こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

副業の確定申告について

父の確定申告を頼まれたのですが、私自身もよくわからないため、質問させてください。

父は定年退職し、契約社員として同会社でサラリーマンを続けておりますが、
今後のために、珈琲焙煎を勉強し、昨年から副業として販売を始めました。
昨年末に始めたばかりなので、昨年の売り上げは3万円程度です。
父は、焙煎機(70万)、移動車(40万)などの経費が多くかかったため、確定申告をすればいくらか返ってくるのではないかと、申しております。

しかし調べたところ、副業の場合収入20万以上でなければ、確定申告の必要はないと書かれていました。
確定申告をして、経費を取り戻すということは、可能なのでしょうか?
確定申告をするべきでしょうか?

無知な質問ですみませんが、よろしくお願いします。

開業届はまだ出しておりませんが、今後店舗なども構えて本業に向けてやっていきたいとのことです。
また、会社から副業の許可はもらっているので、ばれても構わないそうです。

投稿日時 - 2013-02-19 15:41:35

QNo.7953583

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>焙煎機(70万)、移動車(40万)などの経費…

1点が 10万円を超える買い物は、原則として減価償却の対象
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2100.htm
になり、取得年に一括して経費になるわけではありません。

>副業の場合収入20万以上でなければ、確定申告の必要はないと…

日本語で「必要ない」とは、「してはいけない」という意味ではありません。

>確定申告をして…

減価償却資産であることを理解した上で、なおも赤字になるのなら、確定申告をして給与と損益通算
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2250.htm
すれば良いです。

>経費を取り戻すということは…

経費が戻ってくるわけではありません。
給与から前払いさせられた所得税の一部が返ってくるだけです。

>開業届はまだ出しておりませんが…

出していませんって威張っていないで、昨年のうちに開業届を出し、ついでに「消費税課税事業者選択届」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shohi/annai/1461_01.htm
も出しておけば、設備投資にかかった消費税の還付が受けられたのです。
単純に考えても、
{(70 + 40) - 3 } × 5% = 53,500円
が返ってきたのですが、手遅れです。

>今後店舗なども構えて…

店舗が今年中なら、消費税の還付はもう無理です。
あ~もったいない。

来年なら、今年中に前述の届けを出しておきます。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2013-02-19 16:38:21

お礼

損益通算を知ることができて、本当に感謝です!
消費税課税事業者選択届についても知りませんでした。
店舗を出すのも、諸手続きを終えた上で、来年にするように父にアドバイスしたいと思います。
とてもわかりやすい説明です。ありがとうございました!

投稿日時 - 2013-02-19 18:54:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-