こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ボクシングとキックボクシングのパンチについて。

当方、グローブ競技のパンチについて研究している者です。
ボクシングとキックを掛け持ちでやっています。
ボクシングジムとキックジムで教わったかんじでは、ジャブにはそこまで違いはないのですが、右ストレートがなんだか違う気がしました。
ボクシング的にはあごに当たるか当たらないかくらいで素速く戻すことで、自分の右アゴをガードするのと、相手のアゴや脳を鋭く揺らすみたいなことを言ってた気がします。
一方でキックジムではコーチもミットを打つとき、すぐ戻すのは同じですが、完全にブチ当てるかんじでした。わりと刑事もののようなぶっ飛ばすパンチのようでした。
フックに関しても、ボクシングでは予備動作は極力小さいコンパクトなパンチなのですが、キックでは右を出した後のように右肩を出した状態から、大きめの軌道でやや下からぶち込むかんじで教えてました。しかも肘をやや自分のほうに巻き込むようにと言ってたので、肘の角度が変わるのではないかと思いました。
総じてボクシングはいかに相手に悟られないようにコンパクトに強弱をつけて打つかで、キックはコンパクトというよりは蹴りもある間合いで多少大きめにぶちのめすように殴るといった印象を受けました。だとすると普通に考えて、いくら重心の置き方が違うといってもキックボクシングのパンチのほうが強く打てそうな気がするのですが、この認識は違うのでしょうか?
あとキックのパンチはどれも打った後、肩で自分のアゴを隠すというムエタイの考えを取り入れているので肩の入りやすいいいパンチになりやすいかんじがするのですが・・。
よくキックボクサーや空手家のパンチはボクサーのとは比べ物にならないといいますが、それは蹴りのような大技にばかり意識がいってて、パンチの練習をおろそかにしてる人が多いからではないでしょうか?現にキックジムでは5年以上やってて、ストレートはまあまあなのですが、フックが下手だったり、アッパーにいたっては、何だそりゃと思うような打ち方をする人も結構います。失礼ですが・・。
トップレベルだと、K1の大和哲也選手はパンチが恐ろしく強いので有名ですよね?
同じくらいの階級で彼ほどでないにしても、パンチが強いと言われてるファイターでも例えば、渡邉一久のような元プロボクサーに比べればまだまだ弱そうですよね。
ボクサーのパンチが強いというのは、パワーがあるということよりは、脳を揺らして倒すテクニックに優れているということで、パワーで打ち倒すという意味のパンチの強さではキックのほうが上なのでしょうか?
あるいはボクサーはパンチのコンビネーションで強弱や撹乱を交えて確実に倒すという意味での強さで、キックボクサーは空手の一撃必殺の考えも入っているため、一発の重さで強いということなのでしょうか?
下手くそな文章で申し訳ありませんが、詳しいかたにご教授お願いします。

投稿日時 - 2012-11-23 22:48:27

QNo.7812620

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

格闘技経験者です。打撃・柔術・護身を20年ほどの経歴です

いい質問ですね。すごく面白いです。人により様々なスタイルがあるので「基本的に」という前提を用いてお答えします。

ボクシングはパンチオンリーですのでパンチだけのきめ細かな駆け引きが要求されます。パンチだけに非常に特化してるのでココに当てる技術という物が大きく存在感を持つのです。脳を鋭く揺らすパンチはこれに分類します。ポイント制でもあるので、必ずしもハードパンチャーだけが強くなれるわけではないのですね。

キックボクシングではこのパンチテクニックに加えて、基本パンチの3倍の威力がある蹴りが使えます。これにより威力のある蹴り攻撃を生かすためのパンチというボクシングには決して無いパンチが生まれるわけです。なのでボクシングとは打ち方が少々異なるのです。ただ、蹴りは基本的にフォームが大きいので蹴りにに対応しようと「素早く出せる強いパンチ」もまた存在感を発揮するのです。パンチの一撃の強さを求めるのはここら辺が作用します。ご質問にあるパンチの威力ではキックの方が上では?というのもココに属します。

空手は流派による分裂が激しいので色んなルールが存在しますがフルコンの極真ルールでは素手による顔面攻撃禁止ですので、拳を鍛え受けた場所すら破壊するように拳自体を変えます。これはグローブを使う物には存在しない物でカチカチの拳はもはや武器と言えます。階級の幅が広く体重増があまり求められない所も破壊力に関係する所です。これもまた「質」という意味で全く違う所ですね。

競技によるパンチの威力ですが、比べようも無いことですけど・・・私が知る上では経験によるものを省いて体重・体脂肪率が同じだとどの競技も威力は同じです。人の個性による違いでしか違わないのではないかな。「人間自体にそんなに変わりは無い」ですからね。。。

競技として似た部分を持つ物なのですが「ルールにより求められる物の違いにより必要とされる物に少しだけ違いがある」ということです。ですので足らずを補う為、もしくは自分のスタイルに合わせて他競技の技術を取り入れるということを求める人が居るのです。
形に無いトリッキーな打ち方というのも、おかしいと言う捉え方もあれば、分り難いという捉え方もあるのです。私的では形にとらわれないというのは相手への撹乱という意味で戦法の一つと思っています。

投稿日時 - 2012-11-24 06:01:34

補足

蹴りありの状況、パンチオンリーの状況など、様々な状況で生きてくるパンチについて考えていこうと思います。
そのためにはもっとスパーリングや試合もこなそうと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-11-29 15:54:02

お礼

詳しいご回答ありがとうございます。
ベテランのかたの意見なので参考になります。
要は競技の特性によりけりで、体格が同じくらいだったらそれほど差はないということですね。。私はハードパンチャー型らしいのですが、様々な角度でパンチというものを追求していきたいので、空手のように手首や拳そのものを鍛えるということもしていきます。

投稿日時 - 2012-11-24 14:25:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-