こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

国民年金と厚生年金について教えて下さい。

今日、年金の支払い通知書が家に届きました。
現在、23歳。去年、1年間ほどフリーター、ニートをしていたため年金未納状態です。
未納分の12ヶ月分(国民年金保険料が未納)+2ヶ月分(国民年金保険料が一般と記載)の計14ヶ月分きました。
この未納と一般とは何の違いなのでしょうか? どちらもまだ払っていないと思うのですが。


それと今年の4月から会社員として働いています。
厚生年金などの社会保険に加入しています。社会保険に加入している間は会社が年金を払ってくれると聞いたのですが、このような年金の支払い通知書が来なくなるのでしょうか?

まだ働き始めて間もないので、年金のシステムが分かりません。厚生年金に加入している間の年金支払はどうすれば良いのか教えて下さい。お願いします。

投稿日時 - 2013-07-05 04:34:06

QNo.8162947

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

> 現在、23歳。
> 去年、1年間ほどフリーター、ニートをしていたため年金未納状態です。
「フリーター」となる前は、『学生』だったのでしょうか?
後の祭りですが、「フリーター」となった時点で保険料の免除(納付猶予)申請を行えば、申請が認められていたかも知れません。
あと、付きの情報も書いてあると、適切な回答文を考える上で助かるのですがね。
 ・何年何月に学校を卒業したのか?
 ・請求は何年何月分~何年何月分なのか?

> 未納分の12ヶ月分(国民年金保険料が未納)+2ヶ月分(国民年金保険料が一般と記載)の
> 計14ヶ月分きました。
H25/4月に厚生年金に加入したのであれば、14か月分って・・・「24年2月分~25年3月分」ですか?それとも「24年4月分~25年5月分」?
後者の場合、就職先が厚生年金の加入手続きを適切に行っていない可能性が大きいです。

> それと今年の4月から会社員として働いています。
> 厚生年金などの社会保険に加入しています。社会保険に加入している間は会社が
> 年金を払ってくれると聞いたのですが、このような年金の支払い通知書が
> 来なくなるのでしょうか?
yesであり、noでもあります。
1 厚生年金の被保険者となっている月(各月の月末での資格取得状態)に対する国民年金保険料は、ご質問者様の給料から控除される厚生年金保険料に含まれている[※]ので、ご自身が支払いに行くと言うことは有りません。
  ※ある一定の計算で算出した負担割合で厚生年金保険料に含まれているので、
   給料から控除されている保険料のうちの一定額(例えば約9千円)が
   「国民年金保険料」とはなりませんが、大丈夫です。
2 法律上は、厚生年金の適用事業所(≒会社)で働く者は、「適用除外」に該当しない限り強制的に厚生年金に加入となりますが、一部の会社は法律に書いてある文章をわざと間違った解釈[※]を行い、被保険者資格を取得させません。厚生年金の被保険者資格取得届が提出されていない状態であれば、国民年金の請求はこれからもどんどん発生いたします。
  ご質問者様が平成25年4月30日まで入社したのであれば、今回届いた通知書の内、平成25年4月分以降は発生しないのでその点を良く確認しておいてください。
  ※適用除外に「2ヶ月以内の期間を定めて使用されるもの」と言うのがありますが、
  これを逆手にとって、『ただ今2ヶ月の試用期間中だから加入できません』と併記で
  回答する方が居ります。試用期間が無事終了したら雇用を継続することが決まって
  いる場合には、適用除外に該当いたしません。  
   また、広く誤解されている実務上の取り扱いに『4分の3基準』が御座いますが、
  これは『絶対に加入させなければならないのは、正社員の労働時間と比べておよそ
  4分の3以上』と書いてあるだけであり、それに満たない者は加入させないとはどこ
  にも定めてありません。況や『週30時間未満はダメ』『月120時間未満はダメ』なんて
  完全な間違い。
3 すごい勘違いをしている方が偶に見受けられるので念の為に書きますが・・・今回届いた通知書に対する納付(もしくは誤りに対する訂正の申し出)を行わなければ、何度でも届きます。

投稿日時 - 2013-07-05 09:03:39

補足

請求は平成24年4月~平成25年3月までが未納分
それと25年4~5月分が一般として請求が来ています。

現在、派遣社員として働いています。派遣会社で2ヶ月間の勤務が確認できないと厚生年金に入れてもらえない状態だったので、今年の4~5ヶ月分はその見加入の分だと思われます。今は入れているので問題ないです。


支払い期限が26年4月までなのが1番早い締め切りです。
払うつもりはありますが、まだ貯金が全然ないので今すぐは正直払いたくないです・・・。これからの生活がまだ不安なので・・・。
支払い期限までに払えば問題ないのでしょうか? 期限内だけど遅れて払った人と普通に払っていた人では年金の受取額なども変わってくるのでしょうか?

追加でのご質問になりますが、お願いします。

投稿日時 - 2013-07-05 11:15:07

お礼

有難うございました^^ 助かりました。

投稿日時 - 2013-07-20 11:13:15

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

未納とは滞納保険料を指し、一般とは通常の納期の保険料を指します。
法的には滞納保険料も免除申請する事で部分免除(保険料減額)や全額免除(チャラ)になる可能性があります。手続き先は市役所の年金窓口(理由は住民税資料を審査に使う為)です。
年金事務所は滞納処分に民間のサービサー(取り立て業者)を使うようになりました。
とにかく滞納保険料の免除申請は原則として7月迄(6月分の納期、7月は新旧両方を申請可能)です。急いで手続きしましょう。役所直接は滞納処分が手緩いとして民間に委託しましたから、差し押さえもビシビシやります。当然就労しているなら月給の25%も差し押さえ対象です。

投稿日時 - 2013-07-07 01:20:14

お礼

有難うございました^^ 助かりました。

投稿日時 - 2013-07-20 11:12:35

ANo.6

>請求は平成24年4月~平成25年3月までが未納分
それと25年4~5月分が一般として請求が来ています。支払い期限が26年4月までなのが1番早い締め切りです。
払うつもりはありますが、まだ貯金が全然ないので今すぐは正直払いたくないです・・・。これからの生活がまだ不安なので・・・。
支払い期限までに払えば問題ないのでしょうか? 期限内だけど遅れて払った人と普通に払っていた人では年金の受取額なども変わってくるのでしょうか?


7月中なら24年7月から25年5月分まで免除申請が可能です。免除は本人及び世帯主の(30歳までの若年猶予なら本人のみ)前年所得に応じ審査されます。
払いにくいなら、とりあえず免除申請してみると良いでしょう。免除申請は市区町村役場でできます。
そのうえで、未納分となる24年4月~6月を順番に支払うとよいでしょう。
また、免除となった分は10年以内なら追納は可能です。

遅れて払っても、追納しても老齢の年金額は同じことですが、
未納をそのままにしておいたり、あとからと思ってるうちに障害に関する事故や病気が起きた場合保証されないことがあります。年金は年取ってからの老齢年金だけではありません。
免除の場合は未納とは違い、こういった保証はうけられる期間としてみてもらえます。
ですので払いにくい場合は免除申請が有効です。

投稿日時 - 2013-07-06 05:27:40

お礼

有難うございました^^ 助かりました。

投稿日時 - 2013-07-20 11:12:43

長いですがよろしければご覧ください。
(※不明な点はお知らせください。)

>この未納と一般とは何の違いなのでしょうか?…

「国民年金保険料」の納付期限は「翌月の末日」です。

たとえば、「6月分」の場合は、「納付期限が7月末日」→7月末日を過ぎると「未納」扱いになるということです。

その後、「督促」などが行われ、それでも納付がない場合は、「日本年金機構」の判断で、(預金や給与からの)「強制徴収(差押え)」が行われます。

ただし、多くの場合は「強制徴収」に至らず「時効」を迎えます。(つまり、徴収することも納付することもできなくなるということです。)

※「強制徴収」については、以下の資料の1頁[強制徴収の実施状況(24年4月~5月)]を参照ください。

『[PDF]平成24年5月末現在 国民年金保険料の納付率』
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002glr2-att/240731.pdf

---
なお、「時効」にかかるのは、「納期限」から2年経過した場合です。

『国民年金保険料の後納制度』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=6221
>>概要
>>国民年金保険料は、納期限より2年を経過した場合、時効によって納付することができなくなります…

※ただし、「督促」が行われると、時効が一度「中断(リセット)」されます。また、「差押え」が行われた場合も「時効」の取り扱いは変わります。

>…厚生年金などの社会保険に加入しています。社会保険に加入している間は会社が年金を払ってくれると聞いたのですが、このような年金の支払い通知書が来なくなるのでしょうか?

「厚生年金保険の被保険者になること(加入すること)」と「【入社前の】国民年金保険料」は【無関係】です。

なお、「国民年金の第2号被保険者」は、「国民年金保険料」の納付義務がありませんので、「入社した月(厚生年金保険の被保険者になった月)」以降の「国民年金保険料」については、納付書が来なくなります。

『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
『第2号被保険者』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?id=156
>>…加入する制度からまとめて国民年金に拠出金が支払われますので、厚生年金や共済の保険料以外に保険料を負担する必要はありません。…

もし、行き違いが疑われる場合は、速やかに「勤務先」か「年金事務所(日本年金機構)」に確認してください。

『Q. 厚生年金保険に加入しましたが、自宅に国民年金の保険料の納付書が届きました。どうしてですか。』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/faq/detail.jsp?id=1060
『日本年金機構>全国の相談・手続窓口』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/section/index.jsp

>…厚生年金に加入している間の年金支払はどうすれば良いのか…

上記の通りです。

*******
(備考)

「国民年金保険料」の「免除・猶予」について

7月までに申請を行うと、「【前年】7月分~前月6月分」までの「1サイクル」の期間中の保険料について、(「日本年金機構」の審査結果次第では)「免除・猶予」の対象となります。

『国民年金保険料の免除を受けたいとき』
https://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3649
>>…7月に申請する場合に限って、前年7月から前月の6月分までの期間(【前サイクル分】)について【も】申請することができます…

ただし、「免除・猶予」となった保険料を「後納」しない場合は、「老齢基礎年金」が減額になります。(「猶予」の場合は、一月分につき480分の1の減額になります。)

『老齢基礎年金の受給要件・支給開始時期・計算方法』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3222
『免除された国民年金保険料を追加で支払いたいとき』
https://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3651

*******
(その他参考URL)

『社会保険』
http://kotobank.jp/word/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA?dic=daijisen
---
『第1号被保険者』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?id=152
『国民年金と厚生年金の比較(違い)』
http://www.kokumin-nenkin.com/knowledge/kouseinenkin-hikaku.html
『なぜ障害年金の請求漏れやもらい損ねが起きるのか?』
http://www.fujisawa-office.com/shogai1.html
---
『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何』(2008/10/02)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20081001/1019299/
『健康保険(協会けんぽ)の事務と手続等』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1964
『けんぽれん>よくある質問』
http://www.kenporen.com/faq/index.shtml
(横河電機健康保険組合の場合)『健康保険で受けられる給付』
http://www.yokogawakenpo.or.jp/shiori/shikumi/kyuufu.html
---
『労働保険とはこのような制度です』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/howtoroudouhoken/index.html
『労働基準行政の相談窓口』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/kijyungaiyou06.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

投稿日時 - 2013-07-05 11:23:41

お礼

有難うございました^^ 助かりました。

投稿日時 - 2013-07-20 11:12:52

ANo.3

厚生年金の中に国民年金が入っています。国民年金+上乗せで厚生年金部分、両方セットになっています。
個人だと厚生年金に入れないので、国民年金だけ自前で払います。
4月から厚生年金へ入ったので、それ以前の部分が未払いになっています。未納を続けると利息を取られますから損です。
(最終的には差し押さえ等になりかねません)
できる範囲でさっさと払った方がいいですよ。

投稿日時 - 2013-07-05 07:47:11

補足

請求は平成24年4月~平成25年3月までが未納分
それと25年4~5月分が一般として請求が来ています。

現在、派遣社員として働いています。派遣会社で2ヶ月間の勤務が確認できないと厚生年金に入れてもらえない状態だったので、今年の4~5ヶ月分はその見加入の分だと思われます。今は入れているので問題ないです。


支払い期限が26年4月までなのが1番早い締め切りです。
払うつもりはありますが、まだ貯金が全然ないので今すぐは正直払いたくないです・・・。これからの生活がまだ不安なので・・・。
支払い期限までに払えば問題ないのでしょうか? 期限内だけど遅れて払った人と普通に払っていた人では年金の受取額なども変わってくるのでしょうか?

追加でのご質問になりますが、お願いします。

投稿日時 - 2013-07-05 11:15:42

お礼

有難うございました^^ 助かりました。

投稿日時 - 2013-07-20 11:13:20

ANo.2

多分まだ間に合います
早く所管の役場で未納分をあなたができる分割支払でお願いしましょう
あなたが存命で多分65歳時に年金事務所に支払手続きに行くと未払い分がペナルティーと判定されています
現在の期間分ならそう大きな金額差にはならないでしょうが、書類には20歳代での未払いがあります表示は消えません
そして毎月分給付を受ける金額には満額支払った人との差は生じ(歴然)ます
年金を必要としない人生を送れるなら気にする必要はありません

投稿日時 - 2013-07-05 06:27:18

補足

分割支払いとは支払い期限を伸ばしてくれるということでしょうか?
一応、未納分も分割での支払いは可能な状態です。月々で一枚に分けて請求が来ているので・・・。

投稿日時 - 2013-07-05 11:18:28

お礼

有難うございました^^ 助かりました。

投稿日時 - 2013-07-20 11:13:33

ANo.1

>去年、1年間ほどフリーター、ニートをしていたため年金未納状態です。

1年間ほどフリーター、ニートをしていたため年金保険料が払えなければ、
免除手続きをすべきだったのですよ。

>この未納と一般とは何の違いなのでしょうか? どちらもまだ払っていないと思うのですが。

未納はもう納期限が過ぎたもの。
一般はまだ納期限を過ぎていないもの。

>厚生年金に加入している間の年金支払はどうすれば良いのか教えて下さい。

半額は会社が払ってくれます。残りは会社で給与天引きします。

投稿日時 - 2013-07-05 06:01:00

お礼

有難うございました^^ 助かりました。

投稿日時 - 2013-07-20 11:13:39

あなたにオススメの質問