こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ジュリアナ復活! アベノミクスとパンツの因果関係

バブル経済と呼ばれた時代の体験者も、今や50歳代以上です。金を持ってる人たちと、金を持たない人たちが、共に借金で毎晩遊び呆けていた時代でもあります。わたくし的には、借金で遊ぶ人たちが蔓延する状態をバブルだと解釈しています。

アベノミクス的な方法による、国民への浪費の促し方が、どこまで持つのかは知りませんが、昨日の貧乏人が、一晩明けたら裕福になるはずもなく、限界点を見誤ると取り返しがつかない程のダメージを負う事にもなりそうな気配が致します。

戦後、焼け野原から蓄え続けてきた基礎体力を、バブルという名前の何者かが奪い去ってしまい、日本はコンクリートで築かれてはいるものの、中身は、老人しか住んでいない廃墟と言っても過言ではないように思えます。

「過去は良かった」という人もいますが、バブルの借金を返さないうちに、さらなる借金世界を夢見たところで逆転の道は無く、使い込んだ財産は戻ってくるはずもなく、私たちが難を逃れても、誰かがその借金は返済せねばならないはずです。

(実体経済の建て直し)
アベノミクスにその要素は無い、しかし私たちは踊っています。ジュリアナでパンツを見せることを目標に寒い地方から上京してきた毛深い女性たちのように、みすぼらしいハイレグから陰毛がはみ出ているにもかかわらず、自信たっぷりに、いうなればロボット・ダンスのようなものを踊らされているわけです。

「はみ出ていますよ!」と声をかけてくれた方が、よっぽどありがたいようにも思いますが、一方で、
「さすがにそれは言えない、本人に気の毒だ」と考える人も、けして少なくはないものと思います。ハイレグの流行に乗った、私たちに責任があるのでしょうか。はみ毛の責任も自分自身にあるのでしょうか、謎は深まるばかりです。

どなたかパンツで隠す事なく、そしてシモに走ることもなく、バブルの悪臭がツーンと酸っぱく鼻につく、アベノミクスの正体を教えてください。
https://www.youtube.com/watch?v=s09LuDYX12g

投稿日時 - 2013-06-01 00:58:45

QNo.8114136

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>バブル経済と呼ばれた時代の体験者も、今や50歳代以上です。

まさにその世代です。

>わたくし的には、借金で遊ぶ人たちが蔓延する状態をバブルだと解釈しています。

そうかも知れません、何しろ20代後半であった私の当時の年収が約1000万円、不動産や自動車他高額商品を買ったわけでもないのに、同時に借金がほぼ同額の1000万円ありましたが、その殆んどが排泄物に消えた訳です、一体何をしていた事やら・・。

何とか完済致しましたが、今思えば当時の銀行金利は無茶苦茶に高かった、一方返済した1000万円(金利込み1500万円)は今や記憶への対価でしかないが楽しかったのも確か、依って後悔はありません、今現在さして金銭面での苦労が無い身が、そう思わせるのでしょうが。

>ジュリアナ復活! アベノミクスとパンツの因果関係

私個人はジュリアナ世代より一世代前に属しますが、その昔六本木で散々遊んだ我々世代の殆んどは、「ジュリアナ」=「田舎者の饗宴」そう規定しておりました。

>アベノミクス的な方法による、国民への浪費の促し方が、どこまで持つのかは知りませんが、昨日の貧乏人が、一晩明けたら裕福になるはずもなく、限界点を見誤ると取り返しがつかない程のダメージを負う事にもなりそうな気配が致します。

貧乏人が吊られて踊れるほどの空気は今現在醸成されておりません、物理的にも無理でしょう、精々小金持ちクラスが株式欄に釘付けになる程度かと。
何れにしても更なる二極化の方向へは向かっておりますが、小泉政権に依って取られた優勝劣敗のベクトルは変更不可能、しかもそれは多くの愚者と貧乏人に依り支持された、自分で自分の首を絞める選択肢なのですから(この板にも今尚多くの小泉信者が生息しているようですが)。

>アベノミクスの正体を教えてください。

先にも述べましたが、かつての格差の少ない社会への回帰というオプションは最早存在しない、しかも自己否定した訳です。
依って富める者を益々富ます事で、国家総体としての平均値を引き上げる、他方「貧乏な方はそのままどうぞ、いつかはそのおこぼれにありつけるかも知れない、我慢して下さい」、一言で申せばそういう事なのでしょう。

一方に於いて、景気回復に対する何等有効な処方箋を持たず、期待感など微塵も持てなかった民主党政権を振り返れば、余程ましであるのかも知れません。
成功へのとば口かはたまた更なる地獄への扉か、何れにしましてもここ数年で結果が判明するものと思われますが、デフレを容認して座して死を待つ事を考えれば、やむを得ぬ選択だった気がしますが・・。

最後になりますが、懐かしいですね「Kool & The Gang 」、個人的にはCelebration や Big Fun が好きでした、彼らの武道館ライブも見に行きましたよ、確かバブルの頃であったと記憶しておりますが・・。

投稿日時 - 2013-06-01 07:43:16

お礼

貧乏人を殺すのは簡単なことです。ゴールド・カードの2,3枚を与えてやりさえすれば、いずれ勝手に死にます。

その先のプランの無い状態でのバブルは、貧乏人を抹殺するという意味での貢献しかできないように思います。

しかし、いい金の使い方をしましたね。馬鹿な誘いに乗って土地や株などを買っていたら、その後が大きく傾いたことでしょう。

お金がザルになっている部分の構造を正さずにバブルを迎えても、必ずどこかで被害者が出てきますよね。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-03 00:21:30

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

まずバブル時代に
若い社会人だった人は、
みんなかなりの資産を持っています。

土地やゴルフ会員権を買った人は
損をしているかもしれませんが、
それでも今の若者よりはよっぽどましな状況です。

だから、団塊世代の貯蓄を狙って、
企業が様々なサービスを展開しているわけです。

若者の夢が無いとか、
貯金してないのおかしいでしょうとか
偉そうなことを言っている
某居酒屋チェーンの社長も、
バブル期の佐川急便で稼いだ金が
起業資金になったわけですしね。

デフレ下では、お金を持っている
有能な人に負荷がかからないという問題もあります。
既に安定した十分な収入や貯金がある人は、
そのお金を置いておきさえすれば勝利者です。

サービスの価格はまず安いことが
絶対の価値観になるので、
経営者には何の創意工夫もなく、
できるだけ少ない従業員をできるだけ安く、
できるだけ長時間働かせるということだけに
注力するようになります。

逆にインフレ下でお金の価値が下がり続けるなら、
有能な人はお金をそのまま持つよりも、
仕事で様々なイノベーションを起こしたり、
積極的な投資をしたり、
人を雇ったりしてさらなる収入アップを狙うはずです。

世界に出回っている日本円は80兆円くらいあるそうですから、
現状の規模の金融緩和でハイパーインフレとか言ってる人は話になりません。

ちなみにハイパーインフレが起こったことで有名なジンバブエは、
その後はそれなりに状況が良くなっているそうです。
まあハイパーインフレが起こっている国の労働力や生産品は、
海外から見れば「買い」なわけですからね。

少なくとも働いて生きていきたいという人にとっては、
継続的なインフレ下で円の価値が下がり続けることは
デフレが続くよりはよっぽど良いことではないでしょうか。

後は、国家が働けない弱者や
老人をどこまでケアするのかということだけです。
ここだけ私の主観で申し訳ありませんが、
周囲の老人は働くのが好きな人が多いので、
そういう人達をうまく取り込んで
日本の総生産を上げていければ良いなと思います。

馬鹿なことをやるのはその本人の責任で、
バブルとはあまり関係なく、踊りたい人は踊るでしょう。

バブルが弾けた後もディスコやクラブはあったわけですし。

私自身は、あまりナイトライフを楽しめる性格ではないのですが、
郊外の住宅街ならともかく、都心の盛り場にある防音のホールで
夜に踊って騒ぐことが、そんなにいけないことととも思いません。

投稿日時 - 2013-06-02 10:46:10

お礼

私が言いたかったことを、ここで半分ブッチャケます。

残念ながら、あなたの身の回りの老人たちも、インフレ下では働かないはずです。労働と賃金と物価の妥当性が無くして、安定した労働力は生まれません。

これはデフレ・インフレの問題ではなく、安定への意欲そのものの問題です。今それを体現できているのが、一部の富裕層と特権連中だけであることが、そもそもの原因です。

日本の労働力は少なくはないはず、なぜ足りなくなるのか、当然役人とOBが楽な仕事を独占しているからです。

あなたの周りの老人は、OBではないですよね。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-03 01:18:05

ANo.8

アベノミクスの先に何もないか?そうでもないんですよ。金利の大変動という落しだねがあるわけです。そう言うと一般庶民には関係ない、って答えが返ってきそうですけど、意外とそうじゃないわけです。

何も経済やマーケットを考えない人がその悪影響を大きく受けるわけです。

文句をいうなら、誰にでもできます。それより、これを利用して自らの資産を増やすことも可能になるわけです。みんなそれぞれが考えるんです。

そして、大変動の先に、破壊だけがある、と、考えるのも違います。破壊の後に再生があるし、破壊されそうになると、復元力が働く可能性もあるわけです。アベノミクスには、隠しダマもあると思います。その隠しダマは普通の状況ではできない政策ですが、危機のときにはできるしろものでしょう。

もはや、民主党の3年間で日本の基本ポテンシャル、戦後体制は破壊されてしまったんですよ。放っておいても死ぬだけだったんですから、アベノミクスを利用する方法を各自が考えるべきだと思います。

面白い時代に突入したと思いませんか?考えるあなたなら、わくわくすることがこれからやってくるのじゃないでしょうか?

投稿日時 - 2013-06-01 11:38:32

お礼

民主党は何一つ破壊していません。悪い意味で・・・

どのようなとらえ方をしているのかは知りませんが、資産が増えるからには、実体が動く必要があります。たぶん途上国をいじる事でのウィン・ウィンを狙っているのだとは思いますが、国内の再分配での偏り部分を念頭に置かないと、むしられるのがオチです。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-03 00:58:08

ANo.7

1985年9月ニューヨーク・プラザホテルにて、G5(先進5カ国)による蔵相・中央銀行総裁会議が行われ、為替レート安定化合意(会議といっても20分の顔合わせで終わり!)のもと翌日の1ドル・215円から本格的にわが国のバブル時代は始まった!時の総理大臣・中曽根康弘、大蔵大臣・竹下登、日銀総裁・澄田智(プラザ合意の主席者は竹下、澄田)、1年後(1986年)1ドルは150円台に突入し今日に至っている、そしてバブルピークの1989年冬東証株価は3万8千円台(現在の2,8倍)をつけ最高潮に達する!その時一番収入があったのが団塊の世代から今の70歳前半くらいの人達(事実、42歳課長で年収1000万円、50歳部長で1500万円あった!)、そして我われ20代30代がハナタレ小僧だった時の年収が500万円前後!(今より若干多い、他に経費が潤沢に使えた)それと今騒がれているアベノミクスを比べたら比較する事自体、酷というものだろう、まやかしのアベノミクスでしかない、余談だが面白い邦画がある<バブルへGO!出演・薬師丸ひろ子、広末涼子、阿部寛>この映画には当時の社会風景がまんべんなく描かれていて非常に楽しむ事が出来る、勿論ジュリアナも出て来るしデビューしたばかりの飯島直子に広末が(あんた、これから売れてくるよ!)には笑った、それにしても船上パーティで踊る広末は上手かった。

投稿日時 - 2013-06-01 09:18:47

お礼

<バブルへGO!出演・薬師丸ひろ子、広末涼子、阿部寛>

興味がある人には面白いのでしょう。薬師丸ひろ子の眉毛は今でもつながっているのでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=edpal6w6D2A
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-03 00:37:46

ANo.5

バブルの何が悪いのだ。
そこには、儲けた人間と、儲け損なった人間が
いただけの話。

はみ毛のどこが悪いのだ。
喜んだ男も多いはずだ。
そこには、観て得した、と思った男と
そんな余録があったのか、と悔やんでいる男が
いるだけだ。

なお、財政赤字はバブルとはあまり関係ない
ですね。

何しろ、アベノミクスは成功して欲しいです。
このチャンスを逃したら、日本は凋落し続けて
ついには途上国になってしまうかもしれません。
最後のチャンスのような気がします。

経済学者には否定的な人が多いようですが、経済学
ほどいい加減な学問もありません。
経済学者が失敗すると言ったら、それは成功するかも
しれません。

クルーグマン曰く
「経済学者は無能と加害者でありつづけた」

ロビンソン曰く
「経済学を勉強する目的は、経済学者に騙されないためである」

投稿日時 - 2013-06-01 06:25:49

お礼

経済成長にバブルは必然なのですか?またぞろ全部使い果たし、さらなる節約型格差社会が訪れるような気がするのですが。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-02 23:33:27

ANo.4

>バブルの意味を軽んじてはいませんか
 この場合のバブルとは実体経済から乖離して資産価格が一時的に大幅に高騰する事です。
 例えば現在の日本の株価はリーマンショック当時の株価水準
 そして円高
 そして企業の収益も当時より下

例えば年ごとの株価をみてください
http://ecodb.net/stock/nikkei.html
 
 バブルにはほど遠い経済状態です

投稿日時 - 2013-06-01 03:10:17

お礼

昨日今日のみで見ても、はたしてそれが想定された範囲でないと言いきれるのでしょうか。これは、けして陰謀論ではなく、普通に順を追って考えれば、日本の現状を予測することはできたはずです。

現に今でも日本は自主憲法すら持たない属国です。私がアメリカ経済省筋であれば、真っ先にコントロールする駒です。細かな部分は、その時々で進路は変わるでしょうが、本質は不動です。

世界経済を握るのは常にアメリカで、そこに最も従順なのが日本ですから、物価指数の予測は必然的に大きくマイナス・ワンです。

博打と同じですよ。土曜は基本休みですが、さすがにこの時間はしんどいので、もう寝ます。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-01 03:55:49

ANo.3

歌舞伎町のコマ前のディスコ懐かしいな~

投稿日時 - 2013-06-01 02:16:34

お礼

ディスコは常に潰れます。新しい店ができたり、ただ単にすたれたりで、客は踊ることに執着していません。ま、関東の事情は知りませんが・・・

とりあえず、わたくしユニクロに宣戦布告しておきます。このような夜分に、
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-01 02:46:56

ANo.2

 アベノミクスの基本はインフレターゲットの導入
今回の株価の異常は民主党 白川日銀時代に日本国内でインフレが起きていたのに規制緩和を拡大せず韓国などの周辺国への影響を考えて抑えていた反動
 
 そもそも日本の株価は連日高騰といってもリーマンショック前の水準に戻っただけw
円安と騒がれているけどリーマンショック前は1ドル125円
 それが75円まで落ちた半分しか戻ってない。

米国なぞNYダウはリーマンどころか史上最高値を更新
元に戻っただけで『バブル』というのはアホなマスコミに踊らされているだけじゃない?

 ちなみに物価の上昇を示す数値であるCPIは
http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_eco_cpi
 少しは上昇したが、未だにマイナス圏
バブルどころがまだ改善したといってもデフレ中

 なので質問自体そもそも間違ってる

投稿日時 - 2013-06-01 01:37:47

お礼

間違ってはいません。バブルの意味を軽んじてはいませんか?日本のバブル経済は、可能性として第二次大戦終了と共に予定できた現象です。

金と暇がある人だと自分でプロフでおっしゃっている、そのような人だと存じていますので、その片鱗ぐらいは見せていただかないと、私のような酔っ払いは納得しないハズです。久しぶりにお顔が見れて光栄です。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-01 02:37:05

ANo.1

文が長ったらしかったので、質問文は読んでませんが、「Kool & The Gang 」の「 Cherish 」。名曲ですねぇ。懐かしいです。
この曲を紹介してくれて感謝!

次回も何らかの名曲紹介、期待しています。

投稿日時 - 2013-06-01 01:13:41

お礼

長ったらしくはないハズだよ・・・
ちゃんと本文も読んで回答してください。その他は、気づいた人だけの、(長い夜)への私からの差し入れです。

そこいらへんは価値観の違う管理人とガチャガチャしたくもないので、穏便に評価しといてください。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-01 02:13:49

あなたにオススメの質問