こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ペットの火葬について

2日の日曜日に9年一緒だった愛猫を亡くしました。

突然のことだったので動揺して頭が働かない中、葬儀社を探していました。

始めての経験だったので流れも分からず、近所にある動物霊園にて荼毘を
してもらうことにしました。

係員に説明されたこともあまり耳に入らず、遺骨は自宅に持って帰りたいので
個別一任火葬というものにしました。

遺骨が我が家に帰って来て気持ちも少し落ち着いたところでペット火葬に
ついてインターネットでいろいろ調べてみると
たくさんのやり方があると知りました。

その中でも多いのが個別立合火葬のようで
自分たちで骨上げするというものでした。
多くの方がこの方法で見送ることで出来、
満足しているとのことでした。

冷静になり考えてみると可愛がっていた猫の骨を他人に
任せてしまったという後悔が押し寄せてきました。

私も立合にすればよかったと毎日泣きながら後悔しています。

もっとちゃんと調べて送ってあげれば良かったと。

同じような経験した方でこういう気持ちをどのようにして
乗り切ればいいのか教えて下さい。

いつも近くに居た存在が突然居なくなり精神的に参っています。

自分の中で看取ってあげることが出来たので
それは良かったと思っています。

天国で私のことを恨んでいるのではないかと
思うと夜も眠れません。
骨壺に手を合わせながら誤っています。

どうすれば気持ちが切り替えられるのか
教えて下さい。
宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2013-06-05 23:53:06

QNo.8121399

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

確かに現在は多様な火葬の仕方があり、ネットでもいろいろ出てきますよね。
でも、きちんとした動物霊園でことを行えたことは良かったと思います。
できる限りのお別れをしたのですから、骨を持ち帰れたのなら良しとしましょう。
猫ちゃんもちゃんとおウチに帰れて安心したと思いますよ。

看取ることができたことや、愛されていたことがとても伝わってきます。
猫ちゃんも、天からお呼びがかかり、使命を全うしたのですからその頑張りを賛えてあげましょう。
あなたが猫ちゃんに伝えられなかった数々の気持ちを、今度はあなたの周りにいる人い少しずつ渡してあげてください。
猫も犬も同じで、言葉を話すことができないために苦しい思いお強いられることが多かったでしょう。
でも。飼い主さんからの愛情は伝わっていたと思います。
苦しあったら泣いて発狂していいのです。
二度と会えないのですから、そんな苦しみ人生に何度とない悲劇なのですから。

気持ちを切り替えるには二度と弱者を傷つけず、死んだらその猫ちゃんに会えるように天国へ行くこと。
そのために悪いこともせず、弱いものを守ることが大事ですよ

投稿日時 - 2013-06-06 00:19:28

お礼

 rubensimeo様

 すべての言葉が心に響きました。
 自分では、解決する方法が見つけられず始めて投稿させていた だいたのですが、こんな温かいお言葉をもらえると思っていな かったので文章を読みながら号泣しました。
 
 完全復活までには、もうちょっと時間がかかりそうですが
 心の中で一緒にいると思っていつも話かけたいと
 思います。

 回答をいただいた皆さまに感謝しておりますが、一番始めに
 返信をいただいたrubensimeo様をベストアンサーとさせてい ただきたい思います。

 愛猫が安心して天国で元気に過ごせるようにそしてまた
 会えることを願って日々を過ごそうと思います。
 

投稿日時 - 2013-06-07 15:11:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

 家族が亡くなって、いつも通りでいられるはずもありません。
 
 心がひどく乱れてしまった人には、死を直視させないほうがよいという周囲の機転があったと考えることができます。葬儀社が個別一任火葬をすすめたのは、あなたに気遣った結果だと思います。

 「多くの方がこの方法で見送ることで満足された」という情報に、かなり影響されていらっしゃるようですが、私は気にすることはないと思います。
 仮に、動物葬1000件あたり100件が個別立合火葬で、そのうち30件が「満足」と回答したとします。残り70件が「どちらでもない」「不満」であることを、わざわざ紹介することはないと思いませんか。たかが30件、されど30件。多いと紹介すれば、情報を受け取った人は反射的に多いと受け止めるのではないでしょうか。
 葬儀も商売です。セールス・トークくらい、用意されているでしょう。
 
 あなたが病気になるのではないかと、猫ちゃんを心配させているのではないでしょうか。早く安心させてあげてください。

投稿日時 - 2013-06-06 01:24:21

お礼

videocam様

 お答えいただきありがとうございました。
 泣きながら読ませていただきました。
 
 忙しく動いている時は、いいのですが夜など1人になると
 やはり考えて涙が出てきます。

 まだ時間がかかりそうですが、安心してもらうためにも
 元気にならないとですね。
 ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-07 13:27:05

ご愁傷様です。

大丈夫。あなたのその気持ちは天国の猫ちゃんにちゃんと伝わっていますよ。
あなたのことを恨んでるなんて絶対にありません。心配しないで。

うちも4年ほど前に最愛猫を亡くし、東京西部では比較的大きな「慈恵院」というペット斎場で個別火葬してもらいました。
ごめんなさい、私もバタバタした状況ではっきりとは覚えていないのですが、焼場へ立会い読経のうえ火葬していただきましたが、骨上げなどはぜず確認のみでその後 骨壷に入った状態で渡された覚えがあります。
人間の骨のようにはっきりした形で残るものではなかったからだった為だったと記憶してます。

ウチも11歳で病床に伏し最善と思われる手を色々と尽くしましたが、結果自宅の家族全員の中で看取ることができ後悔はしていません。
今はウチの仏壇横の棚に骨壷と写真を置いて、誕生日や命日にはご馳走、時々お花も生けてあげて骨壷をポンポンとしては話しかけてます。

大切なのは、生前に最後まで傍にいて最善を尽くし、愛して見送ってあげられたかどうかではないでしょうか?
その後の祭事や法要については個々の考えによるもので、猫ちゃんには意志も後悔もないと思いますよ。それって人間でも同じではないでしょうか。

まだ亡くなって日にちも経っていないのですから、今は思う分だけ悲しんで想い出にひたって良い時期ではないですか?
納得のいくまで悲しんだら、あとはしっかり立ち直ってご自分の生活を立て直すことが猫ちゃんにとっても良い事だとと思います、
過ぎてしまったことは、後悔は出来てもりやり直しは出来ません。
やり直しが出来ない代わりに、あなたがこの経験を元に成長できます。猫ちゃんもそれを望んでいるのだと思いますよ。大丈夫、頑張って!

投稿日時 - 2013-06-06 00:55:01

お礼

 pinotnoir0107様

 2行目の言葉を読んだ時、自分の気持ちが少し救われたような
 気がしました。

 頭で状況を理解しているのですが、心が付いていかず
 毎日過ごしています。

 毎日、写真を眺めながらお線香をあげて骨壷に話かけていま  す。

 そうですよね。後悔は、出来てもやり直しは出来ませんよね。
 とても考えさせられる言葉です。

 頑張ります!
 ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-07 13:41:27

ANo.3

こんばんは

まずは御愁傷さまです

私の家も先代の猫はお骨拾いましたが
その前の猫はお任せしました
素人が出来るかな?とも思ったという事もあるんですけど
やはり気が動転していた部分もあると思うんですよ

でもどの子も我が家でかわいがっていた猫なので
(頭の上に2匹とも、正確には土葬した猫もいて3匹の猫の写真があるんですけど)
分け隔たりなく愛猫だな、と思うんですけどね

にゃんこもそう言うところはわかってくれているんではないかと思います
人の心を読むのが上手い猫ちゃんだったりすると
質問者さんの悲しみは猫一倍感じてくれると思いますので

投稿日時 - 2013-06-06 00:35:34

お礼

 
 yuyuyunn様

 温かいお言葉ありがとうございました。
 今は、もう写真にしか話かけられませんが、
 今まで一緒に過ごした楽しい思い出を忘れないように
 していきます。

投稿日時 - 2013-06-07 13:55:20

そんなことないよ。

その猫ちゃんは今も幸せな気持ちでいるよ。

それより、あなたが悩んでいる姿を見て、心配しているかもね。

だから大好きだった猫ちゃんのためにも、くよくよしちゃだめだね。

前向きになれるいい方法を教えてあげる。

実は、もうその猫ちゃんは生まれ変わっています。

しかもあなたの周りで!

あなたの人生の中でまた会えるようになってるんです。

だから心配しなくていい。

投稿日時 - 2013-06-06 00:24:58

お礼

 ken123123g様

 いただいたお言葉を読みながら泣いてしまいました。

 今度、会った時に恥ずかしくないように
 しっかり生きて行こうと思います。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-07 13:58:08

あなたにオススメの質問