こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜ漫画家は同じ顔しか描けないんですか?

昔はある程度描き分けされていたようですが、最近はなんだか髪型と服を変えただけで描き分けているつもりの漫画が多いような気がします。
ひどいのになると中年以降の年代なのに、20代キャラとほぼ一緒とか。

そんな状態だから、たまに入浴シーンなどで結ってた髪を下ろしたり服がなくなったりすると、どのキャラだか分からなくなることもあります。

その程度の描き分けしかできないくせに、イメチェンで髪型変えました~とか、もう髪型だけでなく別人に変わったようにしか見えません。

昔と今では慣れもあって絵柄が変わることはありますが、基本的に同じ顔しか描けませんよね。
なぜ漫画家は同じ顔しか描けないんですか?
普通の画家とかはいろんな顔を描けますよね?

漫画の神様と呼ばれる手塚治虫ですらキャラを使い回していましたし。

これだけ情報が溢れている時代なのに、描き分けを練習する方法などを説明しているサイトも無いということなんでしょうか?

投稿日時 - 2013-10-13 14:32:29

QNo.8303893

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

漫画と絵画は根本的に違います。

絵画は様々な画法がありますが、写実画は字の如く、写真のように写し描くものです。
漫画は基本的にデフォルメすることで、単純化と強調化した絵柄にするものです。

漫画作家さんにも個性があるので、それぞれ絵柄に反映されれます。
確かに、質問者さんの仰るように、描き分けの出来ていない作家さんもいるでしょうが、逆に、それほど絵柄や雰囲気を変えないようにしている作家さんも居るでしょう。
これは、一人の作品であり、その作品内の雰囲気やイメージの統一が必要だからです。

複数の作家さんの寄せ書きのような、絵柄や印象を変えたキャラが多数登場した作品では、統一感がないので読者が落ち着けないという事もあるのです。

もちろん絵柄や雰囲気は同じでも、別人である以上は見分けがつくような掻き分けは必要です。
しかし、主要キャラクターならともかく、どうでもいいモブキャラなどにまで緻密な掻き分けの必要は無いでしょう。
まあ、作品の傾向により、登場人物がどんどん増えていくような場合には、確かに似通ったキャラになっていきますので、ゲストキャラなどがどこかで見たような~ということもあるでしょう。

また、手塚先生のようなキャラクターに人気や愛着がある場合や、またそれらのキャラを作品の垣根を越えて登場させるのは一つの手法であり、ファンサービスでもあるでしょう。
手塚先生の短編集などでは、ヒゲオヤジなどの有名キャラクターが全く登場しないものもありますから、登場させる作品にはあえて登場させていたのだと思われます。

投稿日時 - 2013-10-14 13:24:21

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.5

そうでしょうか?
私が読んでいる漫画は大体、目だけアップになってもどのキャラか判別できますよ。

入浴シーンと書かれていることから推測するに、質問者さんの読んでいる漫画はギャル系とか成人向けとかそういう系統でしょうか。
だとすると、確かに男性向けの漫画で女の子が沢山出てくる系はわりと同じ顔っぽい漫画は多いですよね。
それについては、現実の女性アイドルが大体みんな同じ系統の顔をしているのと同じで、世間の好みが均一化しているというか、そういう側面があるからではないかと思います。

でも…髪型が変わったことで別人のようになるのは、現実の女性でもそうですけれどね;

宜しければ、どのタイトルの漫画で「描き分けができていない」のかを補足頂けると良いかと思います。

投稿日時 - 2013-10-14 01:38:08

>漫画の神様と呼ばれる手塚治虫ですらキャラを使い回していましたし。

違います。使い回しではありません。
手塚先生が生前仰っていらっしゃいましたが『キャラクターは役者と同じ』
なのです。だから同じ顔のキャラクターが色々な作品に出ているのです。
役者ですから、当然でしょう。

No.2様の仰る様に、画家と漫画家は違います。

一度定着した絵柄を変えるのは大変に難しい事です。
描き分けもしかり。

それだけ文句がおありならば、貴方はさぞ『キャラの描き分け』がお達者なの
でしょうね。是非とも拝見したいものです。

投稿日時 - 2013-10-13 17:11:26

ANo.3

> 漫画の神様と呼ばれる手塚治虫ですらキャラを使い回していましたし。

それは「使い回し」ではなくて、「スターシステム」というヤツです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%83%BB%E6%BC%AB%E7%94%BB)

それはそれとして、現在、特に若手漫画家が描くキャラが、
全く「描き分け」できていない状況については、私も同意します。

漫画家の「画力の低下」もあるのでしょうけれど、
私は、編集担当の意識にが原因と思います。
明確に「描き分けせよ」と、編集側の意志があるなら、
そんな似たり寄ったりのキャラばかりの作品が多い現状にはならないと思うからです。

若手漫画家に「描き分け」を強いてしまったら、
毎号の仕上がりが遅れて印刷が間に合わない恐れもあるのでしょう。

投稿日時 - 2013-10-13 17:02:18

ANo.2

>普通の画家とかはいろんな顔を描けますよね?
あなたが言われるのは似顔絵描きのことでしょうか?
似顔絵描きは、目の前の人物の特徴をとらえて描いてるだけのことです。
個展を開けるような画家は、習作として同じ人物・風景を何十枚、何百枚とデッサンしてます。
その中で最高の一品が掲示されているだけのことです。

>漫画の神様と呼ばれる手塚治虫ですらキャラを使い回していましたし。
キャラの使い回し自体はある程度は仕方ないと思います。
毎週〆切に追われるのだから、100人も200人もの顔を作るのは大変です。
主要キャラクタは個別にかき分ける必要がありますが、モブキャラ・ゲストキャラまでかき分けるのは難しいです。
もちろんデビュー作とかの時間がかけられる時は別ですけどね。

まあ中には、あなたの言われるような作品があるのも事実ですが
今、漫画を書いている全ての漫画家に対して意見しているようで
そのことだけは残念です。

投稿日時 - 2013-10-13 15:08:46

ANo.1

時間がないので、いくつもの顔をアレンジしている暇がないのでしょう。同じ顔を服装や髪形を変えることで使い回せばアシスタントも含めて短時間で描けますから。

投稿日時 - 2013-10-13 14:43:21

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-