:25:11

あなたにオススメの質問