こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

所得税、雇用保険の計算方法などについて質問です。

所得税と、雇用保険の計算方法について質問です。
会社を立ち上げました。父を従業員として雇っているのですが、父は会社の厚生年金や社会保険ではなく、自分で、保険や年金をかけています。

その場合、毎月給料から天引きする所得税と雇用保険の計算の仕方が分かりません。

もう一つ、父は会社の社会保険ではなく、自分で国民保険、国民年金を掛け続けると言っているのですが、それでも大丈夫なのでしょうか?

以上二点よろしくお願いします。


補足
父の年齢は62歳 別居しています。
正社員として働いてもらっていて、役員にはしていません。

個人事業で、父以外にもう一人働いてもらっています。

投稿日時 - 2013-01-12 17:52:41

QNo.7888317

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>自分で、保険や年金をかけています。
>毎月給料から天引きする所得税と雇用保険の計算の仕方が分かりません。

○「所得税」

「給与の支払者」が行う「所得税の源泉徴収」には、「給与の受給者」が自分の懐から支払った保険料は無関係です。
あくまでも、「給与から差し引いた」(各種)社会保険料を控除します。

○「雇用保険」

「雇用保険料」も、「労働者」が自分の懐から支払う保険料は無関係です。

『従業員負担の雇用保険料の計算方法は?』(2008年1月18日)
http://www.sr-kyuyo.com/koujyo/koyouhokenryo/hokenryo_keisan.html
『[PDF] 平成 24 年度の雇用保険料率』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/dl/hokenryoritsu.pdf

蛇足ながら、「税金」「社会保険」ともに、「間違えた・知らなかった」という場合でも事業主は免責されません。できれば、「税理士」や「社労士」から俯瞰的な視点でアドバイス受けたほうが良いと思いますが、全て自分で処理するのであれば、以下のリンクなどを参考に【公的な窓口】で相談されてください。

【国税】

「給与所得の源泉徴収」を含む「源泉所得税」については、国税庁のサイトに「パンフレット・手引き」があります。

『国税庁>税について調べる>パンフレット・手引き>源泉所得税関係』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/01.htm#a-03
『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/index.htm
※税務相談はいつでも可能ですが、「2/16~3/15」は非常に混雑します。
※「地方税」はもちろん各自治体です。

【労働保険】

『厚生労働省>分野別の政策一覧>雇用・労働>労働基準>事業主の方へ>労働基準情報:事業主の方へ-労働保険について』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/zigyonushi_hoken.html
『労働基準>労働保険の適用・徴収>労働保険事務組合制度とは』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudouhoken01/kumiai-seido.html

【厚生年金・(協会けんぽ)】

『日本年金機構>事業主の方』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/individual/index.jsp?page=3
『日本年金機構>全国の相談・手続窓口』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/section/index.jsp
『健康保険(協会けんぽ)の事務と手続等』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1964
『協会けんぽとは 』
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/6,0,59.html
『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何』
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20081001/1019299/?rt=nocnt

>父は会社の社会保険ではなく、自分で国民保険、国民年金を掛け続けると言っているのですが、それでも大丈夫なのでしょうか?

いえ、「職域保険」の加入は「労働者の任意」ではありません。
あくまでも「事業主」が、監督官庁の指針に従って届出をするものです。

『職域保険(被用者保険)』
http://kotobank.jp/word/%E8%81%B7%E5%9F%9F%E4%BF%9D%E9%99%BA
『従業員を採用したときの手続き』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2027
『適用事業所と被保険者』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1962
『強制適用事業所・任意適用事業所』
http://www.otsubo-office.jp/article/13344891.html

(参考情報)

『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
『第1号被保険者』(と関連リンク)
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?id=152

『労働保険・社会保険は、社長1人の会社なら加入不要か?』
http://a-j.jp/kigyou/05.html
『会社役員は健康保険や厚生年金に加入するの?』
http://www.a-i-s.co.jp/_src/products/Outsourcing/Labor%20social%20insurance/Labor%20Social%20Insurance_2.htm
『[ワンポイント講座]非常勤役員は社会保険の加入が必要か』
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/51667498.html

-----
『国民健康保険』
http://kotobank.jp/word/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%BF%9D%E9%99%BA?dic=daijisen
(河内長野市の場合)『国民健康保険への加入など、届け出について』
http://www.city.kawachinagano.lg.jp/kakuka/kenkouzoushin/hokennenkin/gyoumu/hokumin_hoken/shikumi_kanyu/todokede/todokede.html
※どの市町村でも手続きは「ほぼ同じ」ですが、「全く同じ」ではありません。

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します

投稿日時 - 2013-01-12 22:08:18

お礼

立ち上げたばかりで、少人数であることから、自分でできることはやりたいと考えていましたが、専門家にお願いしたほうが無難なようですね。
各種窓口や専門家に問い合わせてみたいと思います。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-01-13 05:41:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-