こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

崩壊寸前です。

恥ずかしい限りですが、顔が見えない・個人情報は守られると信じて質問させていただきます。
私は某国立大に通う2年生です。父・母・妹(高1)と生計を共にしており、祖父母(父方)とは同居です。
家族や人生についてこれからどうしていけばいいのかわかりません。
まず、時系列に沿って身の上話をしますのでよろしければお読みください。

・小学三年 
 父が祖父と経営していた会社をたたみました。時代のおかげもあり大分裕福な暮らしをしていたと思います。貯金もできていたそうです。やめるにあたって借金等は先祖代々の土地を売ったりして残らなかったそうです。

・小学五年  
 父は一年半に及ぶ再就職活動を終え、ある中規模会社に営業として働き始めました。それまでと違い、貯金はできなかったそうですが父のお給料の範囲内で1ヵ月家族四人が暮らしていけました。

・高校二年夏 
 私が理系の大学進学を考えていたので、父は前述の会社を退職し、保険代理業の仕事を始めました。自営時代の貯金があり、母はそのお金を半分ずつ使って妹と私の大学費用に考えていたようですが、父はこれに反対し、「貯金は家族四人で分けるべきだ。足りない分は保険の仕事なら稼げるから大丈夫」と聞かなかったそうです。
 仕事を始めるにあたって2年で私は国立大学への進学、父はファイナンシャルプランナーの資格を取得しよう、お互い頑張ろうと約束しました。

しかしこの先、父の仕事はうまくいかず、経費は自分から捻出、かつ完全歩合制だったこともあり毎月10万ほどの赤字でした。父は母に相談することもなく(母と妹とはほとんど口もきいていませんでした)自分の使えるカードから毎月10~20万抜き出して使っていました。母曰く、父はもともと甘やかされて育っていたのでこんな危機に自らの力で立ち向かったこともない人だそうです。問い詰めることはできたが、そんなことをしたら自殺してしまうかもしれないと思いそんなに強くはいえなかったそうです。
私は何度も大学進学を諦めようとしましたが、当時通っていた高校が進学校であったこと、自分にやりたい勉強があったことを踏まえるとどうしても踏ん切りがつきませんでした。

・大学一年
 私は約束通り国立大学に進学しました。本当は下宿が必要な大学でいきたい学部学科がありましたが、妹もいることもあり経済状況を考え諦めました。当初は薬学系を目指していましたが、それも母に頼みこまれ諦めました。しかし、今の学部で薬学に関する勉強もできるので納得しています。学費は奨学金を借りて払っています。今は成績上位にいますので学費免除で勉強しています。

・現在
 父が保険の仕事を始めてから使ったお金は1000万近くになります。利益はほとんどありません。この5年で母にはストレスから円形脱毛ができたときもありました。いまはほとんど祖父母の援助でかろうじて暮らしています。私も本当に微力ですがアルバイトをして支えています。
 そんな父は10月で保険代理業を辞めました。収入は0ですが、毎月使っていた10万はなくなると思われます。再就職の見込みはほとんど立っていません。

 ここ2年はほとんど家族らしいことをしていませんが、私はしょうがないと思っています。しかしながら、母はパニック障害を引き起こしたりするのでこれ以上心労をかけたくありません。病院にも連れて行きたいですが、現在保険証がないので、高額な医療費のことを考えると易々と病院というわけにはいきません。また、妹の大学進学もあります。彼女は私よりずっと頭の回転が速いので、ちゃんと大学で勉強してほしいと思っています。私は今、大学院進学か就職かで迷っています。勉強したいことがまだあります。しかし状況を考えると就職すべきかもしれません。進学の場合は現在学費免除になっているので、その分の奨学金と自分の貯金で賄うつもりです。

何よりも、この先どうすればいいかわかりません。母は離婚を考え、今までのパートだけでは足りないと転職準備を進めています。(転職はほぼ決定のようです。)10月に父が辞めた当初は「私がしっかりしなきゃ、家族を支えなきゃ」と気丈にできていましたが、最近、不審者(ストーカーの寸前のような)被害に遭っていることも重なって、限界にきています。自分でも思ってもいないうちに涙を流していたりしています。コントロールできていないのが怖いです。
なにから対処したらいいかわかりません。私が家族のためにできることはなんでしょう。

何か、人生のアドバイスがあればご教授ください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-11-19 16:15:31

QNo.7805576

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

No.4です。ご回答が遅れました。
「家族会議をみんなでしなければいけないか?」という事ですが、やはり全員で行うのが理想的です。
しかしながら妹様が大学進学を辞退されるなど、負の影響の懸念されるのであれば、今まで通り3人で行っても良いかと思います。
ここら辺は柔軟に考慮し、最善の形態でお話をされればと思います。
お父様がキーになってくるかと思うのですが、おそらく美学の話なのかなと感じております。
お父様はおそらく、「ビジネスを成功させ高収入を得る男」をかっこいい(もしくはあるべき姿)と思われているのかもしれません。その結果、4yalsestさんも含めて家族に大変な苦労をかけているのですが、この部分については、男の美学にとらわれるあまりに、見えていないのだと感じます。
可能であれば、この理想像を「家族を思い、地道に努力する男」などに、お父様の男の美学を少し変化させたいところです。
すぐに効果は出なくても良いのですが、お父様が頭に描いている理想像を変化させる妙案はありますでしょうか。「保険の仕事で大きなお金を得るのも良いけど、家族を思い収入は少なくても地道に努力するお父さんはかっこいいと思うよ」などとストレートに伝えても良いかと思います。
うまくご説明できたかわかりませんが、お父様の頭の中で描かれている理想像の結果が今の状態であり、この理想像を変化させないと、今まで通りこの場に及んでも保険の仕事に思いを馳せるなど、この先もあまり変化がないと感じております。

投稿日時 - 2012-12-11 19:26:14

ANo.5

こんにちは。

おばちゃんです。

今に目を向けると、とても進学なんて出来る状況じゃないと思われるかも知れませんが、理系は院卒がほとんどだし、院生になると、講義や研究会・勉強会などで、ノーベル賞級の優秀な研究者と触れ合えることもあり、そういった経験やコネクションが一生の糧になるので、ロングランで考えて、進学される方がよいのではないかと思います。

案ずるより産むが易しで、私の頃でも、大学院の第一種奨学金は前期で10万程度、後期になると15万程度あったので、贅沢は出来ませんが、それで十分、生活出来ますし、後期博士になって、学術振興会の研究員とかになれれば、無償で20万程度の収入が得られます。

蛇足ですが、私は、前期博士2年のときに、実家の経済状況が思わしくなくなり、実母と兄弟に実家から追い出されましたが、めげずに後期博士に進学。今も元気に頑張ってます!

今は大変でしょうが、これからいいこと、一杯ありますよ。

楽しい将来をイメージして、どうか、頑張ってください!!

最後になりましたが、どうか、妹さんの人生が立ち行くよう、フォローしてあげてください。

陰ながらご質問者様とご家族のご多幸を心からお祈りしています。

投稿日時 - 2012-11-23 12:02:00

お礼

ご回答ありがとうございます。

そうですね。大学に入って、師事している教授に色々な職種の人や社長さんを紹介してもらったりして、専門知識を増やす以上に人との出会いの大切さを身に染みて感じます。院の奨学金制度や優秀生に贈られる免除制度もあるので、視野に入れて来年の就活開始までの1年間じっくり考えてみようと思います。
希望は薄いですが、その時には家計状況も変わっているかもしれませんしね。

ご回答を見て少し前向きな気持ちになれてきました。
私なりに家族を支えてやっていってみようと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-11-28 00:10:24

ANo.4

ここは踏ん張り時ですね。家族の危機に4yalsestがどう対応できるかというのはとても重要です。
まず対応しなければ行けないのは、家族の団結を取り戻す事です。
お父様は確かに保険業に転職され、失敗しました。ただ、転職された思いは、「もっと高収入の仕事に」と家族を思われての事だったと思います。この点で、まだやり直せる重要な点が残っています。
お母様はかなりの苦労をされた事は確かです。ただ、離婚は資源の分散(例えば別居した際に家賃が発生するなど)は、更なる財政負担を発生させます。また、財政面だけでなく精神面や生産性でも家族が団結して対応して行く事が大変重要であり、分散させては行けません。お父様からなんとかお母様への謝りの言葉を取り付け、なんとかやり直したいところです。
ここは、4yalsestさんが、リードを取る時です。家族を集め、現在の状況を素直に話しましょう。「全員で話したい事がある」と全員を集め「今はこのような状態で、危機的な状況である。全員の将来に関わる事なので、全員でなんとか切り抜けたい」と切り出すのです。
家族の団結が戻せれば、大きな仕事は終わりです。
次に対応すべきは、財政の問題です。「勉強したい」という素直な思いの他に、生涯所得の観点があります。大学院への進学が生涯所得に大きく影響する場合は、なんとか進学したいものです。妹さんももし大学に行く事で大手企業に就職できるなど、生涯所得に大きく影響するのであれば、大学に行っておきたいところです。
財政の問題は、奨学金や行政からの支援など、いろいろな方法があると思いますので、相談できる場所に相談されることがよろしいと思います。上記の家族の団結が戻せていれば、財政面についてはいろいろ対応が可能かと思います。
確かに4yalsestさんが悩まれているように、重要な局面かと思います。将来の所得にも影響が出てくる事かと思いますので、あきらめず対応してください。また、世代交代として4yalsestさんが家族のリードをし始める時期かと思います。4yalsestさんが、リードをし始め頼りになる存在になれば、お母様も気が楽になってくるかと思います。

投稿日時 - 2012-11-21 00:33:02

お礼

ご回答ありがとうございます。適切なお言葉ばかりでとても参考になります。

家族会議…とはいきませんが、何度か話し合いも設けてきました。(妹が高1といえどまだ小さく、最近身近なお友達が亡くなったりと大変でしたので、父母私の3人で話し合いしていました。)その度に、問い詰める母とそれをのらりくらりとかわす父とで進展があるようには思えませんが…
やはり家族全員でというのが重要でしょうか。

生涯所得への引っ掛かりがあり大学院を諦めきれていないのも事実です。今のこの状況を見る限り、両親に十分な貯蓄があるとは思えないので、将来の両親の生活費も長女として面倒みてあげたいです。学部卒の就職先と大学院卒の就職先では格段に差がありますので悩みどころです。
妹も高校入学時にランクを一つ落として入学していますので、無利子の奨学金をとって国立大を目指しています。私と同様に予備校には行けないと思うので、精一杯のサポートをしてあげようと思います。

家族の団結について今一度考えてみようと思います。まだまだ道のりは長いと思いますが、頑張ろうと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-11-28 00:04:20

ANo.3

こんばんは。就職しかないでしょう。

大学院に二年間行けば、つまり二年間働かないわけですよね。年収が350万円程度であれば、700万円ほど違う。

大学院に行かなくても、ハンデにならない就職先はいくらでもあります。
しっかり働けば、認めてもらえるところを選びましょう。

あなたも、その経済状態で大学院まで持つとは思ってないでしょう。
保険証もないなら、中退するかどうかの瀬戸際ですよ。

妹のために、就職するしかないでしょう。

私も経済的な理由で大学院には行きませんでした。

私も奨学金を借り、夜9時から朝5時まで働きながら、学びました。朝と夕に仮眠を取りました。

就職したとき、夏と冬のボーナスは妹のために使いました。

私の会社の同期も国立大を新聞配達しながら、6年で卒業しました。

あなたは、置かれた状況を嘆いていないで、必死で勉学し、働いてください。

妹と一緒に乗り越えれば、あなたは生涯の宝を、味方を得ることでしょう。

頑張ってください。あなたにはそれだけの力があると思います。

そうそう、保険証はなくても、市役所に電話して聞きましょう。

国民健康保険を滞納して、保険証を返納してるだけでは?
一時的になんとかなるのでは?

投稿日時 - 2012-11-19 21:11:33

お礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね、私はまだまだ甘えていただけなのかもしれません。

しかし、大学院に進学せずに700万を取るのと、大学院を卒業して得られることのできる生涯年給を比べてしまいます。大学の就職状況を見ても、院に進学したほうがより大手企業であり、お給料も変わってくるのではないかと思います。

今二つアルバイトを掛け持ちしていますが、もともと体が丈夫でなく、生きていることが不思議とも言われていますので、あまり無理はできないです。しかし、おっしゃられていることもごもっともで、今はやるしかありませんよね。今さら父には期待できませんので、私なりにできることを頑張ってみようと思います。

保険料を滞納しているわけではないようです。ただ、役所に国民保険への切り替えを申請しなければいけないようです。ただ、いまだ父はしてきてくれないので、世帯主でなくてもできるのか、未成年でもできるのか問い合わせてみようと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-11-27 23:44:52

ANo.2

薬学系も勉強できるということなので、理学を勉強しているのかな?
 国公立で理学だと7割以上が大学院に進学するのではないでしょうか?
 国公立の大学院にも学費減免措置は有ると思います。
  
  http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/t20010328001/t20010328001.html
 
 妹さんも、自宅から通える国公立に進学できれば、同じように学費免除も受けられます。

 第二種の奨学金は、有利子ですが、住む家があるのであれば、奨学金を生活費にあて、大学・大学院を卒業することも無理ではありません。

 まずは、お母様が不審者被害にあっていることをどうにかしないといけないと思います。
 警察に相談し、きちんと対応をしましょう。
 お母様の昨年の収入が200万程度で、お父様が収入ゼロなのであれば、国民健康保険料も減免があると思いますよ。
 役所関係の手続きは、きちんとこちらからしなければ、減免などもありません。

 それから、お母様の年金の免除申請をすること。
 健康保険料が支払えない状態なのであれば、年金も納めていないと思われます。

 住まいが祖父母さまの名義や賃貸であるのであれば、公営住宅に申し込むこと。
 
 貴方や妹さんの授業料の負担がないのであれば、公営住宅に転居できれば、月額15万~20万あれば、生活できると思いますよ。
 我が家の子供たちも、週3ぐらいの個別塾の塾講で、月額5万弱は収入を得ています。
 お母様が月額10万、貴方達がそれぞれ1~2万、奨学金からの借り入れで生活できると思います。

 現在のお母様は、頼る相手がいなくて不安なのだろうと思います。
 2年生ということは、貴方も20歳になるのです。

 ちょっとカッコつけて、「俺がいるのだから、心配するなよ」と言ってあげれば、ずっとお母様の気持ちも軽くなると思います。
 なぜか・・母親はいつまでも自分の子供が小さいような錯覚をおこし、なにもかも自分ががんばらなくてはと思って、返ってつぶれてしまうのです。

 お父様はいないものとして、生活設計をして見ましょう。
 母子家庭でも子供が大学・大学院に進学している人はたくさんいます。
 
 大学はきちんと卒業しましょう。
 絶対に中退は考えてはいけません。

 2年がんばれるのであれば、きっと大学院の2年も見えてくると思います。
 妹さんの勉強は、貴方がしっかりと見てあげること(それだけでも予備校代が助かる)
 
 貴方の考えられる範囲でよいから、これからの生活をどうして行こうか考えお母様に提案してみてください。
 先が見えないほど人は不安になります。
 お金の不安が小さくなれば、お母様も将来を考えられるようになります。

 強いて言えば、今後、お父様が内緒で借金した場合に、保証人などにならないように気をつけること。 自分達の貯金・現金はきちんと管理すること。

 大丈夫。
 大丈夫って、ゆっくり10回唱えて見てください。
 意外と気持ちが落ち着きますよ。
 

投稿日時 - 2012-11-19 19:39:01

お礼

ご回答ありがとうございます。「大丈夫」という言葉の威力はすごいですね。涙が止まりませんでした。

始めに訂正させていただきますが、不審者被害を受けていたのは母ではなく私です。分かりずらい文章で申し訳ありませんでした。母は大丈夫です。

やはり私の所属する学部でも6割以上が大学院に進学します。そして、大学院入学時に成績優秀だと返還不要の奨学金が得られるようです。

住まいはまだ祖父母が健在ですので、同居しています。ですが、手続き上、紙面上では生計は別になっています。そういう点で家賃光熱費等は一切支払っていません。祖父母は偉大ですね…


お金で人が変わってしまうことを身に染みて感じました。まずは私がしっかりしなければと思います。回答者様の言っている通り、20歳という節目を迎えますので、家族を支えていきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-11-27 23:35:18

ANo.1

こんにちは。

大学2年生で、ご家庭のことで心を痛めておられて・・・大変お気の毒です。
大学も、家計のことを考えて、薬学部を断念したり
国立大学に進学されたりと。。。よく頑張っておられますね!!
理系の私学はお金がかかりますからね。本当に偉いと思います。

お父様。お仕事うまくいっていないんですね。
お父様のご年齢から、再就職は厳しいという感じなんですね。
でも、職種さえ選ばなければ、何でもできると思いますよ。
ただお父様がそれをイエスというかどうかですが・・・
家が破たんしかけているなら、仕事選んでいる場合じゃないですよね。

お母様ですが、心労が重なって体調もおかしくなってこられているようで心配です。
病院にかかりたいが保険証がないってことですが
国民健康保険も入っておられないのでしょうか。
月々掛け金がかかりますが、保険なしで自費で診療を受けるよりはいいんじゃないでしょうか。
掛け金もばかになりませんが・・・お母様にご相談くださいね。

あなたは、学校をやめるべきではありません。
せっかく入った国立大学!
しかも成績優秀で授業料免除されているんでしょう?
頑張って卒業目指してください。

また薬剤師、私もあこがれです。ただし大人になっていいなと気づきました。
私も理系でしたが、自分の好きな学問を専攻しました。
薬剤師の免許があれば、結婚しても高給でバイトもできるのにな・・って
今は思いますが、もし根性さえあれば、自分が稼げるようになってから
薬学部に編入ということも可能かもしれません。
ただし、これはどうすればいいかわかりませんので、大学の先生で信頼できる先生に
相談されてもいいかもしれません。

まずは今の生活ですよね。
お母さんを支えてあげてください。
お父さんのことは、仕方がない。好き好んで無職になってるわけじゃないと思います。
信じて、踏ん張ってほしいと思います。

頑張ってください!!
今は苦しくとも、きっと明るい明日が見えてくると思います。

投稿日時 - 2012-11-19 17:14:25

お礼

ご回答ありがとうございます。

父に関しては私も仕事を選ばずなんでも貪欲にやってほしいと思いますが、こういうところでプライドが高く、この期に及んで保険の仕事が好きだと言っており困っています。
私はまだ社会人として働いたことがないので大きなことは言えませんが、好き嫌いで仕事を選ぶというのはどうなんでしょう。ほんとうに好きなことを仕事にしている人は少ないのではないかと思ってしまいます。

国民保険には加入していると思います。ただ、父が退職した関係で前の仕事先に保険証を提出しなければならず、今現在「保険証が手元にない」という状態です。もちろん、役所に届ければ国民保険の保険証を発行していただけると思いますが、母はそこまでできる余裕がないですし、父に催促してもいつまで経っても役所に行こうとしません。

私も大学はやめたくないです。ほんとうに苦労して、歯を食いしばって努力して入った大学ですから、それを無駄にはしたくないと思えてきました。


少しずつですが、私も家族も前進していければと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-11-27 23:16:16

あなたにオススメの質問