こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

詰み将棋で棋力って上がるもんでしょうか?

詰み将棋で棋力って上がるもんでしょうか?

現在将棋をやっており
初心者より強くなる事をまず目標にしていますが。
ハム将棋にすら
たまに勝てるくらいです

現在対局をしても何をしたらいいのかわからない状況なので
3手詰をひたすら解いていますが。
詰将棋で棋力は急激に伸びるもんでしょうか?

投稿日時 - 2013-05-03 16:25:27

QNo.8071148

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「詰将棋」が正しい名称です。

詰将棋だけでは強くなれません。
あれは「どうやったら相手を詰ませられるのか」を考えるための訓練です。
特に3手・5手・7手といったような、短い手順のものはそうした傾向があります。
それ以上の手数のものは「発想力」を鍛える部分につながるので、
終盤の強さに紐づいてきます。

つまり、あくまで終盤にしか役に立たない部分の勉強であるため、
その前の段階である「定跡」を学ばないことには、
その詰められるかどうか、という状況を作り出すことすら出来ないわけです。
いくら追い詰めてからの強さが人並み以上でも、そこまでの道を作れないので、
詰め将棋「だけ」では強くなれません。

将棋の入門本みたいなものであれば大抵、基本的な戦法として
「棒銀」「四間飛車」といったようなものが書かれています。
簡単なものでしかありませんが、まずはそこもあわせて勉強すべきです。

投稿日時 - 2013-05-03 19:10:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.3

ちょっと話題になった出雲のイナズマさんは5歳のころから詰み将棋を毎日してたそうですよ。

投稿日時 - 2013-05-03 18:45:19

ANo.2

詰め将棋も棋力向上には役立ちます。
それは,相手玉の囲いの不備を突いて詰める,終盤力を高めます。
詰め将棋が上手くなっても,実戦で勝てるような棋力の全体的向上には,直ちには繋がりません。

序盤の指し方が勝敗を大きく左右します。
まずは,自玉の守りを固める基本戦形と手順,定跡の習得が大切です。

要所要所で攻防を兼ねた一石二鳥・三鳥の一手が指せれば,勝利に大きく近づきます。そうした一手または数手の手順を手筋と言います。
定跡や手筋の解説書も沢山刊行されています。是非書店で自分の棋力にあった書籍を求めて下さい。入門書から可成りの高段者向けに,各種刊行されています。

新聞に掲載されているプロの指手順を,盤上で再現してみましょう。強い人は,必ずプロの指し手を棋譜から習得し,実戦に活かしています。

初心者なら,入門書の解説通りに駒を動かして,基本を完全にマスターして下さい。

投稿日時 - 2013-05-03 17:33:13

ANo.1

詰将棋も必要ですが、詰将棋だけでは棋力の向上は大きくは望めません。
逆に詰将棋ばかりやっていて、指将棋が弱くなったというのも聞きます。
なお、つみ将棋ではなく、つめ将棋と読みます。

将棋は、序盤、仕掛け、中盤、終盤とあり、その時その時で価値観が違います。
詰将棋は終盤の棋力向上になるでしょう。
同じくらいの棋力同士であれば、終盤が強いほうが強いといえるでしょう。
やはり局面の読み方、ある局面を見てどちらが有利とか不利とかその根拠を
見えるようにならないといけないでしょう。
例えば大切な飛車ですが、金銀2枚との交換ではどちらが得か、とか知らないと
いいようにやられます。
しかし、その価値観が終盤では変わるケースもある訳です。

それから技を磨く必要があります。手筋と言われるものを沢山知る必要が
あるでしょう。

そして定跡ですね。

投稿日時 - 2013-05-03 17:16:49

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-