こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本画 膠の溶き方について

膠の量と水の割合についてのこつや、役に立つ情報を教えてください。

投稿日時 - 2004-04-03 21:10:34

QNo.822211

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

三千本も粒膠も鹿膠も、現在ではすべて牛から作られています。(はるかかなた昔は、鹿膠は本当に鹿だったらしいですが)
三千本は一種類ですが、粒膠は何種類かあります。
鹿膠は、商用に牛の膠をそういう名前で売っているもので、いくつかの会社が出していると思います。
それぞれ、処理や精製の過程が微妙に違うので、不純物の割合や種類、それに膠自体の分子量(分子の大きさ)が少しずつ違います。
粒膠も三千本と同じように、どの種類も一晩膨潤させてその後加熱して使います。
濃度は、用途によって異なりますが、工芸品の修復などに使う一番濃いものでも10%、日本画を描く時は普通は数%で、好みに応じて使用する際に調整して使いますね。
冷蔵庫に保存しても数日くらいしか保ちませんので、使う予定が立ったら、前日に水に浸しておいて、毎日作成するのがよいと思います。
粒や三千本は溶液を混ぜても大丈夫だと思いますが、鹿膠は会社によっては保存料を入れていますので、その成分を考えると、混ぜた場合のことはちょっとわからないところです。

投稿日時 - 2004-04-14 13:52:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

追記します。
鹿はつかったことがありません。私の基本は三千本です。
ただし、ふやかすのに時間がかかるので、師匠は作業場で不足に気づいていそいで作り足さないと…というときなど粒をふやかして投入しているのをみかけます。
三千本については、解説サイトにもありますが、私は半分サイズに切って、一晩くらいふやかしてから弱火で煮溶かします。

膠専用のヒーターも鍋もありません。熱源は台所のガスだし、最初のうちは持ち手もない金属の料理用ボールでやってました。いまは100均で売っている小型の片手鍋を使っています。ぶくぶく沸騰させないようにがんばって下さいね。

投稿日時 - 2004-04-06 22:17:06

お礼

色々と丁寧に教えて下さって有難うございました。
とても参考になりました。

投稿日時 - 2004-04-14 22:39:01

ANo.1

私の使う膠は、目的が金銀箔の定着や、染色した和紙の色止めなので、ちょっと違いますが…。
日本画のために使われるのなら、下記↓に写真付きで詳しい使い方が載ってますよ。

保存料を入れていない膠は、暖かいと腐りますから、濃いめに作って密封できる瓶に入れ、冷蔵庫に保存して、使いたい分量だけ別の器にとって、水で薄めて使うとよいです。冷暗所保管していた瓶を傾けて、中身が崩れずぷりぷりしていればまだ使えます。この判断のためにも保管は透明な瓶がよいです。
ただし、口元をきちんと拭かないと、次に使うとき大変ですけれど。

参考URL:http://www.yumegazai.com/owners/yumegazai/beginer/japan_nikawa.htm

投稿日時 - 2004-04-03 21:19:06

補足

膠には、鹿膠・粒膠・三千本などありますが、それぞれの
溶き方を教えてください。混ぜても良いのでしょうか?

投稿日時 - 2004-04-04 22:06:37

お礼

どうも有り難うございました。とても参考になりました。

投稿日時 - 2004-04-04 21:56:32

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-