こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ネット上の名誉毀損について

Aが、ある個人Bに対対する事実に基づた批判を、実名を伏字にして書き込みました。

その後、別の人物が、Bの実名を書き込みました。

Bはこのネットの書き込みを知り怒ってAを名誉毀損で訴えるといいました。

書き込み内容から、書き込み主がAと分かったとのことです。

質問ですが、AがBの個人名をネット上に書いた訳でもないのに、BはAを訴えられるのでしょうか。

ご教示ください。

投稿日時 - 2012-11-21 09:13:21

QNo.7808291

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

”AがBの個人名をネット上に書いた訳でもないのに、BはAを訴えられるのでしょうか”
     ↑
個人名を書かなくても、相手が特定できるような書き方で
あれば、名誉毀損になり得ます。

例えば、野〇総理、と書けば、これは野田総理だと判りますから
特定した、ということになります。
又、周囲のの書き込みから、特定人と判断できるような場合にも
名誉毀損になります。

要するに、伏せ字とかが問題なのではなく、相手が誰だか
判るかどうかが、ポイントになる訳です。

投稿日時 - 2012-11-21 09:52:44

お礼

ご回答ありがとうございます。成程、参考になりました。

投稿日時 - 2012-11-23 17:02:56

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

内容が判りませんが、その内容で個人が特定可能な状態であれば名誉棄損罪は成立します。

氏名を伏字にしても、特定ができる場合は問題となります。

投稿日時 - 2012-11-21 18:25:34

お礼

ご回答ありがとうございます。成程、参考になりました。

投稿日時 - 2012-11-23 17:02:36

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-