こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

宝くじのロトについて

1等の当選番号の決め方はイカサマではありませんか?

ロト7の当選確率は 1/10,295,472
ロト6の当選確率は 1/6,096,454


私は、2年に1回買うか くらいで、あまり関心はありません。(ロト6)
ただ、新聞の朝刊で毎回当選番号の発表を見ていて少し疑問がわきました。

毎回、1等の該当者なし か 当選口数が一桁です 0~5前後

上記の当選確率は、確率はこんなもんだよと言ってるだけで、
当たるときは当たるという意味でも、1等の当選口数が2桁や3桁になることが
あってもおかしくない、といことです。

しかしながら今まで1桁でしょうか
過去に10口以上当たっている1等があったのかなかったのかは
存じませんが、おかしいと思います。
偶然が重なって1等当たった人が100人いる時があってもいいのでは? と。

宝くじのナンバーズ、ロトは、毎回どの数字の組み合わせを買った人がいるか
すべて機械で集計していますよね。
抽選日当日の18時位に〆きるのでしたかよくしりませんが、

もしかしたら、以下のようなことは考えられないでしょうか。
 その回でそのロトを買っている数字の組み合わせの中から
 ロト6なら 1/6,096,454 に該当する組み合わせを
 ロト7なら 1/10,295,472 に該当する組み合わせを
 当選番号として選んでることはありえないでしょうか?
 つまり10人位以上が買っている組み合わせはボツで
 ほぼ1人~5人前後、買われている組み合わせが当たる仕組みでしょうか。
 
 600万分の1だろうと1000万分の1だろうと、これはただ計算したら
 という確率であって、実際は偶然が偶然に重なり
 1等の当選者が100人以上いた時って過去にあるはず

 ロト6は最近ので第760回以上だった記憶があるので
 1回~760回までで1等当選口数が2桁や3桁は過去にありましたか?
 
 上記の当選確率ではそんなに当たるわけではないが
 確率はしょせんこんなもんだろうと決められた確率
 実際にはどの番号が当たるのかわからないのであれば

 1等大量当選することだってありえるわけです。

 だが、該当者がない時もあれば当たっても口数は1桁
 1人~3人が一番多いと思うのですが、どうなんでしょうか?

ナンバーズとロトの番号を決めるのは、
機械が決めると、抽選している映像も公開されていますよね。
ただ、数字の書いたボールにチップなどが埋め込まれていて
人が選んだボールを指定して、機械があたかも自動で適当に選んだ
ように見せかけることも可能だと思います。

一番の疑問が、1等の当選口数が毎回 0~3口しかないのは何故なのか
あとは、約760回やってきたロト6の1等当選口数でもっとも多かったのは何口か

全国でかなりの人が買ってるかどうかは売り上げを見れば
わかると思います。1000円すら当たらなかった人のほうが圧倒的に
多いでしょうが、もしかしたら、毎回集計した時に
1~3口しか買われていない組み合わせをアタリにしてる可能性があるのでは。
また宝くじ発行しているところが、客に買わせるために
キャリーオーバーということで1等該当者なし と0にしている可能性もありますよね。

疑ったらキリがないのですが、
ただ 何故 1等は1桁なのか 気になります。

当たりすぎると当選金額が減ってしまい夢もなくなるかもしれないけど
逆に当たる人が多いとそれはそれで面白いと思いますが・・ どうなんですかね

しょうもない質問で申し訳ないですが。
1等の当選口数が1桁なのは何故か、文章で私を納得させることができる人は
いらっしゃいますか?

こういう疑問があるため、私は銀行への投資・寄付運動だとしか思えません。

投稿日時 - 2013-05-18 21:47:27

QNo.8094126

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

う~ん、確かに1等が2桁あってもおかしくないのではという疑問は分からんでもないですが、確率とはそういうものです。

例えばロト6の1等当選確率は1/6,096,454、これは一人一口として約610万人買えばその中の一人に1等という幸運が舞い込むことを表します。
この分母を10倍すると約6100万、これは相当低い確率です。
また、その賭けパターンも様々です。
10口買うにしてもそれぞれがバラバラの組み合わせで買う人もいれば、同じ数字のパターンをまとめて買う人もいるでしょうが、複数口買ってドカンと当てる事を夢見るような穴党でも10口同じというのはかなりリスキーでしょう。
しかも、人間の思考パターンは人それぞれです。
皆が指向性を同じにして買ったというのなら1等が複合するケースも出るでしょうが、思考パターンはてんでバラバラと考えるとそういうケースはまずないでしょう。

もっとも、全くないとも言い切れません。
かなり古い話でうろ覚えになりますが、「ロト(確かミニロトだったと思う。)」で1等の当選賞金が2等よりも少なくなった珍事が1度ありました。
これは1等を予測して的中した人が2等より多くなり、2等が逆に少なかったために起こった出来事です。
また少し前にロト6で2等の賞金が3等よりも少なくなったケースもあったはずです。
これはドラマか何かの影響で予想した数字が偏り、その結果2等当選者が想定以上に増えたことで賞金が減ったという事です。

とは言え、1等が複数出る事は確率を考えるとあまりない出来事です。
また、そんなイカサマをやっていたらゴシップ系の週刊誌が黙っていないでしょう。

投稿日時 - 2013-05-18 22:18:39

お礼

ご返事ありがとうございました。

週刊誌がだまっていない というより
もしイカサマだったら宝くじを始めた数十年前に
さかのぼりとんでもない賠償問題が起こる気がします。

が、どうしてもまだまだ何か信じられない気持ちです。

投稿日時 - 2013-05-19 16:23:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

当選金付き証票法(宝くじの根拠法)では
ロト6の1等は最高2億円、キャリーオーバーがあれば最大限4億円
ロト7の1等は最高4億円、キャリーオーバーがあれば最大限8億円
とされています。
最近は当たりが少なく高額当選が増えてますが、ロト6の1等が500万行かない事も以前は多かった気がします。
尚抽選自体は事前に公募されている「幸運の女神」達が個々の番号を引く方式で、特にロトについては抽選日の深夜に抽選の模様をテレビ放映しますから言い逃れは困難です(この放映費用も宝くじの広告宣伝費から支出されます)。

投稿日時 - 2013-05-19 14:37:30

お礼

ご返事ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-19 15:46:52

ANo.3

少し当選口数について調べてみました。

第84回(2002年5月16日抽せん)
1等 - 17口当せん、当せん金額 15,692,300円
2等 - 8口当せん、当せん金額 30,011,300円
第230回(2005年3月17日抽せん)
1等 - 167口当せん、当せん金額 1,814,700円
2等 - 29口当せん、当せん金額 9,405,200円
第625回(2012年1月19日抽せん)
1等 - 13口当せん、当せん金額 16,095,600円
2等 - 7口当せん、当せん金額 26,902,500円

上記は1等よりも2等の方が当選金額が多かったものなので、
ちゃんと調べれば1等が10口以上当選したことはまだあるかもしれません。

最近のロト6(週2回抽選)の売り上げは約20億前後なので、
口数に直すと約1000万口
これを1000万人が一人一口(他の人が選んだ数字に影響されず、1/610万を各々選んだ場合)
で計算すると
1等が
0口=約18%
1口=約31%
2口=約26%
3口=約14%
4口=約 6%
5口=約 2%
10口=約0.0008% になります。

実際に購入する場合は一人で複数口購入し数字を偏らせたりする場合もあるので、
上の数字とは多少前後するとは思いますが、大体こんなものじゃないでしょうか(計算が間違ってなければ…)

ただ宝くじの45%が分配金で、残りは公共事業等に使われるので
「寄付運動」というのはあながち間違いとはいえないですね。

投稿日時 - 2013-05-19 00:57:22

お礼

ご返事ありがとうございました。

>第230回(2005年3月17日抽せん)
1等 - 167口当せん、当せん金額 1,814,700円

これはすごいですね。
毎回これくらい当たれば180万でも楽しめると思いますが・・。

投稿日時 - 2013-05-19 16:01:22

ANo.2

凄い推測力で感服しました。
疑えば何とでも発言できるのでしょうね。
もともと宝くじは正当性を目指しています。
いまでも宝くじが弓矢で番号を選んでいのをご存知ですか。
それは公開抽選で不正が無い事を購入者に知らしめる為です。
これがコンピュータで選ぶとしましょう。
結果は、意のままです。
コンピュータはプログラムで動きます。
いとも簡単に作為的に答えを出すでしょう。
それが分かっているから、弓矢で打ったり、ビンゴのボールを使っているのでしょう。
繰越金が無いのに、6億円の高配当が出るには一人の当たりだからです。
当選者が沢山いて当選金額が少なくなるなら買わない人が増えるでしょうね。

宝くじは「夢」を追うものです。
買ったから当たるとは限りませんが、買わなかったら絶対に当たりません。
それが「夢」です。

投稿日時 - 2013-05-18 22:22:19

お礼

ご返事ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-19 16:09:42

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-