こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

英語習得について

 英語を勉強しようと考えています。高校までの英語も得意ではなく、それからというもの全く英語とは無縁の生活です。今は、結婚して子供もいます。
今、TVでよく見る「スピードラー*ング」に挑戦しようかと思ってみたり、本屋さんに行けば、英語習得に関する本も、溢れるほどあります。
目標は、英語が堪能までとは言わなくとも、多少 相手の言っていることが分かり、こちらも ある程度、話せる。という所まで出来ればいいな。と思っています。英会話教室に行っても、週1回、1時間のレッスンで、日本語だらけの生活の中で、果たして成果があるのか・・・。という思いもあります。多読・多聴やシャドーイングする方法もあるようですが、単語の意味も分からず、ひたすら英語の物語などを読んでいけば効果が出てくるのでしょうか?
何を どのようにすれば1番いいのか分からずにいます。 よければアドバイスいただけないでしょうか?
 よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2012-09-22 01:16:51

QNo.7710533

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

TAYMAR6さん、はじめまして。

たしかに、本屋にしてもネット上にしても情報は溢れんばかりですよね。どれが本当に良いものなのか、なかなか判断がつきにくいかと思います。

目標と現在のご自身のレベルを吟味して、ちょうど良いものから始めるべきかと思います。個人的には、現在のレベルより少しだけ上のモノがちょうど良いと思います。

TAYMAR6さんが楽しく確実に、英語をマスターすることができるように、かげながら応援しています!

投稿日時 - 2014-01-28 19:25:39

英語学習者のSNSとオンライン英語学習教材が無料でできるサイトもあります。

http://myberry.jp/

マイベリーという名前で新しいサービスなのでお試ししてみてはいかがでしょう?

サービス概要動画を添付しましたので、よろしかったらどうぞ。

投稿日時 - 2013-06-04 17:16:42

ANo.8

No.5です。
> NHKのラジオの語学番組のいくつかは、
> 『NHKラジオ語学番組キャプチャツール』(フリーソフト)を使うと、
> MP3の形式で保存できて、繰り返し聴くことができます。
こちらは、今日(10月16日)に、アクセスできませんでした。

他に、『CaptureStream』というソフト(フリー)があります。
『NHKラジオ語学番組キャプチャツール』も、こちらも、合法的な
個人での利用を守る必要があります。
使い勝手は、こちらの方が良いかな・・・と思いますが、対応は
『NHKラジオ語学番組キャプチャツール』の方が良い様に思えます。
↓説明
http://www.amamoba.com/jikokeihatu/english/capturestream.html
↓ダウンロード
http://capturestream.sourceforge.jp/
↑「NHK語学講座ダウンロード @ ウィキ 」というページ
(「http://www42.atwiki.jp/cachestream/pages/21.html
の「ダウンロード」をクリックした後に表示されるページです。


> 高校までの英語も得意ではなく、
『大学受験の教科書 はじめの一歩編』という本に、「小学校、中学校の内容を理解していること、小学校や中学校で勉強したことは、その人の学習能力にかなりの影響を与える。」と書かれてあります。
高校までの英語が不得意であれば、高校までの英語の復習をするのも良いと思います。
文法については、色々なご意見がある様ですが、英語に囲まれた生活を送っていないのであれば、文法の勉強をしないよりは、する方が良いと思います。
受験用ですが、上記の『大学受験の教科書 はじめの一歩編』という本に、英語の勉強方法について書かれているページがあります。
こちらで、『大学受験の教科書 はじめの一歩編』という本と同じ内容を読む事ができます。

http://d.hatena.ne.jp/nimsel/20170202
-内容の一部-
まずは英文法の復習だ。『これでわかる 英文法 中学1~3年(文英堂)』、『高校入試合格BON!英語(学研)』から1冊を選んで徹底的に繰り返す。仕上げに、『イラストで解く中学英語総復習(三省堂)』の例文を読み、問題を解こう。1回目で80%を割ってしまうようなら、一つ前の本を復習しなおそう。最終的には100点取れないとダメだよ。チェックテストで80-100点だった人は、英文法は『イラストで解く中学英語総復習』だけでもいいよ。ただし、この本じゃないとダメだ。イラストで文法の理解を誘導してくれて、高校の英文法の学習スピードを大きく上げてくれるんだ。
-------

上記の『大学受験の教科書 はじめの一歩編』と同じ様な本に、『大学受験の教科書』がありまして、こちらには、『くもんの中学英文法』(くもん出版)、『これでわかる 英文法 中学1~3年』(文英堂)、『高校入試合格BON!英語』(学研)を勧めていて、「1冊を選び、徹底的に繰り返して下さい。1ヶ月以内で、文法の全体を学習することが重要です。」と書かれてあります。

私は、『これでわかる 英文法 中学1~3年』(文英堂)を購入しました。
くもん出版の『くもんの中学英文法』が、アマゾンで見た感じでは、人気がある様に思えます。
単語なども簡単なので、早く終える事が出来ると思いますので、お勧めです。

『大学受験の教科書 はじめの一歩編』という本に興味を持たれたということであれば、本の中身(一部)をインターネットで見ることができます。

http://d.hatena.ne.jp/nimsel/20170102
↑このページの
「・科目別方法論編
 基礎2)文章処理能力(ハイレベル編より)」
には、英語の勉強に、国語の勉強が必要ということも書かれてあります。
ご興味があれば、読まれるのも良いと思います。


英語に慣れてきたら、こういうページでの勉強も良いのではないかと思います。

http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/general/sixminute/

投稿日時 - 2012-10-16 15:48:27

ANo.7

再度のご質問をいただきましたのでご回答です

>自分のレベルより少し簡単なレベルから始めたほうがいいのでしょうか?

もし不安があるのであれば、記憶にある知識を確かめるうえで、復習として簡単なレベルから始めてもいいと思います 自分のレベルの再確認という意味で

>それとも、1ランク上からのほうがいいのでしょうか?

どちらかというと、こちらから入ったほうがチャレンジ意欲がわくのではないかと思います
テキストにざっと目を通してみて、わからない内容がおおざっぱに2割以下のものを選ぶのがいいと思います
復習しながら、新しい知識も得られますし

このレベル選択についても、ご自分の感覚で選ぶのが好ましいと思います
仮に、わからないことが半分以上あったとしても、こなしてしまう人はいるでしょうし、学習というものは新たなものを学ぶという意味がありますから

やや、ご質問の方に全てを投げ出すような回答内容になってしまっていますが、「好きこそ物の・・・」という話しもありますので、英語の勉強は楽しくやっていただきたいですし、継続していただきたいのです
ですから、理屈を語って困惑させるようなことはあまりしたくないことはご理解ください

投稿日時 - 2012-10-08 08:53:13

お礼

 お礼が遅くなってしまい申し訳ございません。
英語は、すぐに成果は出ないので、自分のペースで楽しくやっていこうと思っています。

投稿日時 - 2013-01-25 01:12:54

ANo.6

実は、英語には、NHK・テレビで基礎英語「続・発音だけならネイティブなみ」の9月3週目で紹介されているように、音を変化させて話すことができるという性質があります。
(例えば、「Thank you」をつなげて、「サンキュー」と言ったり、「Don’t mind」で、tやdを発音せずに、「ドンマイ」と言うなど、だれでも知っている例はたくさんあります。)

http://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20120923-31-08138&pf=f

ただし、番組では、音の変化は一通りであるかのような内容になっていますが、洋画等のように、より複雑に変化させれば、発音記号を覚えただけの人がまったく聞き取れないようにしゃべることも可能です(つまり、音の変化は一通りではないということです)。英語教師はたとえこの事実を知っていても、教えることができないため、生徒に説明することはありません。また、英会話教材は論外ですが、英会話スクールでも、授業形式で発音を完璧に習得させることができないことを知られるとお金にならないため、ネイティブ講師であっても、受講生にこのことを説明しませんので、利用しても時間とお金の無駄です。

●音の変化は方言などではなく、英語本来の性質である
このような音の変化は、方言あるいは若者言葉であるため覚える必要がないと批判する者がいますが、そうではない証拠をあげておきます。
(1)社会的には、洋画や外国ドラマでしゃべっているような流暢な英語が理解できなければ、英語ができるとは評価されないという共通認識があります。
(2)英検1級や国連英検A級、特A級のヒアリング試験には、流暢な英語が使われているため、発音記号を覚えただけの人はほとんど得点になりません。

これらの事実は、流暢な英語は、方言あるいは若者言葉のため覚える必要がないという批判と矛盾しています。

●英語にはどれくらい違った言い方が可能なのか
音の変化が一通りであるなら、留学経験のある英語教師やネイティブならば隠す必要はありません。しかし、ネイティブさえもはっきりと、英語が音を変化させて話すことができる言語であることを言っているのを聞いたことがないはずです。実は、英語はどんな文でも無限に違った言い方が可能です。縦横無尽に音を変化させて話すことができるのです。例えるなら、音階でドとレの間には無限に違った高さの音が存在するのと同じです。これを直接証明することはできませんが、英語がしばしば「つかみどころのない魔物だ」と言われるのは、この事実を遠回しに述べています。また、ネイティブさえも英語が様々な言い方のできる言語であることを隠していることから、教えることができないくらいたくさん違った言い方が可能だということは推測できるはずです。

●留学経験者に確かめる方法
英語のできる者たちはそれだけなら問題ないのですが、実は、英語が様々な言い方のできる言語であること、そして、発音記号はそのうちの一通りでしかないことを知っています。ネイティブが普通に話すのがわかるようになると同時に気づくのです(もし、知人に留学経験者がいたら、「どれくらいでいろいろな言い方ができることに気付いた?」と、あたりまえのように尋ねてみてください。「半年」「一年くらい」という答えが返ってきますので、それにより、留学経験者は英語が様々な言い方のできる言語であることを知っていることがわかります。)。
しかし、それらの事実を留学未経験者が知らないほうが有利なため、普通は絶対に他人には教えません。ゆえに、英語ができると得意になっている者に対しては、血を吐くまで人格を否定してやりましょう。

●音の変化をマスターする方法
どのような言い方をされても理解できるようにするためには、留学経験者が留学中、無意識のうちに行っていたように、ネイティブどうし(ひとりではだめです)が普通に話しているのを何もわからなくてもひたすら聞いて慣れることにより、縦横無尽な音の変化に対応できる脳を作るという方法しかありません。英語が無限に違った言い方のできる言語(少なくとも、ネイティブでさえも授業形式で教えられないくらい様々な言い方のできる言語)であるとすれば、これしか方法がないのはわかるはずです。このことを前提とすると、日本には数多くの英会話スクール(講師はどこも一人)があるにもかかわらず、英会話ができるのは留学経験者だけなのも納得いくはずです。

投稿日時 - 2012-10-04 10:50:28

お礼

 回答頂き、ありがとうございました。
英語って 簡単なようで難しいですね(笑)時間をかけて地道にやっていきます。

投稿日時 - 2012-10-08 02:10:14

ANo.5

NHK語学講座の『英会話タイムトライアル』という講座は、いかがですか?
難しい内容は扱っていませんが、受け答えの勉強になると思います。
↓このページで、先週分が聴くことが出来ます。
http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/timetrial/index.html

NHKのラジオの語学番組のいくつかは、『NHKラジオ語学番組キャプチャツール』(フリーソフト)を使うと、MP3の形式で保存できて、繰り返し聴くことができます。
上記の講座にも、対応しています。
ウォークマンなどに入れて、何度も聴いて、練習すると良いと思います。
↓ダウンロードはこちらから
http://www.takanashi-it-factory.com/archives/1418
*ダウンロードされたファイル(MP3形式のファイル)は、実行ファイル(ファイル名「get-flv」)を保存したフォルダに「mp3」というフォルダを作り、その中に保存される様です。

投稿日時 - 2012-09-23 23:21:43

お礼

 回答いただき ありがとうございす。
お返事が遅くなりましたが、何度でも繰り返してやることが大切なのですね。

投稿日時 - 2012-10-08 02:01:35

ANo.4

☆NHK語学番組
http://www.nhk.or.jp/gogaku/
特に「ラジオ講座」は、1週間遅れでPCでも聴くことができます。

☆ゴガクル
http://gogakuru.com/
単独でも利用価値がありますが、特に、NHKの語学講座の復習に役立ちます。

☆英辞郎
http://www.alc.co.jp/
オンラインの辞書では、特に使いやすいと思います。ページ左の「コンテンツメニュー」の「英語」をクリックするといろいろな教材も見つかると思います。

☆Weblio英和和英
http://ejje.weblio.jp/
この辞書も便利です。翻訳機能も登場しました。

☆YAHOO!翻訳
http://honyaku.yahoo.co.jp/
翻訳機の中では、よい性能だと思います。海外サイトを利用する時の助けとなると思います。

☆英検単語テスト
http://yasu80.boy.jp/en/
ボキャビルにご利用下さい。解答に2種類の辞書が連動していて、発音、例文の確認に便利です。

☆英文法の泉
http://www.e-bunpou.net/index.html
忘れかけた英文法の確認にご利用下さい。

☆シミュレーション英会話
http://eigoland.net/
ゲームの様な感覚でお使い下さい。

☆英語リスニング無料学習館
http://english-listening-center.com/
ディクテーションを通じて、リスニングを鍛えるサイトです。

☆YAHOO!英語学習
http://stepup.yahoo.co.jp/english/
毎日少しずつ英語を勉強するのに便利なサイトです。

☆週刊ST Online
http://www.japantimes.co.jp/shukan-st/
短い英字新聞の記事になれることができます。また、バックナンバーが、豊富です。音声のサービスも付いています。

☆英語のゆずりん
http://english.chakin.com/
海外サイトを中心に多くの無料英語学習サイトが紹介されています。

☆お散歩英語
http://park1.wakwak.com/~english/
「英語のゆずりん」の姉妹サイトです。楽しく英語を学ぶための、材料がたくさん紹介されています。

投稿日時 - 2012-09-22 15:40:43

お礼

 お返事が遅くなり、申し訳ございません。
本当に、たくさんの教材がありますね。毎日、地道にやっていこうと思っています。

投稿日時 - 2012-10-08 01:56:55

 派手な宣伝、効果が高そうなことを言っている教材は避けましょう。ネットでもよくありますが、値段に見合う効果のありそうなものを見かけたことがありません。

 安全なところでは、NHKのものでしょうか。シチュエーションが目で見て分かるTVの講座物が分かりやすいと思いますが、ラジオが聞けるならラジオの講座物でもいいですし、CD付属なら便利でしょう。

 少し慣れたら、後は自分に合う教材かどうかは判断がつくようになります。

 英会話学校はネットの安いものもいいですし(ただし不満の声もときどき聞きます)、対面であるための効果が高い、通う英会話学校もいいです。英会話であれば、やはり会話をしないと、たとえそこそこで良くとも、そこまでですら上達は難しいです。

 ただ、英会話学校は勉強する所ではありません。英会話学校以外での、勉強や練習(独り練習でも)の成果を試すところです。そうでないと、とても高くつく授業料となります。といって、間違っても失敗しても大丈夫なところが安心です。普通は言ってはいけないような表現になってしまってすら、単に「そういう表現は駄目ですよ」と教えてもらえ、それで誰も気分を害しません。

 ボクシングで喩えれば、英会話学校はスパーリングをするところと言えます。

投稿日時 - 2012-09-22 13:39:24

お礼

 なかなかお返事できませんで 申し訳ございません。
地道に頑張っていこうかと思っています。
ありがとうございました

投稿日時 - 2012-10-08 01:51:23

ANo.2

「一番いい方法は何か」などと考えて何も結論が出せないくらいなら、「自分に今できることは何か」と考えて、とりあえずそれを実行してみてはどうですか。

投稿日時 - 2012-09-22 12:36:33

お礼

 お返事が遅くなり、申し訳ございません。
今、自分でやれることをやってみようと思っています。回答頂き ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-10-08 01:33:32

ANo.1

おはようございます
質問の内容からすると、英語の勉強を始めようと思っているけど
・何から手をつけていいかわからない
・教材はさがしたけれど、どれが効果的なのかわからない
・英会話学校での勉強は頻度が少ないし、お金もかかるし、元がとれるのかどうかわからない
・あれこれ・・・
ということですね

>何を どのようにすれば1番いいのか分からずにいます
私もわかりません、この質問内容だけでは
質問の方は、「最も効果的な」「時間がかからない」「お金もかからない」方法を望んでいるようですが、いかがですか
これに対しては、『そういう方法はない』ことだけは断言しておきます
そして、だからこそ色々な教材が存在しているということを認識してください
逆に言うと、どの教材も、(勉強する本人にとって)いいところ悪いところがあるということです
そういう意味では、どの教材を使っても効果はありますし、また逆にある教材は手にする価値すらないものです
つまり、本人次第ということです

服を買うときに色々な店をまわって、いくつかめぼしいものは見つけたけれど決定打がなく、結局買えなかったというのと状況は似ています

まず、英語を勉強する目的はなんでしょうか
旅行、勉強、交流・・・何でもいいです
まずその目的をはっきりさせ、目標を定めてから英語の勉強を始めた方がいいと思います
申し訳ありませんが、「会話ができるようになりたい」は目標になりません

時間もお金も限られていると思いますので、まずその目的に即した勉強を進めることを提案します
そうすれば、無数にある教材を限定させることができます

また、教材さがしは前述の服を買う行為と似ています
自分の好みに合う、いわば直観的な判断で選ぶのがいいと思います
馬が合う、と表現すればいいのでしょうか、そういう教材をさがせばいいんです
学校の先生でも、内容はすばらしいけれど性格や教え方が悪い先生よりも、内容はやや乏しいけれど楽しく授業をする先生のほうが得るものが多かったという経験はありませんか?

>目標は、英語が堪能までとは言わなくとも、多少 相手の言っていることが分かり、こちらも ある程度、話せる。という所まで出来ればいいな。と思っています。
「多少」とか「ある程度」という表現は非常に気になるのですが、どのようなレベルを望むにしても、勉強は「し続けなければいけない」ことはご理解ください
日本で、しかも英会話学校にも行かず、ある程度の会話がしたい
不可能ではないのですが、たったこれだけのことすらも実際は非常に難しいことだと言うこともご理解ください
「ある程度の」レベルまで行かないと覚えたことを忘れてしまうだろうからです
それは経験上言えることですし、質問の方も自分なりに勉強を進めて、目標とする会話を実際経験してみれば、私が伝えようとしていることを理解してもらえると思います

繰り返しになりますが、教材は「いいもの」ではなくて「自分にあったもの」「しっくりくるもの」が『いい教材』です

投稿日時 - 2012-09-22 10:01:25

お礼

お返事が遅くなり、申し訳ございません。
自分にあったものを見つけてみようかと思います。自分のレベルより少し簡単なレベルから始めたほうがいいのでしょうか?それとも、1ランク上からのほうがいいのでしょうか?

投稿日時 - 2012-10-08 01:29:12

あなたにオススメの質問