こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

振袖と長襦袢の袖丈について

振袖、長襦袢、着付小物なども含めセットでオーダーレンタルしました。
振袖は正絹100%で長襦袢はポリエステル100%です。
サイズはオーダーレンタルなので自分の寸法に合っていたのですが
長襦袢の袖丈が見た目5cm程度長すぎました。
それで袖丈は4cm程度折り返して安全ピンでとめ応急に補正しました。
しかし、実際に着付してもらったら
それでも長襦袢の袖丈がまだ余っていて袖の裾からはみ出してしまいました。
なんとか振袖の袖丈に合うように再度安全ピンを止め直したり
袖裾の丸い部分を仮縫いしたりして着用しました。
後で振袖を脱いでから振袖の袖丈と長襦袢の袖丈を測ったら
振袖は105cmの袖丈があるのに
実際に着用した時の長襦袢の安全ピンでとめた袖丈は95cmくらいになっておりました。
10cmも長襦袢の袖丈が短いにもかかわらず
着用時にはその長さでちょうど振袖の袖丈に合っていたのです。
普通に動いてもはみ出さずふり口を見ても長さは合っていて短すぎるなんてことはありませんでした。
いろいろ見聞きしたり調べたりしましたが振袖と長襦袢の袖丈ってそんなに違ったりするものではなく
同じ長さかやや長いくらいで重みとなっておさまりがいいようです。
レンタルなので袖丈は振袖と長襦袢は合わせているはずです。
なのに着用したら長すぎてはみ出してしまうなんてとても疑問です。
もしかしてと思うのは
振袖の肩や袖に金箔が沢山貼られているデザインでそのせいか
着物自体の肩や腕の部分が固くて浮いたようになってしまっている感じです
着物には詳しくないので全く理由がわからず、この袖丈の合わない原因が知りたいです。
何かわかることがあれば教えてください。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2013-01-17 21:42:52

QNo.7896983

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

#2です。
【オーダーレンタルで裄丈や袖幅はあっていたのに
身丈がかなり長く身長より20cmほど長かったと】

ここなんですが、普通、身長分あれば・・・という身丈です。
ソレが20cmも長い・・・・と言っても、180cm以上にも作ることは、用尺の都合で出来ないはずですから、
推測するに、オーダーレンタルにこだわるので、アナタは相当に小柄ですか?
それでいて、多少とも、ふくよかとか。

だとすると、体に合わせてあるのは、長じゅばんだけで、着物のほうは、いずれ他の人にもレンタルされるわけなので
身丈が十二分と、あるのはわかりやすいです。

さらに、身丈は実は問題はないのです。
着付けするにしても。
問題は、袖ツケ寸法がおそらく、身長が高い人対応で、長かったから、やっぱり、帯が持ち上げていたとしか思えません。

以前には、アナタの身長にあわせての振袖なら、袖ツケ寸法も短いので、帯が持ち上げることもなく、帯が
高く位置に収まったと。

いま、お手元に着物はないのでしょうから、わからないでしょうが、振袖が
おそらく、大柄な人対応で縫われていた可能性が高いです。
身幅と裄がソレを意味しているから、どうせならと、身丈も欲張って作ったという。
ただ、長じゅばんは、実際の身長にあわせて作らないと、つっ丈ですから。

投稿日時 - 2013-01-24 21:21:15

補足

回答ありがとうございます。
身長150cmで体重は38kg程度なので
オーダーレンタルにしたのです。
本当にこの着物の身丈は変な寸法ですよね。
身丈は家に吊るしていた状態から推測しますと
170cm前後くらいだったのではと思います。
着物の寸法などで調べたら170cmなんてありませんし
実寸ではないのですがこれも奇妙です。
今さら思うのですが
こんな小さい身体に合わせて作ったらもったいないと思われたのか、より身体の大きな寸法のほうが貸出率も増えるのでしょうから、後で背の高い人にもレンタルできるように大き目に仕立てていた可能性が高いと思います。
同じ貸衣装店で以前借りた振袖は身丈も150cm程度しかなかったのでその寸法に合わせてくださいと言ってあったのです。
まさか大き目につくられていたとは思いませんでしたが、こうやって色々教えていただきますと理解できるようになりました。
問題の袖付け寸法についても今となっては確認できないですが
とても参考になりました。
今回のことで着物の寸法や個々の名称など調べなければ
知らなかったことばかりで勉強になりました。
着物について良く知識があればすぐに文句も言えたのですが、無知だったのでいいようにされてしまったのだと思います。
今後は貸衣装を借りる時には着物も長襦袢もよく寸法チェックしようと思います。

投稿日時 - 2013-01-25 09:49:57

お礼

色々と謎解きを考えていただき
本当にどうもありがとうございました。
オーダーレンタルを鵜呑みにしていたけれど
実はオーダーレンタルで確かだったのは肩幅と袖幅だけだったようです。身丈や袖付け寸法なんてのは素人には全くわからない事です。長襦袢と振袖の袖丈があんなにずれてしっくりいかなかった事から考えると、身長の高い人にも着回しができるように縫われていたのかもしれないと考えられます。
なんでこんな目にあってしまったのか残念ですが、とても勉強になりました。今後はレンタルには十分気をつけたいと思います。

投稿日時 - 2013-02-15 10:02:35

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

謎解きしてみました。

えもんも抜きますので、この分、袖山が一緒に後ろにずれる。
平らに置くと、半分に置いた折山?が肩山・袖付けの中央ですが、これが抜いた分だけ後ろに下がる。
当然に、袖付けどまりが後ろはその分が下がり、前は上がる。
これが5cm(帯揚げ分?)ほどもずれると、前は、5cmあがり、胸高の帯と、帯揚げで、わからないですが、
下げた分の後ろを持ち上げないと、帯が横から見ると平行、フラットなはずですから、
後ろは、10cm(倍になるので)持ち上げないと、前と同じ水平位置にならない。
背中の中央では下げている(えもん)のに、脇で持ち上げる(帯が水平だから)ようになります。

するとね、どうなるかというと、
【着物自体の肩や腕の部分が固くて浮いたようになってしまっている感じです】

律儀に、余った分・下がった分をなんとか帯ですっきりさせようと畳み込む、持ち上げるようなことをすると、
後ろの袖付けをえもんを抜くために繰り越した分、
結果として持ち上げる・・・になる、それがおそらくトータルの10cm?

余った分?は帯上の袖付けとして浮いている分(5cmのたかさ? 肩まわり外周の余分?)になる。
5cm×2=10cmが袖ふり分で。

長襦袢は袖付け分もドローンと下がるので、振り寸法としていわば、加算されるような結果になるのでしょう。

投稿日時 - 2013-01-18 16:31:03

補足

ご回答いただきどうもありがとうございました。
お礼が遅くなりどうもすみませんでした。
先の回答者の方の補足に記載したように
身丈が長すぎたということがわかりました。

回答して頂いたことから考えると着付のしかたが悪いのが原因とうけとれましたので色々と想像しながら考えてみました。
同じ美容師さんに以前着付けてもらった振袖は
身丈も身体に合っていたものなのでおはしょりを普通に処理して
着付てもらいましたので写真で確認しても長襦袢は余ったりはしていませんでした。
なので単に美容師さんの着付が悪いというわけではなさそうです。もし美容師さんの着付が原因なら私だけではなく他の人でも
振袖を着付けてもらったらそうなりますよね。
えもんの抜き方も普通の抜き具合です。
もし花魁みたいな着付をしたらかなりのえもんを抜くので
着物もずれるし、こういった長襦袢の袖丈との誤差も出るのかもしれませんが、至って普通の着付をしています。

>律儀に、余った分・下がった分をなんとか帯ですっきりさせようと畳み込む、持ち上げるようなことをすると、

とありますが、これは着付としては間違っているのでしょうか?
律儀に余った分、下がった分を帯ですっきりさせようと畳み込んだり持ち上げないほうがいいのですか?

また
身丈の長すぎるおはしょりを調節のしかたでも持ち上げたり畳み込んだりといったことをしませんか?そうだとするとこの身丈の長すぎたこととおはしょりの調節が原因かもしれないと考えられないでしょうか。

もし身丈の長さが原因なら
今後、貸衣装を借りる時には寸法を良く確かめてから借りようと思います。

投稿日時 - 2013-01-24 10:54:55

ANo.1

それは、大層、謎な事ですね。
通常、お袖丈は、着物>お襦袢 で、お襦袢のお袖丈は着物-2分(およそ8mm)になるように仕立てます。
オーダーレンタルとの事ですので、寸法は間違いがないと仮定して、考えられることは、

1.お襦袢の着付けと着物の着付けが合わなかった。
   ご存知の通り、お襦袢を着て、伊達締めをしてから着物を着ます。
   この時の、伊達締めの位置と着物の帯のしめ方で、袖丈が合わなくなることがあります。
   通常、振袖は一般的な着物よりも、帯を高く締める傾向がありますので
   袖付けもそのように寸法を取ります。
   お襦袢を着たときに、普通に伊達締めをして、着物を着て帯を締めると、
   帯の高さに着物のお袖(振り)が持ち上がり、お襦袢よりも短くなることがあります。
   熟練の方ではあまりないと思いますが、着付けの初心者ではよくあることです。
   ましてや、振袖であったら、帯も華やかに結び、
   帯揚げや帯締めもまた違う結び方で合ったりして、
   着物が袖付けで上方向に引っ張られた可能性もあります。


2.当日の悪天候、あるいは保管の状態が悪く、着物の袖丈が、びっくりするほど縮んだ。
   十分に地伸しされていない反物は、びっくりするほど縮みます。
   縮緬の生地であれば、それなり以上にいびつになることがあります。
   お袖の胴裏はどうだったでしょう? お袖の中で余っていたなら、その可能性があります。
   お襦袢がポリエステルとのことですので、寸法的にはほとんど狂いがないと思われます。
   サイズにおける突発性事故的事象があるとすれば、着物のほうに原因があると思います。

3.お襦袢が取り違えられていた。
   まさか・・・・・・ね。

4.・・・・・・こればっかりは、仕立ての寸法違いとしか・・・・・・。

 着物の箔にご懸念があるようですが、1、2分の差はあっても、5cmや10cmも変わってくることはありません。それは、仕立てる上での誤差の範囲ですので、着付けでいくらでも修正できます。

 うーん。参考にならなかったかもしれませんが、何かのヒントにでもなれば。
 

投稿日時 - 2013-01-18 00:15:50

補足

ご回答していただきどうもありがとうございました。
お礼が遅くなりどうもすみませんでした。
回答を参考にあれこれ考えたり確認したりしてみました。
それでわかった事なのですが
オーダーレンタルで裄丈や袖幅はあっていたのに
身丈がかなり長く身長より20cmほど長かったと
着付をした美容師さんから聞きました。
なのでおはしょりで調節して着付けてくれたとのことでした。
着付については詳しくないのでどのようにおはしょりを
調節したのかはわかりませんが、もしかしたら身丈が長すぎておはしょりを調節したことが何か関係したのかもしれません。
同じ美容師さんの着付で着用したことがある別の振袖は
身丈も丁度良くおはしょりで細工しなくても着付ができました。
その時は振袖と長襦袢の袖丈が違ってしまったという事はありませんでした。
オーダーレンタルということを信用していたのですが
身幅や袖幅はちゃんとあっているのになぜか身丈が20cmも長かったということは許容範囲を超えています。
もしかしたら身丈については寸法間違っていたのかもしれません。

投稿日時 - 2013-01-24 10:20:28

お礼

遅くなりましたが
回答して頂きどうもありがとうございました。
わからないことを勉強する機会ができ、とても参考になりました。謎だったこともなんとなくわかったような気がしてきました。

投稿日時 - 2013-02-15 09:51:24

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-