こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

(囲碁)ダメ詰め打ち上げ事件の関連で

「26期棋聖戦第5局●柳時薫○王立誠300手完白番中押し勝ち」におけるダメ詰め打ち上げ事件に関連し、教えてください。

この碁は300手(12の十七で黒6子打ち上げ)で投了となったのですが、遡ると、293手目(12の十四)で黒が半劫をつないだ時点で実質的に勝負は終わり(確か黒の3目半勝ちだったはずだとか)、あとはダメ詰め及び手入れを残すのみとなっていたのでした。

しながらこの事件は、結論的には、立ち会いの石田芳夫九段の裁定により、
『294手以降についても293手以前と何ら変わることなく双方が交互に打つべき状況にあったことに変わりはなく、「アタリ」となった石を相手がつがなければ次に打ち上げることが出来る、という当たり前のルールの元に打っていたのであるから、白が打ち上げたのは何ら問題にはなり得ない』、
という趣旨の結論になったと記憶しています。

では何故"事件"となったかというと、黒番の柳時薫が、293手目を打った直後、白番の王立誠に対し、「終りましたね」と言ったつもりとなり、且つ相手がそれに同意したものと勝手に思い込んだ為、294手目以降の位置づけについて二人の間で齟齬が生じたことが原因と聞いています。

そこで、質問です。
当時、293手目を打った時点で、仮に双方が「終わりです」ということについて合意していた場合、あとは淡々とダメ詰め・手入れを実施してゆく訳ですが、この場合(当時ですよ)、

(1)294手目以降は、もはや双方が交互に打つ必要はなかった。
或いは、
(2)ダメ詰めしてゆく段階で「アタリ」が生じたとき、相手がそれをつがず別の所に打った場合でも、打ち上げることをせず、相手がいずれはつぐものとして放置しておく。

というのが当時の"実態"(慣例)だったのでしょうか、教えてください。

論理的には、実態が(1)或いは(2)のようであったと推定せざるを得ません。つまり、(1)(2)ともに「当時、そうではなかった」ならば、何ら"事件"となる余地はありませんよねぇ。

(追記)
「そこで質問です」の上に記述しました部分についても、誤りがあればご指摘いただければ幸いです。

(蛇足)
本件質問の内容に直接係わってはこないのですが、黒番の柳時薫は285手目(所謂「終わりましたね」以前の段階)の10の十九を一度置き直し(置いた後、1回剥がして同じ箇所にまた置いた)しているんですよね。厳密にはこの段階で失格のはずです。審判員の目にも止まらぬ早さだったのでしょうか。但し、王立誠は当然気付いており、その時点ではクレームを付けなかったが、最後の打ち上げが問題になったとき、「前もあったんだよねぇ。だから」というような意味のことを発言したのを覚えています。当時私は「前も」という意味が分からず、「以前の対局のときも」ということかなと思っていたのですが、実は「本局285手目」のことだったのですね。

投稿日時 - 2013-09-04 17:21:24

QNo.8249459

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

いや、面白い話ですね。知りませんでした。まだ終わっていない時点で、二度打ちしたり、劫立てを忘れて失格負けになったり、当たりに気付かず、打ち上げられてしまった話は聞いたことがありますが。
常識的には、「終わりましたね」と言って投了したのなら、お互い頭を下げるのが普通です。その後で打ち続けていれば、そう言う馬鹿なことはなかったのでしょうね。相手が何も言わす、黙って打ち続けていたらやはり投了ではない。勝負は下駄を履くまで分からないのは勝負事の鉄則です。
蛇足の部分に関してですが、これもプロにはあるまじきことです。王立誠プロは最初の時点でクレームを言い、反則勝ちにすべきでした。それをしないで打ち上げられたのなら、これもプロとしてあるまじき甘さ。こういうことをやっているから日本の棋士は中国韓国に勝てないのでしょう。

投稿日時 - 2013-09-04 18:21:34

補足

質問文の訂正です。

(誤)この碁は300手(12の十七で黒6子打ち上げ)で投了となったのですが、

(正)この碁は300手(10の十七で黒6子打ち上げ)で投了となったのですが、

投稿日時 - 2013-09-04 20:10:54

お礼

早速のご感想、ありがとうございます。

私の舌足らずで、若干誤解されている部分がありますので、補足させて頂きます。

とまれ、これは2002年のことなんです。私はテレビを見ていました。もう11年も経つ(11歳、年をとった)とは信じられません。

ところで、

(1)「終わりましたね」と言って投了したのなら、

ここでいう「終りましたね」というのは投了宣言ではありません。「あとはダメしか残っていませんね。あなたもそういう認識であれば、ダメを最後まで詰めて、地の計算をしましょう」という提案なんです。

(2)それをしないで打ち上げられたのなら、これもプロとしてあるまじき甘さ。

打ち上げたのは白番の王立誠なんです。黒番の柳時薫は、ある意味、"2回負けた"のです。王立誠としては「1回目は見逃してやるが、2回目は許さんぞ」という気持ちだったわけです。

投稿日時 - 2013-09-04 19:56:30

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-