こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

残りの人生生きていく理由が見出せません、どうすれば

こんにちは。

閲覧して頂いた方有難うございます。

自分は、現在アラフォーの独身の男です。

皆様にお聞きしたいのは、自分が30歳前半の時に当時働いていた会社で、同僚が鬱病になりまして急遽退社する事になりまして、その後任に自分が担当をしていた仕事もしながら配置転換で後任者になりました。

当然仕事量が異常に増えまして、最初の内は無我夢中で仕事をこなしてましたが、その内段々限界が来て、体調に異変が現れるようになりました。

しばらくは病院に行く時間もなく、ほっておいたのですが余りにもひどくなって来たので内科の方で色々検査をして貰ったのですが、特にこれと言った異常はないと診断されました。

それで当時少なかった心療内科を探して、行った所医師より立派な病気だと言われ重度の鬱病と診断され、何故こんな状態になるまでほっておいたと叱られました。

その日から治療が始まり、会社の方も退職をして自宅療養をしていたのですが1年たっても全く良くなる気配がなかったので、別の病院に変わりました。

結局今の病院は4件目になります(調子が、心身ともに少し良くなった思うとパートやバイトに行ったりしていましたが、どうしても公休日以外に休む日が多くなってしまい周りの人達に迷惑を掛けてしまう事になるので結果的に辞める事になってしまってました)。

前置きが長くなってしまいましたが、現在通っている病院に変わってから病名が鬱病から双極性障害II型に変わりました。
そして今は、医師の方から仕事の方はドクターストップがかかっており、通院と自宅療養をしている状態です。

医師からは、この病気は完治と言うものがない、寛解(症状が落ち着いた状態)が完治に当たると言われました。

これからの自分の残りの人生を考えると、生きていく意味がないなと思いました。
病気は、なかなか寛解までいかない、心身の状態はその日起きてからでないと分からないし、ドクターストップもかかっている状態なので仕事にも行けない、従って収入がないので生きていけない(例え障害年金を貰えてもそれだけでは、生活が出来ないし自分的には生活保護を受けてまで生きていたくはないので…)。

自分は、若い頃から自分の家庭を持つ事が夢だったんです(自分は、家族愛と言うものに全く恵まれなかったので…)。
しかしこんな状態の男に家庭を持つ事自体資格もありません、と言うかこんな男に奥さんを貰うと言う事すら甘い考えですから(まず、こういう状況の男の所に奥さんとしてきてくれる女性がいる訳がないでしょうから…)。

この年齢で仕事はしていない、自分の家庭もないではこれからの人生、生きていく価値が見出せません。

正直頭が混乱していていて、どうしたらいいか分からない状態です。

自分は、これから先の人生何を見て生きていけばいいのでしょうか?

閲覧して頂いた方、長文で誠に申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2012-11-11 16:09:13

QNo.7792506

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは、アラカンのうつ病患者です。

私の経験から、貴方が今行うべきことは、休養と投薬、状況に応じてカウンセリングです。せっかく、症状が安定しても、悪化することも多いので治療に専念することです。

将来の生活設計は、症状悪化の原因にもなりますので、もっと症状が安定してから、考えたほうがよいでしょう。
それで、十分に間に合います。

私は、家族持ちなので、収入の問題は貴方よりシビアでした。主治医に相談しても、就職はNG、休めのいってんばりで、妻にも迷惑をかけました。

そこで、健保組合の傷病手当金や労災の認可を受けて、細々とやっています。また、障害が残った場合は、障害年金、障碍者手帳、障碍者医療費一割負担も検討しました。お互い、病気になるまでお国のために働いたのですから、ピンチの時にセーフティネットを使うことは問題ないと思いますし、私があなたの立場だったら、生活保護の申請をするでしょう。元気になったら、その分がっばって恩返しすればいいことです。

貴方の今やるべきことは、とにかく、治療に専念することです。

後のことは、症状が安定してから考えましょうよ。私もそうしてきました。

一日も早い回復を祈念いたします。

投稿日時 - 2012-11-12 09:32:17

お礼

御回答有難うございます。

御礼の方が遅くなってしまい申し訳ありません。

人生の先輩からの回答有難いです。

ikug様は、自分より確かに大変な状況なんですよね。
自分は、自分の事だけを考えていればいい事ですが、ikug様は、御家族の事も考えなければいけないんですからね。

生活保護の問題は、自分が今回こういう病気になった事で、周りの人達から甘えてる怠けてるなどの言葉を言われ続け、顔を合わせたら仕事にまだ行ってないのか?などと言われるので生活保護を受けてまで生きていたくないんですよね。

そして、そういう事を言ってきた人達を黙らせる為にも、自分で働いて稼いで生活をしたいんです。

今はとにかく、ikug様の仰る通り治療に専念するようにしたいと思います。
そして先の事は、寛解の状態が来たら考えたいと思います。

先の回答者の回答を見て、やはりそういう考え方をする人もいる事が改めて分かりました。
その回答を見て、やはり自分は生きていても仕方がない人間なんだ、誰からも必要とされていない人間なんだと思いました。

ただ現状は、貯金を切り崩して生活をしている状態なので、いずれ貯金も底をつくでしょうから、その時は孤独死でいいと思っています。

でもikug様の最後のikug様自身の事だけでも大変なのに、自分の回復を願って頂いた御言葉すごく嬉しかったです。

どうかikug様も、1日も早い回復されることを祈ってます。
どうも有難うございました。

投稿日時 - 2012-11-13 16:36:54

ANo.8

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

「お礼」を読みました。

だれからも必要とされない人間?

私は、子供が生まれた時の事を覚えています。一番上のこの生まれた時は、嬉しくて足を捻挫してしまいました。あの時この時の仕草や病気の時に心配したこと、楽しかった家族旅行など色々な思い出が浮かび上がり、胸が締め付けられます。貴方もその時の記憶があるでしょう。貴方は一人ではありません。必要な人なのです。

今回、貴方の悩みに対して、見知らぬ多くの人が意見を寄せ合いました。みんな心配しています。人間は一人では弱い存在だと思います。力を合わせていきましょう。

またご連絡ください。

投稿日時 - 2012-11-13 20:58:52

お礼

こんばんは。

御礼を読んで頂き、さらに再度回答を頂き有難うございます。

自分は、結婚をしていないのでそう言う喜びは経験をした事がありません。
自分は、とにかく自分の家庭を持つ事が夢だったので(特に子供が好きと言う事もあり)もう叶う事はないのかと思うと寂しさばかりが込み上げてきます。

そうですよね、確かに全く見ず知らずの自分に真剣に回答を下さった方がいた事は、すごく有り難かったと思います。

それから、一つ言っておきたい事があったのですが、自分は家族愛に恵まれなかったものですから、人に優しい言葉を掛けられると、今の病気になる前でも人をすぐに信じていました。
自分は、今まで生まれてから1度も家族で旅行になんか行った事はありませんし、父親に遊んで貰った経験なんて皆無に近いです。

話は変わりますが、昨日病院の方に定期診察に行ってきたんですが、これから先寛解をして働きに行くことは出来るのでしょうか?と質問をしたところ、五分五分だと言われました。

それを聞いた瞬間、もうどうでもよくなりました。
この事に関しての質問は、昨日していますので良ければ見て頂ければ有り難いです。

ikug様、本当に自分自身の事を顧みず、自分にわざわざ2回も回答をして下さり有り難うございました。

投稿日時 - 2012-11-15 20:24:22

ANo.7

そうですね、少々あらっぽい書き方かもしれませんが、うつ病や双極性障害などで落ち込んではいけません。世の中もっと悲惨な人=病気持ちの人がいます。

筋萎縮症、パーキンソン病、末期がんの痛みとか難病を抱えている人は何十万といますよ。

中でも筋萎縮症の方はベッドで寝たきりの生活を10年されていて、どこも動かないので、頬にセンサをつけてそれをパソコンにつないで、意思疎通をしているようでした。歩くことすらできないんです。

まだ質問者はラッキーです。寛解状態になればなんでもできるではありませんか。

自分にはこんなことしか言えませんが、そんな安価な病気であきらめるなんて虫がよすぎます。もっと前向きに、金銭面は市の保健所などで相談してみて、まだ40代で病気もひとつの経験ととらえて、病気からもいろいろ教わることがある、という風に(難しいでしょうが)、心の持ち方を切り替えてみたらどうでしょう?

毎日が、ありがたく思えますよ。気分の悪いときは休んで、調子がよくなれば、好きなことをしてやり過ごしていけばこの病気は寛解します。長い人生をちょっと休憩しているんだ、くらいに気楽に構えて下さい。

投稿日時 - 2012-11-11 20:58:23

お礼

御回答有難うございます。

御礼の方が遅くなってしまい申し訳ありません。

申し訳ありませんが、自分より大変な病気で苦しんでおられる事は分かっています。
しかし、そういう人達と比べられるともう何も言えなくなってしまいます。

自分は、確かにそう言う深刻な病気の人と比べたらラッキーかもしれませんが、健常者の人を見たら何故自分は一生懸命働いた結果こう言う病気になったのに、ラッキーだと思う事が出来るでしょうか?

回答者様は、重篤な病気でも患っていらっしゃるんでしょうか?

自分は、病気の事で話をしているのにラッキーと言う言葉を使うのはどうかなあと思います。

>安価な病気で諦めるなんて虫が良すぎます。
病気で、安価も高価もないんじゃないでしょうか?
自分が、今の病気になって諦めてしまう事は虫が良しすぎるんですか?

だったら生きている資格はありませんね。

投稿日時 - 2012-11-13 16:06:15

どんなにつまらないことと思われることでもできることを丁寧にやってみたらどうでしょうか。おそらくできないこととできることの区別がつかなくなっているのだと思います。その結果できることまでできないこと思うようになった結果、何もできなくなるのは当然だと思います。もう一度できることをやってみたらよいと思います。

投稿日時 - 2012-11-11 20:24:32

お礼

御回答有難うございます。

御礼の方が遅くなってしまい申し訳ありません。

そうですね、余裕が出てきたら自分が出来そうなことを探していきたいと思います。

投稿日時 - 2012-11-13 15:48:51

生活保護を受けたくないと思っていらっしゃるようですが、あなたはいままで社会に立派に貢献してきたので病気などで困った時は受けるべきです。生活の立て直しはゆっくりと立て直す構えでいいと思います。お仕事も凄まじい労働条件だったのでしょうね。頑張りすぎたと推測します。今精神的にもあまり調子は良くないので切望的な考え方に陥りやすいかと思います。寛解の理念として、寛解の状態が長く続けばまた働けるようになるのかと思います。そのために、社会復帰のブランク対策として、体力維持とPCを何でも構いません。調子のよい時に触る用にしていてはいかがでしょうか。また現代社会においては、鬱を発症して離職せざるを得ない方は増えてきています。そして結婚を望む方も沢山いらっしゃいます。鬱を患ったから結婚を諦める時代でもないと感じます。同じ悩みを抱え悩む異性もまた存在するのです。調子が優れない時は人生の休暇と捉えてみてください。あなたにも寛解の時が訪れます。何もかも失った訳ではないんです。疲れたら休まなきゃならない時間もあります。焦らない事が寛解への近道です。そしてどうどうと胸を張っていて。今のあなたは悪くはないんです。

投稿日時 - 2012-11-11 20:17:22

お礼

再度の御回答有難うございます。

確かに、仕事が原因で精神的疾患を患って、離職をされている方が多くなったと言うのは分かってはいるんですが、健常者の人から見ればまだまだそういう事に関しては、理解されている方が多くなく、それどころか差別や偏見的な言葉や行動をとる健常者の人も多いのも現実です。

家族でさえもなかなか理解して貰えないです。

ゆっくり休みたい、焦らない本当にそうしたいですが周りの理解がないと難しいのが現実です。

正直な話、自分には居場所がないんです。

投稿日時 - 2012-11-13 15:45:21

生活保護を受けまで生きたくないといっておられますが、あなたは今まで社会に立派に貢献してきたのですから病気になりどうしよう時は受けるべきです。生活の基盤はゆっくりと立て直す構えでいいと思います。今精神科にかかる方は増えていて、同じような悩みを抱えている方も沢山いらっしゃいます。お仕事にしても、結婚にしても鬱で離職したからといってあきらめる時代でもありません。悩みが同じ異性も存在します。そして、寛解の考え方ですが、寛解の状態を保てる時期がくると、絶望的な考え方もまた変わっていきます。どうか御自分を責めずに人生の休暇と捉えてみてください。あなたのいた会社では凄まじい労働条件だったのでしょうね。その思いや出来事に一生懸命向き合った自分はどうぞ誇りに思っていてください。必ず回復する時期を信じてゆったりと過ごしましょうよ。頑張ってきたんです。そして、これからもゆっくりと頑張りませんか?諦めなくてもいいんですよ。

投稿日時 - 2012-11-11 19:46:27

お礼

御回答有難うございます。

御礼の方が遅くなってしまい申し訳ありません。

自分が働いていた労働環境や労働条件は、良いとは言えないとは思いましたがまだまだ他の会社では、もっと過酷な労働をされている人がいるのが分かっていましたから、自分の限界を超えているのに気付かず頑張ってしまいました。

のちに、自分の後任者が同じく鬱病で退職をして、その後の後任者がノイローゼになって自殺したと、当時の取引先の人で交流のあった人から聞きました。

周りの人達は詳しい事は一切知らないので甘えている、怠けているとかひどい言葉ばかりかけられます。
最初は事情を説明してましたが、なかなか理解をして貰えないので周りにいた人達が段々自分から離れていきました。

自分の事は誇りに思えませんが、頑張ると言う事だけは辞めようかなと思います。

今はただ寿命が来るまで生きるだけです。

投稿日時 - 2012-11-13 15:34:08

ANo.3

30代に働きすぎがきっかけになり双極2型と診断されるというのはよくある話です.最初はうつで後にこの病名になるケースが非常に増えています.

仕事を辞めてしまったのが残念ですが,今となっては仕方ありません.

質問者様は悲観的なことを次々に考えすぎているような気がします.うつ症状ですか.

その前にやることがあると思います.まず,病気を受け入れ,治療を最適化すること.

実はこの病気はうつ病と非常に間違われやすく,症状も調子のいい時は仕事がよくできているように感じるので,何の問題もないと判断する人が多いのです.その結果,治療がうまくいっていないことがあります.転院を繰り返すと,症状や経過の説明から始めなければならず,いつまでたっても最適処方にたどり着かないことがあります.この病気にかかっても,全く仕事を休まず,仕事も標準以上にこなしている人はたくさんいます.そういう人は,治療の最適化に成功している人です.

どうやったら治療を最適化できるか.やはり,信頼できる医師に症状を報告し,最適な処方にたどり着くことです.もちろん,一進一退がありますが,ひとたび安定すればいわゆる完解にいたることも多いのです.そうなれば,普通に結婚し,家庭を築くことも普通にできますし,現にそれを実現している人もたくさんいます.

質問者様の文面は結論しかも否定的な結論を少し急いで出しているように思います.このような否定的な考えがでるのは,治療がうまくいっていないからだとは思いませんか.

だから,規則正しい生活や早朝ウォーキングなどをして,身体もすっきりして,とにかく治療をきちんと行いましょう.

投稿日時 - 2012-11-11 18:22:35

お礼

御回答有難うございます。

御礼の方遅くなってしまい申し訳ありません。

通院していた病院を変えてきたのは、今の医師に掛かるまでの医師がもうお手上げと言って白旗を挙げた為仕方なく、今の医師に診て貰うようになって初めて双極性障害II型と言う病名が付きました。

それから、振り返ってみると段々不規則な生活をしつつある事に気付きました。
これだけは、規則正しい生活をしていくように心掛けていきたいと思います。

しかし、自分の場合自律神経失調症も併発しているため、体調が悪い日が殆どなのでなかなか体を動かすのは難しい部分があります。

とにかく少しずつ順番に前に進んでいくようにしたいと思います。

投稿日時 - 2012-11-13 15:15:39

将来を見通したライフデザインは大切ですが、
先を見据えた暮らしのことは、
精神的な病気ではない人にも難しいことですので、
無理せずに、その日、そのとき可能なことで、
暮らしを充実させるようにしませんか。

地震が来るかもしれない
津波が来るかもしれない
竜巻が起きるかもしれない
放火された火事で類焼するかもしれない
急に重篤な病気になるかもしれない
無謀運転に巻き込まれて重度の中途障害者になるかもしれない
飛行機が落下してくるかもしれない
食中毒になるかもしれない
感染症に伝染するかもしれない
などなど、私は、
考えても仕方がないことは
考えないようにしています。

何かしら、趣味や特技で
社会貢献、地域貢献を考えませんか。
ちょっとしたことでも
継続して周りをハッピーにしていれば、
質問者さまに
いいことが起きるようになりますよ。

被害者意識、被害妄想、偏執的自己愛、
承認欲求、期待心、依存心、依頼心、
恨み、不満、怒り、自己中心主義などが
あるようでしたら、お早めに、
消滅させましょう。

お大事に!

投稿日時 - 2012-11-11 18:08:31

お礼

御回答有難うございます。

御礼の方が遅くなってしまい申し訳ありません。

そうですね、社会貢献や地域貢献なども良い事だとは思うのですが、今の自分の状態では自分自身の事でいっぱいいっぱいでそこまで考える余裕がない状況です。

でも確かに、自分の中で期待心、依存心、不満、怒りはあります。

今まで何かあっても、苦しい事や辛い事があっても自分の中で消化してきましたから、これからは自分で限界が来たなと感じた時には、周りの信頼のおける人に話をしていこうとは思っています。

でも、信頼できる人がいないんですよね…。
そこが辛いところです。

最後に自分の病気に対しての優しいお言葉嬉しかったです。

投稿日時 - 2012-11-13 15:01:14

ANo.1

願いが叶うか、叶わないかは、今後ですよね。

うつは自然治癒ということは、ご存知でしょうが、今は無理は禁物です。

考えすぎなんか、もっとよくないですよ。

家族を背負ってのうつの方も結構います。
自分だけでなく、家族も巻き込むことと考えれば、失礼ですが、貴方は独り身として、ご自身だけの生活だけに先ず重点を置くことです。

漠然とでも目標を持つことは良いことですが、今は、うつ寛解の為に、精神の休息と生活できる最低限の収入の確保だけを考え、少しずつでも良い方向へ進められるよう、ご自愛下さい。

焦りも禁物ですよ、
その後については、その後に考えれば良いということです。

投稿日時 - 2012-11-11 16:37:06

お礼

御回答有難うございます。

御礼の方が遅くなってしまい申し訳ありません。

確かに仰られる通りだと思います。
今は、先の事を考える時ではなくまず寛解の状態に持っていく事が1番にする事ですよね。

焦りは禁物だと言う事は頭の中では、理解しているつもりなのですがどうしても年齢の事を考えると焦ってしまう自分がいるんですよね。

自分の事を心配して頂いたお言葉嬉しかったです。

投稿日時 - 2012-11-13 14:35:43

あなたにオススメの質問