こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

4~6月の残業を減らすと社会保険料が得?

よく、こういう話を聞きますが、計算がよく分かりません。

例えば基本給+住宅手当+交通費を合わせて25万円、残業代が1500円/1時間、月平均残業時間が40時間の場合。(一部概算)

東京都で考えた場合

7~3月(残業40時間)   25万+1500×40=31万円(22等級・42,429円/月)
4~6月(残業20時間)   25万+1500×20=28万円(21等級・39,600円/月)

となるかと思います。
差額は約2,800円/月
年間で2,800×12=33,600の差です。

仮に4~6月も40時間残業すると、1,500×(40-20)×3=9,0000円多く給料をもらえます。

つまり支給額がトータルで90,000円少ない代わりに、社会保険料が年間で33,600円少ないこととなり、56,400円のマイナスということで、どこがどう得なのかわかりません。
厚生年金を多く払っていれば、将来の年金が増えることも考えるとなおさらです。

私が何か計算を間違っていたり、考え方を間違っているのでしょうか?

投稿日時 - 2013-04-03 15:26:44

QNo.8025273

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

もちろん、あなたの計算例だと残業を減らさない方が手取りが多いですが、
21等級と22等級のぎりぎり境目の給料の人だっているわけじゃないですか。
例えばぎりぎり22等級の人が、4月~6月の残業時間を毎月1時間減らして
21等級になるなら、
年間等級差額(33,600円)-3カ月×1時間残業分(4,500円)=29,100円
の手取り増になるわけです。
まぁ、その程度の微妙な差ですので、そんなこと気にしないで
しっかり仕事した方が、会社からの信用含めて得だと思います。

ちなみに、共働きパートタイマー主婦の税金が発生しはじめる
年収103万の壁は、ほとんど気にする必要ありませんが、
社会保険料が発生し始める年収130万の壁は、結構大きいです。
年収が130万になると、社会保険料をだいたい14万くらい払わないと
いけなくなりますので、手取りが14万減ります。
それを補うには、作業時間を1割以上増やして、年収を144万まであげる
必要があります。(概算ですので地域や他の状況によって異なります)

(参考)
http://allabout.co.jp/gm/gc/12692/2/
http://allabout.co.jp/gm/gc/12691/

投稿日時 - 2013-04-05 11:29:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

22等級・42,429円/月
21等級・39,600円/月

だけをみて損得を考えているんです(^^)
残業多くしたことによって2800円/月
多く引かれちゃいますから。

でも最終的に手元に残る金額は残業した
方が大きい。だから裕福な生活ができる
のですけどね。

これと同じ事が主婦の103万円っていうのが
ありますよねー。
税金0円じゃなくなるから103万以下に抑え
るって。
税金払ってでも稼いだ方が手元に残るお金が大
きいのにねー。
OL時代、税金上がってでも給料UPを望んで
いたくせにねー、税金払いたくないから給料
下げてなんて言う人いないのに、主婦になる
と税金払いたくないから103万に抑える
って(;^_^A

投稿日時 - 2013-04-03 17:53:38

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-