こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

中国に対する危機感がなぜない?

たくさんの書物、記事、海外の主要都市を見た上で、私は中国が世界を欺き、恫喝し、混沌をもたらすと思っています。

彼らは事実のねつ造をするのが常用手段であり、歴史も、経済指標も、何もかもが虚像です。
今、日本人がようやくずつですが、相手がやくざそのものであることを認識しているようです。

私がとても懸念しているのは、世界中の国々が、この国の周到な策略を理解して、しかるべき警戒をしているのか?ということです。

・模造品
・スパイ活動
・サイバー攻撃
・知的財産を盗む
・マフィアを通して、中国人を各国に送り込む。彼らはパスポートを捨てて、国籍をわからなくし、中国政府は強制送還されても中国人じゃないといって受け取らない
・現地で治外法権を作り、税金を逃れ、景色を汚し、労働ビザももっていないくせに我がもの顔でいる。
・WTOに違反しているといって訴えると、’ワインに毒が入っていた’などといって、フランスのワイン輸入を禁止するようなことを平気でする。
・ダライラマとあっただけで、本土全土で不買運動を起こす。
・刑務所に入っている人間から生きたまま臓器を取って、そのまま注文通りに移植手術する。(ちゃんと証拠も出ている)

これだけのことが起きているのに、なぜ世界中が、まだ本格的な対策に乗り出さないのか理解できません。日本の場合はメディアがすでに脅されているようですが、書店に行けばかなりの中国の真実を伝える本などがあります。しかし海外の人たちは、中国の問題が日本と仲が悪いくらいにしか思っていないようなかんがあり、中国の横暴は、日本だけじゃなくてもう世界中にも向けられているのに危機感がないように見えてしまうのです。

実際に、カナダのバンクーバーは中国人に乗っ取られ、選挙のときも自分たちに都合のよい人、つまり中国系にとりあえず票をいれ、カナダ人がコントロールを奪われている。パリにも何十万にという中国人が中国を作り景色を変え、現地人は大変腹を立てている。イタリアは不法労働の中国人が裁縫系の仕事を低賃金で受け、技術を取り、オーナーであるイタリア人からビジネスを買い取るという始末。アメリカはもう小さな中国が各地に散乱しています。

中国でビジネスをするには必ず合弁会社を作らせ、当たり前のように企業秘密にアクセスする、もうやってられないとビジネスを辞めようとしたら、契約違反だ金払え、工場の設備は置いて行け、などともう無茶苦茶。

私は日本が一番中国から苦しめられていると思っています。しかもそれは全てねつ造された歴史、恐喝行為、支離滅裂な主張(沖縄は中国だなど)。残念ながら日本人の国民性ではこの国から自分たちを守る力がないと思います。彼らは世界中に嘘をばらまき、日本が悪者だと宣伝して、それに対して日本の外務省はなにもしないので、ほんとにそれを信じている人が海外にいるのも事実。

だから日本のという国が、この悪魔からの侵略を止めるには、世界中の人たちに、’いや、大丈夫だよ。中国が嘘をいてるのはみんなわかっているから。’と思ってもらうことが先決だと思うのです。これだけの材料が揃っているのに、まだ海外の主要国などは、中国の主張が正しく、日本が悪いと思ってしまうのでしょうか。(日本が相手の主張を真に受けてすぐ’申し訳ございません’と言うから。)
それともアメリカも、欧州も、’そんなの心配しなくても、あいつらがクズだって俺たちわかってるよ。’ってことなんでしょうか。CNNキャスターも中国をやくざ国家だと読んで、速攻中国人から批判を受け謝罪(国民じゃなく、中国共産党を言ったのだと弁明はした)、シャーロンストーンが四川大地震の時に’天罰だ’といったら批判を受け、モデル業をおろされる。ビヨークもFree Tibetといったら、入国禁止。
こういった事例を見ると、アメリカの人たちも実はわかってくれているのかな?とは思うのですが、なんかチベットだけみてて、問題なのはチベットだけじゃなくて、不法労働であり、人権問題であり、あなたの生活に直接関わる為替操作、模造品、自国に悪い影響を与えるルール違反などなのですが、日本人と同じで、全然危機感がなさそうなことに危機感を覚えます。

北米、欧州の人たちはきちんと危機感もってくれているでしょうか。
ネットで英語で検索しても、情報がない。

主要国の現状を知っている人教えて下さい。

投稿日時 - 2013-06-19 13:44:57

QNo.8140589

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

主要国の危機感などの状況は僕には分かりませんが、日本が中国に対してあまり危機感を持っていないように感じることに対する憶測をします。
まず中国には様々なスパイ活動、そして接待活動なるものが存在します。既にご存知だとは思いますが中国のスパイ活動は主に女性を使ったものが多く、扱う情報はアメリカの軍事機密や各国の最先端技術、さらにはロビー活動斡旋など様々です。ロビー活動を斡旋することで日本の悪口を言い回って立場を貶めようとしているわけです。スパイというのが自衛隊や官僚にも浸透していることは、彼らに中国人妻が多いことを見れば明らかです。そして接待活動ですがこれは本当に恐ろしいですよね。マスコミが中国を報道するときの映像を見れば分かりますがあれは全て、中国当局の検閲を受けた当たり障りのないものなのです。なぜそうなってしまうかと言えば、マスコミ関係者や政治家までもがあらゆるハニートラップに引っ掛かり弱味を握られているからです。確か、産経新聞は真実を伝えようとするので中国から締め出されたのではなかったでしょうか。
かなり蛇足や脱線をしてしまいましたが……
日本の上層部は中国にコントロールされつつあるのではないでしょうか。そしてこれはだんだん世界規模になりつつある。日本人の多くが戦争の加害者であると戦後の左翼教育を施されたことも一役かっています。
南京虐殺(大虐殺ではありません!)は事実無根でありますしそもそも今の若者には全く関係ないことですのでこちらが謝罪する必要はありません。過去を振り返りいつまでも国際社会に頭を下げ続け金を払い続けることから脱却するためには、“今現在の中国の残虐行為”に目をむけそちらに非難の矛先を変えさせることだと思います。
……と主張してみたものの、僕が生きているうちに日本は中国に戦略されて塵と化してしまうのではないかと非常に恐れています。

投稿日時 - 2013-06-24 00:21:53

ANo.10

「20年後、世界で最も貧しい国になる」と米ヒラリー・クリントン国務長官が断言したそうです。
わかっている人はわかっているのです。

でも世界にとって今の中国は、バブルに踊るいい鴨なのです。
スイスだって人権よりも時計の販売を選んだくらいですから。

中国はまだ国家というものにもなっていないのだと思います。
そして永遠にそのような形になる事もないでしょう。
中国いるのは国民ではなく、搾取する者と搾取される者なのでしょう。
彼らの思想は4000年前のままに止まり、金銭などに対する欲望だけが怪物的に膨らんでいるのだと思います。
中国韓国のような隣国を持った事が日本の大いなる不幸です。

チベット虐殺、文化大革命、天安門事件、この3つの出来事からだけでも彼らを決して信用してはいけない事は明白です。
チベットの弾圧に対しては欧州議会は1990年4月25日に非難決議を採択し。オーストラリアでは1990年12月6日に中国によるチベット弾圧非難決議を採択したそうです。
しかし積極的な介入がないのは、チベット問題に介入してもそこに得になるものがないからでしょう。

南京大虐殺が実際にあったのかは、今では信憑性がとても低いと思われています。
たとえ自衛の為に日本軍が虐殺を行っていたとしても、天安門事件で中国が自国民を虐殺した数よりは少ないと思います。
ただ、彼らにとって日本への大事な切り札の一つなのです。

そもそも大量虐殺は中国の歴史にとって全然珍しくないのです。

今、北京では人権や報道の自由、司法の独立について教えてはいけないそうです。
そんな国家があるのでしょうか。笑ってしまいますね。
中国では人権というものがないのです。
金儲けの為に国中を汚染で汚しつづけ、食品偽装だらけではないですか。
でもきっとこれで抵抗性ごきぶりみたいに、さらに強くなるのかも。

そんな中国に対して危機感を持っている国はたくさんあります。
中国との領土問題を抱えている国々との連携を、今の政権は強くしようと頑張っているのです。
アベノミクスは問題点も山盛りですが、対中国に対しては頑張ってくれていると評価しています。

日本軍は悪い事もしたのかもしれませんが、中国台湾韓国のインフラに対しては誇りを持ってよいのです。戦中も戦後もです。
今の彼らの繁栄は日本の努力が礎のひとつになっているのです。

私は戦争だったと言ってベトナムに謝罪もしない韓国にも、
チベット虐殺、文化大革命、天安門事件を起こした中国にも、もう謝りたくはないです。

私も中国は怖いですが、今や共産党の幹部は、妻子妾までもがアメリカに暮らしているそうです。もちろん中国のお金を持ち出して。
いずれ幹部はみんな中国からいなくなるのかもしれませんね。

日本は世界に対して、どうしてこんなにも自国の事を伝えるのがへたなのか
中国韓国の狡猾さにもどかしいです。
日本の中に在日韓国人、在日中国人、反日日本人が多いのも問題なのかもしれません。本当に困りますね。

とりあえず中国と領土問題を起こしている日本、台湾、韓国、モンゴル、インド、ミャンマー、ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイなど多くの国々は中国の危険性を身を以て知っている仲間なのです。

投稿日時 - 2013-06-22 22:58:29

ANo.9

No7です。

歴史に関する本は、誰もが読んでいます。
しかし、質問者さんのように一方方向からしか解説しない偏った本は
何百冊読んでも意味がありませんよ

アメリカを信用しているようですが、アメリカが日本に何をしたか
本を読みましたか?
70年経ったから爺さん婆さんが原爆で死んだ事も
空襲で殺された事も忘れろと言えますか?

イラク戦争では大量破壊兵器があると言って兵士や民間人を何人殺したでしょうか
アフガニスタンで、女性や子供を何人殺したでしょうか?

日本人が中国人の民間人を何十万人も殺した事は事実なのです。
何百年経っても忘れてはいけません。

東条秀樹を擁護しているようですが
サイパンや硫黄島がアメリカ軍に占領された時点で日本の負けは確実でした。
日本への空爆の為の中継基地ができたからです。
その時点で東条秀樹が降伏していれば東京空襲も広島や長崎の原爆投下も無かった。
つまり数百万人の命を失わずに済んだのです
なぜ東条秀樹は降伏しなかったのか?
これは東条秀樹の意地です。(本人だけの戦いなら武士道と言えますが)
東条秀樹の手記に、「まだ日本は本気を出していない」の内容の記述があります。
キチガイです。日本人の命を単なる将棋の駒としか考えていません。
司馬遼太郎は、東条秀樹の事を「集団的政治発狂組合の事務局長のような人」と断じてます。(歴史と視点)

現在、中韓関係が悪いですが、このような状況で領土問題は解決できません
また、北朝鮮の拉致問題や核問題も中国の協力無くしては解決できません

単純ではないのです。

投稿日時 - 2013-06-22 07:07:23

ANo.8

そんなことはありません。
黄禍論という考えが100年前からあります。

投稿日時 - 2013-06-21 00:20:46

ANo.7

中国の肩を持つつもりは無いですが、多くの国が
・模造品・スパイ活動・サイバー攻撃
をやっているでしょう。
アメリカだってCIAが盗聴していた事が解った。
CIAと言えばアメリカ国家がやっている訳で、目くそ鼻くその世界では?

日本も40年以上前は、模造品が多かった。
現在でも偽のルイヴィトンやシャネルのバッグをアメ横で売っています。
作るのは違法だが、売るのは違法ではないのでしょうか?

質問者さんは、中国を一人の人間のような捉え方ですが
日本だってヤクザや右翼など怖い人もいるし
オレオレ詐欺など悪い人間もいます
「中国」を一括りにして「悪」としてしまう事は
日本は、ヤクザの国と言われる様なものではないでしょうか?

アメリカも日本も悪い人間はいるし
中国にも良い人間がいると思います。

>私は日本が一番中国から苦しめられていると思っています。
>しかもそれは全てねつ造された歴史、恐喝行為、支離滅裂な主張

日本も中国に酷い事をしました。中国人を何人殺したでしょう。
責任を取って時の総理が絞首刑にされたんですよ。

投稿日時 - 2013-06-20 17:51:16

お礼

回答ありがとうございます。
私はこの意見が一番恐ろしいです。これこそまさに彼らがいう’お前らだってやったのだから、いいじゃないか’という理論そのものだから。アメリカのCIAがテロを阻止するためにやっていた盗聴と、中国の相手の国から最先端技術を取り、それを自分たちの軍事増強のためにやるのとでは意味が違うと思うのです。彼らは正式に東アジアの覇権を手に入れると宣言もしています。

ある国にいる人たちが全く例外もなしに同じパターンでないことは誰でも理解している当然のことです。日本にやくざがいるのと、中国政府と中国のマフィがが協力して悪巧みしていることは、果たして同じ事なのでしょうか。中国人を何人殺したという意見ですが、私は自分なりに歴史を勉強して、まさにそこが彼らの最大の嘘であると思っています。彼らはそこをねつ造し、日中友好を結んだ年から全国に日本人がどんなに残虐に中国人を殺したかを見せる目的で博物館を設置し始めました。CMや映画映画でもいまだにそんなことをしています。そんな風にして、日本人ははひどい人間だ➡だから日本人のものはとってもいい、殺してもいい、という教育をしている。

時の総理というのは、A級戦犯のことだと思いますが、あれは責任を取って絞首刑になっていません。彼は’私は悪い事をしてその責任があるから首をつります’と言ったのでしょうか。あれは裁判と言えるものではなく、公平な判決ではないことは誰でも知っており、たんなる見せしめ/報復措置にしか見えないです。

余裕があったら真実の中国史という本を読んでみて下さい。

投稿日時 - 2013-06-21 20:18:48

>北米、欧州の人たちはきちんと危機感もってくれているでしょうか。

直接的な被害がなければ、「持て」と言われても無理でしょう。

我々だって、自分に直接関係ない話にはピンと来ないでしょうし。
中南米が麻薬漬けになって、絶望的な殺戮が日々繰り返されていようと。
中近東で命を賭けたテロや、銃弾・ミサイルが飛び交う紛争が日常化してようと。
中国の奥地でひとつの民族丸ごと飲み込まれ消されつつあるとしても。

スーパーの野菜が10円値上げしたら大騒ぎするけど、海の向こうで何千人死んでもピンと来ない。

人間なんてそんなもんじゃないでしょうか?

投稿日時 - 2013-06-19 22:05:30

お礼

確かにその通りだと思います。
ただ、私はもう世界の人々が’ぴん’と感じてもいい時期に来ているのではと感じています。欧米の殆どの国がスパイ(サイバー含め)され、ものを盗まれ、中国人に自分の国の一角を占拠され、ブランドは盗まれ、米国債は買われ、毒入りのドッグフードでペット殺され、と。10年前ならまだそれほどじゃなかったと思うのですが、もうそろそろ感じていないかと思ったのですが。。。まだ直接的に見えないのですね。

投稿日時 - 2013-06-21 20:23:31

同感です。アメリカの態度が不思議です。
アメリカは日本に焼夷弾の雨を振り散らし、
そして広島「ウラン型」長崎「プルトニウム型」を落としました。
これは明らかに「実験」です。
日本が朝鮮を植民地、大陸に侵略し大虐殺をした。
だから日本をやっつけた。日本は「悪」でアメリカ「正義」
このシナリオでGHQは日本を統治しました。
この時アメリカ人の裁判権を奪いました。
つまりアメリカ人が「犯罪」を犯しても日本には「逮捕」
出来ません。これを朝鮮人や中国人にも与えました。
三国人と呼ばれる人達はメチャクチャしました。
特に朝鮮人は「主要都市の一等地」を占拠しました。
パチンコは駅前にあるのは、この為です。
日本の大金持ちは、殆ど朝鮮人です。
この金が「民主党や社民党」に流れています。
彼らは「従軍慰安婦や南京虐殺」を主張してます。
アメリカには、多くの中国人が国籍を取っています。
多くは「中共」の大金持ちです。
中共はロビー活動に1兆円程度使っているようです。
中共はアメリカ国債も持っています。
経済的にアメリカは中共に強く出れない事情があるようです。

国連は戦勝国です。世界の平和など考えていません。
彼らは、自国さえ良ければ良いのです。
ちなみに中国は戦勝国では有りません。
中華民国「台湾」が国連の常任理事国でしたが。
中共の経済が発展し、取って変わりました。

今日本は、何をすべきか?
真の独立です。今までアメリカの植民地でした。
内閣総理大臣が就任と同時にアメリカに挨拶に行きました。
「安倍総理」はすこし、違う見たいです。
ロシヤや中東 インド 東南アジアと中国をぐるっと回っています。
左よりの人やマスコミは「アベノミクス」は失敗など、言ってます。
半年位で良く言うよ!長期政権で彼に期待しましょう・
もし、彼がダメなら、日本は終わりです。
永遠にアメリカの植民地です。

アメリカは何でもする国です。
中共より恐い国です。9.11は、どう考えても、陰謀です。
安倍総理の命が心配です。

投稿日時 - 2013-06-19 19:41:44

お礼

在日朝鮮人がパチンコ業界を制していたことをおかげで知る事ができました。ありがとうございます。戦勝国でもないくせに、わがままいって加えてもらって、日本の一等地を不法占拠・略奪したと読みました。許せません。

投稿日時 - 2013-06-21 20:28:23

ANo.4

> 北米、欧州の人たちはきちんと危機感もってくれているでしょうか。

少なくとも、資本主義先進国間では、中国に対する認識は、日本とそれほど大きな差は無いですよ。

やや古い話しで恐縮ですが、たとえば尖閣問題で反日デモが起きた際には、各国も中国のカントリーリスクを再認識し、その結果、対中投資,投機に影響が出て、デモ騒動が無くなってますよね。
中国のデモは、政府がやるもやめるも自由自在と言う、官製デモであることもバレちゃったワケですが。

レーダー照射事件なども、関係者や専門家の間では、それなりに重大な事件とか、中国海軍の練度や統制の分析材料として、取り扱われている様です。

ただ・・所詮はアジアの出来事であり、欧米などでは圧倒的に関心が低いですね。
知ってる人は良く知ってるけど、無関心が主流派です。

逆に言えば、「シャーロンストーンが言った」は国内ニュースであり、関心は高いけど、どう言う背景や文脈で言ったのかまでは、それほど関心は高くないと言う感じでは?と思います。

それと何より、日本に比べて、中国(や韓国)の方が、ロビー活動が上手いです。
日本バッシングは当然ですけど、中国はカネも持ってますので、中国の旗色が悪くなると、全く関係の無いネタを大きく取り上げさせて、反中感情を忘れさせるみたいな搦め手もやりますね。

質問者さんも書いてられますが、基本はヤクザ国家で「ルール違反」が当たり前であり、優等生の日本人には思い付かない様な、反則スレスレが・・・彼らの普通です。

反中の機運が高まりゃ、アルカイダに資金を送り、大量テロでもやらせて中国のコトを忘れさせるくらは、朝飯前にやる(既にやってる?)でしょう。
中国では、この辺りくらいまで、ロビー活動と思ってるんじゃないでしょうか?

投稿日時 - 2013-06-19 19:20:35

ANo.3

全くの同感です♪

ただ、我々 日本も欧米も それに気付くのが10年遅すぎました。

中国共産党政府は 自国民や自国の環境に多大な犠牲を強いて 計画的に…チャイナマネーで欧米の国債を買い付け、各国の急所キャンタマを握ってしまいました。

特に米国等は 万一中国に米国債を大量放出されると 経済の大混乱を引き起こしかねない状況ですよ。『米国債を大量放出する事は 米国に宣戦布告するのと同じ…』と釘をさしています。

我々に残された唯一無二の 解決策は…

中国が経済破綻を引き起こし それに伴い 虐げられてきた中国人民達によって共産党政府が打倒される事です♪

それによって 一時的に ある意味の『世界恐慌』が勃発するかも知れませんが 先進各国が協調すれば なんとか乗り切る事も出来るのではないでしょうか♪

幸運にも日本国債は その殆どが国内で買われているので 救われてます。

一党独裁政治の前時代的な体制の中国は 先進国では無いし世界のリーダーとしての大国とはなり得ない♪

太平洋をアメリカと二分しよう等と持ちかける 習 近平体制が精神異常を起こして居る事を全世界が理解しました。

日本及び先進各国は 強固な連携を取り 『第三次世界大戦』とも言える 中国との経済戦争に勝たなければ 世界経済に未来は無いでしょう♪

投稿日時 - 2013-06-19 16:19:42

欧米にとって、日本の領土や中小企業がどうなろうが関係ないですから。
日本が国際社会で、生き残っていられるのは、単に技術面での利用価値があるから。無くなれば、誰も見向きもしません。
もっとも、これは日本も同じことしてますが。
中国があまり無茶して日本の大企業を潰すと、流石に自国に不利益が出て不味いんで適当に抑えてるだけです。

投稿日時 - 2013-06-19 14:25:04

お礼

経済力がなければ、日本なんて誰にも見向きされなかったことは紛れもない事実だと思います。

でも中国、上から目線でむかつきますね。抑えてるって。

投稿日時 - 2013-06-21 20:41:02

民族弾圧をしないのが、民主主義国家なのであります。盗聴器ならイギリス製、キーロガーならアメリカ製、マンガは日本製がいいらしいですよ。

投稿日時 - 2013-06-19 14:04:18

あなたにオススメの質問