こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

パチンコは完全確率なのか?

既出な質問かもしれませんがあえてアンケートでやろうと思います。


昔(10年ぐらい前)、一時期よくやってて収支表をつけていたのですが
その時に気が付いた点。

1回に5万も使うのではなく1万程度に分けて使った方が最終的には勝てる。
意地でも勝つつもりで投資をすると簡単に3倍ぐらいハマりますが
日を改めて投資し直すとまず3倍ハマりに遭遇しない(日を跨いでも)。
※そもそも1万じゃ3倍ハマるまで廻せませんから。

その事実に気付き、勝負しても1時間以内で収まる時が多かったです。

じゃなぜ止めたのか?というと理性が付いていかなかったからですw
簡単に言えば欲が強くなりすぎてルールを守れなくなったからです。


確率的には滅多に遭遇しない3倍ハマりもある一方で
確率的には滅多に無い大連荘もある。
なぜこんなに大きく偏るのでしょうか?

しかも不思議な事に単発が続く偏りもある一方で
大連荘に偏る場合もあります。


実はここ最近、再開してみたのですがやはり1つの台に固執し
投資し続けると簡単にハマってくれました。
※1パチや甘デジなので損害はたいしたことないのですが。

そして台を変えてみると(1/200ぐらいの)、10回転以内に当たる
なんてのが続いたりもします。

こういう質問を専門サイトですると、たまたま偶然とか
完全確率だからという回答が返ってきます。

ボーダー理論的には確率は最終的に収束する(それに近くなる)
らしいのですが、なら同じ確率(機種)の台を1パチでハマった後
4パチで打ったら効率が良いのではないか?と聞いたら
完全確率だから関係ないと言われました。
投資額が違うだけで同じ条件(確率)で廻しているはずなのに
なぜ!?

完全確率なら1パチだと簡単に当たり4パチでやってる時だけ
大ハマりするなんて事はありえませんよね?

※ちなみに以前はこのやり方で(毎回1万しか投資しない方法)、月に10万ぐらい勝ってました。
会社帰りの30分~1時間程度でできたのでほぼ毎日通ってました。あえて質問したのは自分でも
あのやり方でなぜ勝てたのか今でも不思議に思ってるからです。

投稿日時 - 2013-02-10 23:25:33

QNo.7938886

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

長い目で見れば完全確立、という事になっています。
ただ、波は間違いなくあります。
自分も相当研究しました。
ある台なんか、導入されてから、1年ずっと追ってましたが
出る日(プラスの日)は、1月になんと、1~2回しかない
ひどい台があり、そのまま撤去されました!
確立は460分の1でした。1年でそのシマの台は
全撤去されました。
ヘリクツを言えば、「1年では460分の一だが
10年でみれば330分の一なんだ」と言われる
かもしれません。

さて、出ない台は出る傾向、出ない台は出ない、という傾向
はデータを取っていればすぐわかります。なぜそうなっているか。
2つの理由が考えられます。
(1)予想を外すためです。確率論でいったら、毎日台をチェックして
 よっぽどはまった台は逆に出る事になり、その台を狙いうちする
 ようなプロ(?)に出玉を持っていかれ、会社帰りのサラリーマン
 は勝てなくなって客だ飛んでしまうからです。
 深層心理に「あの台は昨日、あれだけ出たからもうでないだろう。
 知らないバカな客はやるんだろう。うっしっし」
 という心理の逆をついて、出すのです。 そうすればたまに入った
 サラリーマンでも勝てるのです。

(2)1人の人に大量の出玉をだし、他の人は出ず、金を投入している
 状況と、全員が遊び台で出たり出なかったりとします。
 店はどっちが儲かりますか?前者です。後者は出玉が出たり戻ったり
 で現金が店に入ってきません。1人の人に大量にだし、他の人に現金
 を台に入れさせる事のほうが儲かるから、確率が偏るようにできて
 いるのです。


また、台は出玉を自由に設定できます。 裏ロムがある、と言っているので
はありません。パチスロは設定が1~5、等ありますが、パチンコでもできるのです。
あなたはよくパチンコをやるから、気がついた事があるかもしれませんが、こっちの
シマ(列)はみんな出ているのに反対の列(真後ろ側)が全然でていないって事
よくありますでしょう?それは、例えば、一人の人がパチンコやる台って意外に近い
台をやりたくなるんです。近いと台が把握しやすいですからね。だから、エリア的に
出したり出さなかったりすると、同じ人が勝ちつずけたり、負けつずけたりする可能性
が少なくなるからです。 まけつずけるとさすがにその客は来なくなりますからね。
そうならないために、そこのエリア近辺を全体として出すのです。


以上、憶測もありますが、一応、20代の頃はパチンコで生活しておりました。
今はパチンコを卒業しております。
昔は、新台入れ替えは負ける気がしませんでした。10台あれば8~9台くらいは勝てて
ました。殆どの台は新台入れ替え当日~数日はドル箱の山です。
大工の源さんとか、モンスターハウスとか、その当時の頃の事ですよ(笑)
今じゃ信じらないですよね。昔の知っている人や風潮から、現代でも新台入れば、
満席によくなりますが、かってる人は例えば新台入れ替え当日でも3割程度~よくて
4割ですよね。そんなシビアな時代です。昔は新台入れ変え当日は、まず負ける気は
しませんでした。

投稿日時 - 2013-02-11 00:01:57

お礼

長文での回答感謝します。

パチンコで生活してた方がそう仰るなら説得力がありますね^^

私が収支表を付けていた時のマイルールとして
勝っても負けても1万以上は絶対投資しない。
1回当たったら単発だろうが大連荘だろうがその日は終わり。
※だから500円しか勝たない日もありました。

いかに負ける時の損失を抑えるかに重点を置いたので
この方法は功を奏しました。

まぁ生活の為にやってた訳ではないので&欲が出てしまって
このルールは最終的に崩壊しましたが・・・。

>また、台は出玉を自由に設定できます。

いわゆるホルコンによる制御ですね。
台(シマ)全体の回転数と大当たり回数から算出される確率が
スペックに準じていれば問題ないみたいな事を平気で言う人もいましたね(^^;

>大工の源さんとか、モンスターハウスとか、その当時の頃の事ですよ(笑)

大工の源さんは私もよく勝たせて貰いました。
あの当時は確変が2回保障されてましたからね。
クリスマスイブの時に最高記録のドル箱積み上げた思い出があります(^^;

今の新台は容赦なく回収に走る台も多いみたいですからね。


やっぱり1つの台に固執して打つのは良くないと感じました。
私は1つの台を終日打ち続ける事はほぼ無いのですが
明らかに勝てる(すべての当たりが確率分母内、プレミア系な大あたり頻発)
と感じた台ではやはり終日、絶好調だった経験があります。

>殆どの台は新台入れ替え当日~数日はドル箱の山です。

はい。
甘デジでも当時は1日で100回近い当たりとか平気で見ましたが
今じゃ、ミドルスペック並の大当たり回数(3、40回)しか無い台も結構みます。

投稿日時 - 2013-02-11 00:17:33

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

パチンコは法的にはゲームセンターのゲームと同じです、在日特権で守られているようなものです。

奴らがまともに商売すると思ったら大きな間違いです、経営者の考え方を理解すべきです。

以前パチンコの経営者と契約を交わした時に、馬鹿を相手に金を儲けましょうと言われたのを覚えています、お客さんは馬鹿あつかいです。

日本人は文化水準が低く馬鹿が多いだからだからパチンコが流行る、これが彼らの考え方です。

身内には儲けさせ、一般のお客からはむしりとれるだけむしり取る、そのための投資は惜しまない、すぐにアホが金を運んで来てくれますからね。

2001年に遠隔の特許が取れています、パチンコ台もスロット台も遠隔対応です、それ以前から遠隔は有ります、サクラも居ます。

パチンコの罠にはまらないようにほどほどにすべきです、これを見てもパチンコするようでは本当の馬鹿かもね。

http://81.xmbs.jp/piroshigogo-224361-ch.php?quid-on

投稿日時 - 2013-02-11 16:40:39

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-15 20:29:54

ANo.4

そもそも、ホルコン(ホール・コンピューター)の役割を理解してるのですか?

ホルコン設置の最大の目的は、差玉(打ち込み数と出玉数の差)をコンピューター管理することで、不正行為(客によるゴト行為&従業員による貸し玉売上金ネコババなど)を未然に防ぐことです。

勿論、台毎の大当り回数や回転数などのデーターも記録してホール管理者(店長など)が割数(出玉率)を把握・管理して営業終了後に翌日営業日の「釘調整の参考資料」に用いる目的もありますが、この「出玉管理」を遠隔操作やシマ毎の出玉調整と勘違いする人達が多いようです。

しかし、そのような意図的な出玉操作を行ったら、違法営業として立ち入り検査が入り「営業許可が取り消し」になり、店が廃業に追い込まれるのですよ。

実際に、違法ロムを用いて客の射幸心を煽ったとして廃業に追い込まれたパチンコ店が地元にも何店舗かありますから間違いないです。

そして、ホルコン・システムをパチンコ店に納めてるメーカーにも捜査が入りホルコンシステムを販売出来なくなるでしょう。

なお、パチンコ台に釘調整があるのも、パチスロ機に設定があるのも、店側が営業割数を考えて営業終了後に調整してるだけです。

昔からの友人に、パチンコチェーン店の店長を経て地域統轄部長に出世した者がいますが、店長時代は設定通りの割数に収まらない時は、首を傾げて悩んでた姿を良く見ました。

すなわち、パチンコ店の店長ですら営業中の出玉状況把握は出来ても「出玉操作は出来ない」のです。

ちなみに、私自身も某パチスロ製造メーカーに勤めてましたから、パチンコ台(デジパチ機)も参考の為にプログラム解析を行ったことがありますが、裏ロム(改造ロム)を使ってない限りは完全確率の抽選方式に間違いないです。

投稿日時 - 2013-02-11 01:55:33

お礼

ご回答ありがとうございます。

ホルコンの建前上の役割は十分知ってます。

でも実際に結果が伴ってないからNo.1さんの回答がしっくりきます。

1万以内しか投資しないのに結構良い勝率で勝ててますから。

逆に勝つ気で投資を続けると簡単に3倍以上ハマりますからw

1万しか投資しない自分にとって3倍ハマりなんて1か月1回あれば良い方なんです。

投稿日時 - 2013-02-15 20:29:35

ANo.3

>なら同じ確率(機種)の台を1パチでハマった後
>4パチで打ったら効率が良いのではないか?

 それは「あるサイコロ振って6以外の目が連続で出たあとで別のサイコロ振ったら6の目が出やすいのではないか」というのと同じですよ。確率に対して誤解していませんか。

投稿日時 - 2013-02-11 01:21:01

お礼

ボーダー理論って回転数を重視してますよね?
つまり少ない額でいかに回せるかどうかです。

でもこの理論って確率どおりに収束しなければ、少ない額で多く廻せても意味がありません。

>それは「あるサイコロ振って6以外の目が連続で出たあとで別のサイコロ振ったら6の目が出やすいのではないか」というのと同じですよ。

ええ、そうですよ?
6以外しか当たらない確率もだんだん下がってきますよね。確率とやらが最終的に収束するなら?
基本的に確率は1/6なんですから。

・つまり永遠に6が当たらないというのであれば、それは確率が収束しない→不正の可能性あり。
・または永遠に6が当たる確率だけが偏って1/12ぐらいであれば、この場合も確率は収束しません。

まぁよく言われているのが短期間の回転数(1万回程度)で確率が収束することはありえないからという
人がいますが、仮に1パチでドハマり(3000回転)して4パチでドハマり(更に3000回転)したら
私は疑問に思いますがね。だいたい3倍ハマりですら滅多に起きない確率なのに約10倍ハマりを2回も連続したらボーダー理論なんて成立しませんから。

投稿日時 - 2013-02-11 01:36:32

ANo.2

先ずは、パチンコ台実機を中古台でも良いですから、自宅で思う存分調べて長期データーを取ることをお勧めします。

出来ることなら、電子基板回路とプログラムを解析すれば、メーカー公表の確率と一連の動作に納得が出来るでしょう。

なお、パチンコ台に幾ら分の玉を注ぎ込んだではなく「何万回廻して何百回の初当たりが出現したか」を根気よく調べてから、疑問を持ってください。

確変継続率は運の要素が強いということも理解出来ると思います。

投稿日時 - 2013-02-11 00:32:11

お礼

ホルコンで繋がってパチンコ台と、そうでないパチンコ台と比較しても意味ないと思いますが・・・。


私は10年前に自分なりのルールでやって勝てていましたが、
専門サイトで交流していた仲間(多数の)からは、それでよく勝てるな! 嘘だろ!? ありえない!
という返事ばかりでした。

極々一部の人だけは信じてくれましたが。

投稿日時 - 2013-02-11 00:38:13

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-