こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

韓国の外交方針について

韓国の差し迫った軍事的脅威は北朝鮮のはずですが、ここ一年の韓国を見ていると対北朝鮮には必要のないイージス艦作ったり対日本の軍備を進めているようにしか見えません。完全に対中従属で日本、アメリカとは手を切る方向に決めたのでしょうか?
もしそうなら日本としては北朝鮮の核を韓国が半島統一後に日本に向けてくることを真剣に考えなくてはいけないと思います。

確かに韓国としては中国の属国になってしまえば北朝鮮と戦う理由もなくなるわけだし、中国としては朝鮮半島が丸ごと手に入れば南北どちらが主導で統一しても構わないわけだし、アメリカも米韓FTAで韓国から相当搾り取っているので(韓国がリーマンショックを起こしたことを考えると同情の余地はありませんが)、韓国がこらえきれずに中国へ逃げ込むのもわからなくはないですが。

投稿日時 - 2013-12-29 12:52:22

QNo.8405196

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

まず、中国も北も軍部側と政権側の調整がうまくいっていないことはご周知だと思います

これは、韓国も同じで、韓国が対北を考えたときに日本の協力が不可欠であることを韓国の軍部が政権に訴えているようですね


もしも、北と韓国が戦争になった場合、アメリカ軍が助けに行くわけですが、日本のアメリカ基地から戦争のためにアメリカ軍が朝鮮半島に向かうには、日本政府の承諾が必要とされています

もちろん、日本の領海をアメリカの軍艦が航行するのにも訓練ではない有事の際に日本の制空権をアメリカ軍が使用するにも、日本の承諾が必要なのです

これが日本のもつ韓国への最強カードであり、今のような荒唐無稽な因縁でこれ以上、日韓の関係を悪くしないようにと韓国の軍部が政権に働きかけています

一連の報道でも、韓国の軍部と日本との関係は良好なのですが、日本国民の世論が嫌韓を上回れば、助けに行くアメリカ軍へGOサインをだすことが難しくなるのです


また、書かれている中国が半島を欲しいかと言えば、それほど欲しいわけではありません

手に入れれば、ロシアとの領海問題が出てきますし、資源もでない半島を大昔に手放した中国からしてみれば、ただのお荷物であることは歴史が語っています

なので、韓国が中国へ擦り寄っても(逃げ込む)、嬉しくありません


つまり、北があることで、日本・韓国・中国・ロシア・アメリカのバランスは保たれてきたので、このバランスを壊すようなことへは、中国はメンドクサイと考えていると思います


これらを分かった上で、書かれている韓国の外交方針ですが、もう頭の中がメチャクチャになった子どものような感じだと思います

北と統一すれば、経済的にも大いに疲弊することは間違いありません

また、昔から韓国は北が韓国へ脅迫を始めると、日本への因縁を止め有効をアピールしだし、北が大人しくなると日本への因縁を始めるということを、何回も繰り返してきました


結局のところ、中国へ擦り寄っても限界があるし、統一すれば経済破綻して国が疲弊することが分かっている中では、日本と仲良くすることが一番の得策なのですが、国民の政府への不満を抑えるために日本に因縁をふっかける様は、中国と同じです


つまり、子どものような表現をすれば、ジャブばかり撃つけど、本気で日本を怒らせないようなラインを図りつつ、中国へは良い顔をしなければいけない、貧乏なスネオみたいな感じです

金持ちのスネオに戻るまでは、中国というジャイアンのゴマをすり、デキスギくんの日本へはその時々で顔色をうかがう感じでいければいい・・・程度の外交方針かと思います

投稿日時 - 2013-12-29 13:45:32

お礼

ご回答ありがとうございます。正直言うと、日本政府には韓国が経済的にすり寄って来る時こそ援助でも通貨スワップでも断って弱体化させてから上手に援助を高く売りつけるように動いてほしいと思っています。その意味では今回の靖国参拝のように韓国がすり寄って来る時こそ来られない等にして干上がらせるのは良い戦略だと思っています。
それにもともと陸軍主体で海軍力のなかった時代はおっしゃる通りですが、最近は人民解放軍は海軍力を飛躍的にのばしてきているし、ゆくゆくは北極海でもロシアと対峙しなくてはならないので以前とは状況が違うのではないかと思います。

投稿日時 - 2013-12-29 16:19:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

”完全に対中従属で日本、アメリカとは手を切る方向に決めたのでしょうか?”
     ↑
確かに、最近の韓国は中国寄りの外交をとっています。
在韓米軍が2016年に撤回する、ということを考え
併せると、その可能性も否定できません。

韓国としては、落ち目の日米よりも、昇り龍の中国へ
という方向転換を決定したのかも知れません。

しかし、これは韓国のバランサー外交の可能性もあります。
つまり、米国、中国、日本の間を上手く泳いで、これら三国
間のバランスととりつつ、漁夫の利を得ようとする
外交です。

あそこは、昔から寄らば大樹の陰ですから、バランサー外交
の可能性の方が高いと思われます。

投稿日時 - 2013-12-29 17:12:09

お礼

ご回答ありがとうございます。中国は無茶苦茶なりにも長期的にやりたいことがわかるのですが、韓国は本当に無茶苦茶でわけがわかりません。荒れ球ピッチャーのようです。まあコウモリ外交だというのはわかっているので、中国に見捨てられるタイミングに合わせてこちらも通貨スワップ減らすとかはしごを外すようにしてほしいと思っているのですが。

投稿日時 - 2013-12-29 22:58:23

ANo.5

>アメリカとは手を切る方向に決めたのでしょうか?
韓国にはそんな大胆な決断はできません。まぁ、その点では日本も同じなのですが…。米国内に従軍慰安婦像を建てたり、新聞などのマスメディアに竹島の記事を載せるなど、米国を利用することは考えても、手を切るはずはありません。
米国も韓国内の米軍を撤退させることはないでしょう。

>北朝鮮の核を韓国が半島統一後に…
これがあるから米軍が撤退できないのです。金体制が崩壊した時点で、北の核は米軍の管理下に置かれます。

>中国としては朝鮮半島が丸ごと手に入れば…
中国は有史以来、韓国を属国として扱っていましたが、自国の領土に組み入れることはありませんでした。今では、分断させたまま国力を二分させて、よいように扱うのが中国にとって都合がいいのです。

>南北どちらが主導で統一しても構わない
北はともかく、南は曲がりなりにも民主化を遂げた国ですので、言論の自由というイデオロギーを広げられることは中国にとっては厄介なことになります。中国に選挙制度を導入しようという気運が上がれば、それは共産党が崩壊する時でしょう。

>米韓FTAで韓国から相当搾り取っているので…
搾り取るほどの利益があるかどうかは別として、米国は自国に損な条約はしませんね。

>韓国がこらえきれずに中国へ逃げ込む…
中国が受け入れるとは考えられません。むしろ韓国では反日運動を高めて、日本から財産を奪うことを考えるでしょう。

投稿日時 - 2013-12-29 14:17:21

お礼

ご回答ありがとうございます。いろいろな視点があって面白いです。中国としては香港返還後に一国2制度で運用した実績もあるわけで、やってやれない事ではないと思いますし、中国としても朝鮮半島から米軍を追い出せれば陸軍は主にロシアとインドだけになります。それにもともと陸軍主体で海軍力のなかった時代はおっしゃる通りですが、最近は人民解放軍は海軍力を飛躍的にのばしてきているし、ゆくゆくは北極海でもロシアと対峙しなくてはならないので以前とは状況が違うのではないかと思います。

投稿日時 - 2013-12-29 16:14:38

ANo.4

国家に真の友人は存在しません。故に韓国が対北朝鮮だけに的を絞った軍備拡張
をするわけがありません。
韓国としては、対日、対中を考慮すればどれだけ軍拡しても気がすまない位でしょうね。
それと韓国は中国の属国になるつもりは全く無いと思いますよ。
大国である米国と中国の狭間で翻弄される国家としては日本と同じ存在です。

投稿日時 - 2013-12-29 14:14:37

お礼

ご回答ありがとうございます。それは正論ですね。でも彼らがやってることは属国化への道にしか見えません。

投稿日時 - 2013-12-29 16:07:35

ANo.3

韓国は確かに中国寄りになってきていますが、苦しい韓国の経済界は反対の意見も強いようで、日本とそろそろ仲良くするようにという要望が出ているようです。

投稿日時 - 2013-12-29 14:00:50

お礼

ご回答ありがとうございます。おっしゃるような意味での動きもあるでしょうが、それは経済状態がよくなればなくなるだろうし一時的なものだと思います。もう少し長期的に韓国がどうするつもりなのだろうと思いましたが、日本とケンカする気じゃなければ無駄になるイージス艦を作る意味が分かりません。

投稿日時 - 2013-12-29 16:06:21

ANo.2

パククネに外交方針なんてないよ。
何も考えず感情だけで政治やってます。
はっきり言えば近代まれにみるその器でなかった大統領でしょう。

ああ、はとぽっぽがいたかな… 器でなかった人。

投稿日時 - 2013-12-29 13:51:53

お礼

ご回答ありがとうございます。考えすぎの可能性も一応は念頭に置く必要はありますね。

投稿日時 - 2013-12-29 16:04:34

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-