こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

外国裁判の効力について

強制徴用、新日鉄住金に賠償命令…ソウル高裁2013年7月10日(水)16:02
【ソウル=豊浦潤一】第2次世界大戦中に日本の植民地統治を受けていた朝鮮から日本に強制徴用されたとして韓国人4人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償を求めた訴訟の差し戻し控訴審で、ソウル高裁は10日、同社に損害賠償の支払いを求める判決を言い渡した。韓国で個人の対日請求権を認め、日本企業に賠償を命じる判決が出るのは初めて。
同訴訟をめぐっては、韓国最高裁が昨年5月、個人の請求権は有効との初めての判断を下し、原告の請求を棄却した2審判決を破棄、同高裁に差し戻していた。日本政府は1965年の日韓請求権協定により個人の請求権は消滅したとの立場で、日本の裁判所は韓国人らの請求を退けてきた。
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/asia/20130710-567-OYT1T00803.html

ということで、最高裁の差し戻し判決であり彼の国では確定することになろうと思いますが、これが日本国内にどのように影響するのでしょうか?単なる嫌がらせなのでしょうか?

投稿日時 - 2013-07-10 16:57:32

QNo.8170632

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>これが日本国内にどのように影響するのでしょうか?

影響は「一定期間、敗訴した側が、韓国国内に資産を保有できない」ってだけ。

「賠償を命じる」って言ったって、裁判所は何にもしない。命じるだけ。

勝訴した側が、自分で、賠償金を相手から取り立てしないといけない。

で、勝訴判決の効力が及ぶのは「韓国国内だけ」なんで、韓国人が日本に来てまで取り立ては出来ない。

なので「負けた側が、韓国の国内に持っている資産を差し押さえる」くらいしか出来ない。

もちろん、負けた側が、韓国国内に資産を持ってないなら、何も出来ない。

で、敗訴した側が、韓国国内に資産を置いたら差し押さえされちゃうから「資産を置けない」って状態になるだけ。

そして、取り立てが行われないまま「消滅時効」が来ると、判決は「無かったこと」になっちゃう。

なので「一定期間、敗訴した側が、韓国国内に資産を保有できない」って状況が発生するだけ。

ま、韓国みたいな卑怯な国は「国民が日本に損害賠償請求訴訟して勝訴判決を得たら、請求権に時効は適用しない」って言い出すと思うけどね。

日本企業が困るとしたら「韓国に支社があるなど、ある程度、韓国に資産を置いている企業が裁判で負けちゃった時」だろうと思う。判決をタテに差し押さえされて資産を持っていかれちゃうから(「国家公認の強盗」に遭うようなもん)

投稿日時 - 2013-07-10 17:28:06

お礼

回答ありがとうございました。早い話が単なる嫌がらせと同レベルだと感じます。
今更ながら、国が国民に真実を教えていないことが原因ですね。

投稿日時 - 2013-07-10 21:56:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-