こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

この文章の和訳をお願いします。

It should be noticed that when δ*=0 the perigee of a purely Keplerian orbit lies on the x-axis. For the orbital calculations, b_i~ is taken in the range between -10 to 10 and δ* is varied from -π to π.


When |b_i~| is about 10, the perigee distance from the planet is larger than several times the Hill radius. Thus, the particle is hardly scattered and keeps almost the same orbital elements as the initial during the encounter. When |b_i~| is as small as 6, however, a particle begins to interact with the planet appreciably only in the vicinity of δ*=0 and the orbital elements are slightly changed.


よろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-05-07 01:58:28

QNo.8076436

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

δ*が0の時、完全なケプラー粒子軌道の近地点がX軸上にあることに留意されたし。軌道計算の為、 b_i~は-10 から10 の範囲で適用され、δ* は-π から πまでさまざまである。

b_i~の絶対値が10近くの時、惑星から近地点までの距離はヒル球半径の何倍も大きい。よって粒子はほとんど散乱せず、衝突時の初期とほとんど同じ軌道要素を保ち続ける。しかしながら、b_i~の絶対値が6と同じ時、粒子はδ*が0の近くでだけかなりはっきりと惑星と接触し始め、軌道要素はわずかに変化した。

投稿日時 - 2013-05-07 11:05:18

お礼

どうもありがとうございました!

投稿日時 - 2013-05-08 20:27:17

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

直訳するとこうなります↓

「それはそれに気づかれるに違いありません、いつ、純粋にケプラーの軌道の近地点があるδ*=0、X軸。
軌道計算については、b_i~は、範囲の中で間に得られます?10~10およびδ*は異なられます?πからπ。
いつ|b_i~|約10である、惑星からの近地点距離は数回より大きい、丘半径。
したがって、粒子はほとんど散在せず、遭遇中にイニシャルとしてほとんど同じ軌道要素を維持します。
いつ|b_i~|しかしながら、6と同じくらい小さい、粒子は、δ*=0の近くにのみ惑星とかなり対話し始めます。また、軌道要素はわずかに変更されます。」

投稿日時 - 2013-05-07 02:22:03

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-