こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

社会人が主人公の漫画

社会人が主人公の漫画でオススメがあれば教えてください。
魔法やロボット、モンスターなどが登場しない話が良いです。

投稿日時 - 2013-11-07 18:21:51

QNo.8338072

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(13)

ANo.13

12件もの回答があって、
まさか挙げられていないとは……

「山口六平太」

投稿日時 - 2013-11-12 21:50:40

お礼

ありがとうございます。
落ち着いた気持ちで楽しめる漫画ですね。

投稿日時 - 2013-11-16 20:52:59

ANo.12

森下えみこ「女どうしだもの」
コミックエッセイです。デパートで働く女の社会を描いています。

槇村さとる「イマジン」「おいしい関係」「Do!Da!Dancing!」

浦沢直樹「MASTERキートン」社会人と呼べるか、モンスターは出ないが日常ではないですが、大人にお勧め。

石井まゆみ「ロッカーの花子さん」 ドラマ版が好きで読みました

投稿日時 - 2013-11-10 21:42:33

お礼

ありがとうございます。
私も女だらけの職場で見えない壁を感じたことがあります。

投稿日時 - 2013-11-11 19:39:08

ANo.11

「もと子先生の恋人」 田中ユタカ著 白泉社JETSCOMICS

地味だけど暖かい作品を描く漫画家もと子先生と、担当編集者である山崎とのド直球ラブストーリーです。
可愛らしい絵柄で、互いのことが愛おしくて堪らないという感情がガンガン溢れ出しており、読んでいて思わず頬が緩んでしまうような作品です。
また、ただイチャイチャしている訳ではなく、漫画家として編集者として、自分の仕事に真摯向き合う相手を互いに尊敬しあっているさまがきちんと描かれているので、二人の感情に説得力があることもこの作品の良いところです。
一巻完結の作品なので二人の仲に波風が立つ訳でもなく、ストレスを感じずに一気に読み終えて「あぁ面白かった」と素直に感じることのできる良作です。

http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-168740/

投稿日時 - 2013-11-09 11:34:55

お礼

ありがとうございます。
私は星里もちるの漫画が好きなので読んだらハマると思います。

投稿日時 - 2013-11-09 21:24:46

ANo.10

 寺沢大介「修理(なおし)もん研究室」(大学教授)
 原作・高橋遠州、作画・永松潔「テツぼん」(鉄オタ、もとい議員)

 確認のため検索していたら七尾(「なおしもん」主人公)の職業に呆然。 職人じゃなかったんだ・・・。(笑)

投稿日時 - 2013-11-09 09:47:34

お礼

ありがとうございます。
狭い市場を狙った作品は最近の流行りなのでしょうか。あらすじだけでは何の話なのかわかりづらいですね。

投稿日時 - 2013-11-09 21:12:17

ANo.9

女性向けですが。。。
「市長 遠山京香」
「生徒諸君!教師編」および「最終章~旅立ち~」
「ごくせん」
あ、「モンスター」ペアレントが出ていた。。。

女性向けでなければ(青年誌掲載)
「宇宙兄弟」
「獣医ドリトル」
「おたんこナース」
「チャンネルはそのまま!」

投稿日時 - 2013-11-08 12:01:11

お礼

ありがとうございます。
市長を主人公にした漫画があるんですね。どのように話が展開するのか見てみたいです。

投稿日時 - 2013-11-08 20:07:44

ANo.8

宮原るり著書 みそララ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BF%E3%81%9D%E3%83%A9%E3%83%A9

デザイン事務所で働く姿を描いています。ライターとして活躍されていた作者自身の体験などもありで楽しいです。
同時期に連載中の恋愛ラボとのつながりもあります。

 女性3人の穀物トリオです。

現在、休載中です。恋愛ラボのアニメ化に伴い外伝的な話しを連載していたためですが。

投稿日時 - 2013-11-08 11:40:25

お礼

ありがとうございます。
働く女性の話は良いですね。

投稿日時 - 2013-11-08 20:02:52

のりりん とか。

自転車が嫌いな主人公が、徐々に自転車にハマるストーリーです。
恋愛も含んでいるようですが、何となく自転車の教則本みたいな感じ。

投稿日時 - 2013-11-08 09:40:08

お礼

ありがとうございます。
マニアックな作品ですね。自転車好きにはたまらないのでしょうか。

投稿日時 - 2013-11-08 19:43:33

ANo.6

 連載開始時に学生でバイト経由で正社員というのでよければ、ゆうきまさみさん「じゃじゃ馬グルーミン★UP! 」。北海道バイク旅行中に財布を落として行き倒れていたのを助けられた牧場でそのままバイトを始めてしまう話。

http://www.amazon.co.jp/dp/409193501X

 自身を主役にした実録エッセイ漫画では、吾妻ひでおさん「失踪日記」と続編「アル中病棟」。作品がアニメ化されたほどの作家ながら精神を病み、家を飛び出しホームレスとして暮らした日々を綴った「失踪日記」と、過度の飲酒でアル中となり家族に放り込まれた病院での入院生活を綴る「アル中病棟」。第三者視点で描かれたものはそこそこあれど、本人視点で描かれたものは非常に珍しい。

http://www.amazon.co.jp/dp/4872575334
http://www.amazon.co.jp/dp/4781610722

投稿日時 - 2013-11-08 01:46:10

お礼

ありがとうございます。
失踪日記は読もうと思っているのですがなぜかいつも忘れてしまいます。今度は忘れないうちに注文しておこうと思います。

投稿日時 - 2013-11-08 19:39:22

島耕作シリーズ(大手家電)
ぷっぷちゃん(製造業)
ナッちゃん(町工場)
なぜか笑介(商社)
OL進化論(OL)
気まぐれコンセプト(広告業界)
エンゼルバンク(転職代理人)
江戸前鮨職人きららの仕事(寿司職人)
天才柳沢教授の生活(大学教授)
ブラックジャック(医者)
鬼灯の冷徹(補佐官)
サザエさん(主婦)
ゴルゴ13(スナイパー)

投稿日時 - 2013-11-08 00:06:34

お礼

ありがとうございます。
ナッちゃんは面白そうです。

投稿日時 - 2013-11-08 19:31:11

ANo.4

>やはり社会人が主人公だとサラリーマン漫画になってしまいますね。
サラリーマン以外だと、
■料理人・ソムリエ(グルメ)
西村ミツル「大使閣下の料理人」
http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000000101
■医者・看護師(医療)
佐藤秀峰「ブラックジャックによろしく」
http://booklive.jp/feature/index/id/bycp/?rt=03004gletitle&gclid=CL-Twunl0roCFc1XpQodQhQAxA
■作家・画家・陶芸家(文芸)
ジョー指月・あおきてつお「緋が走る」
http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/129573.html
■警官・自衛隊・役所(公務員)
佐藤智一「壁ぎわ税務官」
http://www.shogakukan.co.jp/comics/volumes/_id_23360
■大工・本屋(自営業)
倉科遼・佐藤智一・天野彰「匠三代」
http://www.shogakukan.co.jp/comics/volumes/_id_25836
■専業主夫・主婦(家庭ドラマ)
星里もちる「いきばた主夫ランブル」
http://www.j-comi.jp/book/comic/43021

投稿日時 - 2013-11-07 22:57:00

お礼

ありがとうございます。
仕事に打ち込む人の話ですね。

投稿日時 - 2013-11-08 19:30:19

ANo.3

最近だとサーバントサービスですね。
ある意味ロボットはいますが内容には無関係なので大丈夫でしょう。
公務員ラブコメです。

投稿日時 - 2013-11-07 19:06:43

お礼

ありがとうございます。
四コマなので時間のないときに楽しめそうです。

投稿日時 - 2013-11-07 22:15:04

ANo.2

弘兼憲史「課長島耕作」
http://sokuyomi.jp/product/kachousima_001/CO/1/
http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000000109

周良貨/能田茂「監査役 野崎修平」
http://www.dmm.com/rental/comic/-/detail/=/cid=b_3014088782526/

投稿日時 - 2013-11-07 18:57:43

お礼

ありがとうございます。
やはり社会人が主人公だとサラリーマン漫画になってしまいますね。

投稿日時 - 2013-11-07 22:00:45

ANo.1

やや古い漫画となり恐縮ですが、『オフィス北極星』(週刊モーニング)なんか如何でしょう?

原作:真刈信二氏、作画:中山昌亮氏です。

内容としては、米国で危機コンサルタントとして活躍する主人公が織りなすエピソードが中心です。

時代背景が当時の日本メーカーの米国での躍進と、それに伴う訴訟問題についてとなり、日本人と米国人の思考の違いなどが分かりやすく描かれていて、とても興味深かったです。

TPPで米国との垣根が低くなることが予想される中、私も今一度読み返して見たいと考えています。

Wikipediaで概要が紹介されてます。ご参考下さい。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9%E5%8C%97%E6%A5%B5%E6%98%9F

投稿日時 - 2013-11-07 18:50:30

お礼

ありがとうございます。
米国人の考え方が描かれているというところに関心を持ちました。今度読んでみようと思います。

投稿日時 - 2013-11-07 21:59:30

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-