こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

グーグル1、2年のうちにウィンドウズに対抗PC発売

【号外】

   Google(グーグル)は、今後1、2年のうちにMicrosoft Windows(マイクロソフト ウィンドウズ)に対抗する、グーグル開発OS搭載パソコンを発売か!?・・・

http://wired.jp/2013/05/16/exclusive-sundar-pichai-reveals-his-plans-for-android/



Chrome部門とAndroid部門の両方の責任者が同一人物になり、以下の言葉をのべている!

われわれのヴィジョンは  “今後1、2年のうちに変わる可能性もありますが”、今のところはAndroidとChromeの両方を維持していくつもりで、方向転換することもないでしょう


実にあやしい~    “今後1、2年のうちに変わる可能性もありますが”、・・・・・・・



グーグルは、〔脱Windows〕 そして、〔Windows王国解体〕を以前から言っている。
だが、それに対抗することは特になかった。

【Google Chrome OS】もWindowsに対抗するPCを目指してるわけではないし今後も対抗するつもりはないと言っていた。

そして、Googleが開発するもう一つのOS、【Google Android(アンドロイド)OS】。こちらは、スマートフォンやタブレットなどの携帯情報端末を主なターゲットとして開発されたモバイル用ミドルウェアOSである。



もしや
Google(グーグル)は、今後1、2年のうちにMicrosoft Windows(マイクロソフト ウィンドウズ)に対抗する、グーグル開発OS搭載パソコンを発売か??


 


私の考えは、他方向からあらゆるシェア、知名度を伸ばし、そろそろMicrosoft Windowsを潰す準備段階に入るのかと思います。・・・・・・・・






           みなさんどう思う?

投稿日時 - 2013-06-08 17:49:34

QNo.8125048

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

Cromebookなら1年くらい前から売ってますよ。
日本では未発売ですが。
http://www.google.com/intl/en/chrome/devices/

投稿日時 - 2013-06-09 16:37:20

補足

http://ascii.jp/elem/000/000/773/773315/index-2.html

投稿日時 - 2013-06-09 21:24:04

ANo.1

というか、とっくの昔にChromeBookは発売していますけどね。
ChromeBook Pixelでは2560x1700の高解像度液晶で話題になりましたし
http://gori.me/google/27197

Lenovoでは、日本では未発売のThinkPad X131eに
Chrome搭載モデルを出しています。

ただ、日本では、あまり知名度が高くは無いでしょうね。


なお、ChromeBookはここまでintel,AMD、それにC7などのx86系CPUです。
Androidでは、x86のものも少数ありますが、ほとんどはARM系CPU(SoC)です。

もし、これから変わることがあるとしたら、ハイエンドワークステーション分野は
Windows用の商用ソフトの数々があり、参入が非常に困難ですから…

CPU依存の問題を起こしにくいAndroidとChromeOSの特徴を活かして
ARM搭載のChromeBookで、小型化と長時間駆動に力を入れることはあるかもしれません。

つまり、WindowsRTが活躍したかった市場、そして
Windows8搭載のタブレット兼用ノートPCの市場です。


ChromeBookは、Windowsも動くPCをベースに作られてきましたが
これは製造コストが、専用設計よりも安上がりだからでしょう。

それがARM搭載の、まったくの専用機として開発されるとしたら
1,2年で実現できるだろうか?というほどに、大きな勝算が無ければならないと思います。


今まで、ARM搭載のクラムシェル型端末としては、NetWlakerやdynabookAZ(AC100)
LifeTohchNoteといった日本製製品がいくつかありましたが
いずれも、後継モデルを断たれたカタチになっています。

それだけ、その市場は小さく、利益を上げることが難しいんだと思います。


私は、もう少しドライバーが安定して、FLASH Playerが提供されれば(あるいは本当に不要な時代になれば)
dynabookAZを、もうちょっと高性能化したものにLinux入れれば充分だとは思っています。
(この機種は低コスト設計で、仕様と造形ほか、いろいろな不満点がある製品でした)


CanonicalがUbuntu TouchやUbuntu Phoneを提示する前には
AndroidとUbuntuの両方を、同時に起動するUbuntu for Androidを提案していました。

もしかしたら、Googleはその不成立のプロダクツを再検証し
AndroidとChromeBookの交雑種を作ろうとしているのかもしれません。

タブレットモードではAndroid
クラムシェルモードではChromeBookとして動けば
Androidにある、キーボード作業に関する不満の数々を埋める可能性があります。
(Androidにはキーボードショートカットの概念が無いとか致命的な部分があります)

X131eベースのChromeBookがそれなりの成果を上げて
やがてARM搭載のThinkPadが出れば、それは是非欲しいとも思います。


ただし、それでも私はUbuntu for Androidが欲しかったと思います。
それは、Linuxを日常的に使っているからこそであって…

Windowsユーザーからの移行であれば、それがAndroidと
ChromeOSのハイブリッドでも、Ubuntuとのハイブリッドでも
それほど大きな差は感じないのかもしれません。

むしろChromeOSのほうがいいという人もいるでしょうし。

投稿日時 - 2013-06-08 22:22:20

補足

http://ascii.jp/elem/000/000/773/773315/index-2.html

投稿日時 - 2013-06-09 21:23:56

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-