こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

傷害事件の慰謝料の金額が合意できない

傷害事件を起こしてしまいました
先方は手首に全3週間の怪我ですが骨に異常もなく、手術も不要です
治療費は家内が前払い金として80万円を被害者に渡し、あとで領収書とあわせて清算することにしました
その後、10日間の拘留と罰金30万円を納めて拘置所からでました
先方から連絡があって、慰謝料300万円を請求すると言ってきました
理由は精神的苦痛と家族の心配費と、市役所の仕事を3日休んだ(特別有給)費用とのことです
こちらは、80万円の仮払い金の費用の清算の後、10万円を慰謝料として支払いたい旨を話しました
あまりに、金額の乖離が大きくて先へ進みません
こちらは刑事事件として私選弁護士もお願いしたのでその費用50万円もあって、お金が回りません
相場の金額を公的機関に決めてもらい仲裁してもらうにはどうしたらよいのでしょうか??

投稿日時 - 2012-08-23 23:12:09

QNo.7660026

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

”慰謝料300万円を請求すると言ってきました”
    ↑
詳細が分からないので、はっきりとは言えませんが
文面から判断する分には、300万円は高過ぎますね。

”家族の心配費”
    ↑
これは被害者が請求できるものではありません。
請求できるのは家族だけです。
家族の委任状は有りますか?
根拠と医者の証明書を提示してもらいましょう。
慰謝料というのは、思っているほど簡単に認め
られるものではありません。

”市役所の仕事を3日休んだ(特別有給)費用”
    ↑
これは良く判りません。
有給休暇なのに、どうして損害が生じるのでしょうか。
役所が損害を受けた、というなら、当事者は役所に
なりますし、ワンマン会社の社長でもなければ、
こういう場合の賠償は認められません。
それとも、休暇を取らざるを得なかった精神的苦痛
ということでしょうか?
あまり聞かないですね。

”相場の金額を公的機関に決めてもらい仲裁してもらうにはどうしたらよいのでしょうか”
    ↑
裁判をするのが最善だと思います。
刑事はもう終了しているのですから、無理に示談に応じる
必要も無い訳です。
相手の提訴に応じて、公平な裁判所の判断を仰ぐのが
良いと思います。

投稿日時 - 2012-08-24 05:32:45

お礼

わかりやすい回答をありがとうございます
相手の提訴に応じて出方を決めることにします
反省をしつつ、誠意を示していきたいと思います

投稿日時 - 2012-08-24 22:54:53

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(7)

ANo.7

刑事事件が終結しているのであれば、もうご質問者に不利益は起こらないのですから、「納得できなければ、裁判起こして下さい。司法判断に委ねます」でいいのでは?
過剰請求と思われるので、判決ではもしかしたら、既払いの80万以内で終わるかもです。

保険会社と相談なんて回答がありますが、傷害事件でおりる保険など聞いたことありません。
自賠責????
自賠責は「自動車賠償責任保険」ですよ?どこに自動車が関係してるのか?
頓珍漢な回答もほどほどにね。

投稿日時 - 2012-08-24 09:53:57

お礼

先方も当初の予想に対して軽い怪我だったようで、費用も15万円くらいですんだようです
清算をしたうえで、司法判断で誠意ある金額を決めてもらうようにしていきたいと思います

投稿日時 - 2012-08-24 22:57:08

ANo.5

>精神的苦痛と家族の心配費と、市役所の仕事を3日休んだ(特別有給)費用

・上記の具体的な根拠を書面にて提示するよう相手に伝えましょう。

提示されたものを無料相談にて弁護士さんに判断してもらった上で、妥当な金額(相場)を判断すると良いと思います。

(1)精神的苦痛
その怪我が原因で精神疾患と判断された場合(病院で診断、薬を処方された)など

(2)家族の心配費
上記と同様に傷害事件が原因で通院、日常生活に支障をきたすようなものであったか?

(3)仕事を休んだ事による損害
それを証明するものを提示してもらう。
※怪我が仕事を休まなければいけない程の症状であったか。

(3)については、有給を使用した事が証明されればその金額を支払う必要がありますが、
(1)、(2)については怪我の治療の為の通院日数に対する慰謝料以外は、別途病院(鬱の症状が出た、心配から不眠になった為、薬を処方してもらった等)に掛かる等の証明が無ければ、認めないとして良いと思います。

300万という金額に明確な根拠がないのであれば、裁判でも認められません。

投稿日時 - 2012-08-24 02:05:22

お礼

アドバイスありがとうございます
弁護士先生には民事も継続してみてもらうようにお願いしましたので、ご回答をもとに弁護士先生に相談していきたいとおもいます

投稿日時 - 2012-08-24 22:59:22

ANo.4

取りあえず相手に「裁判で決めましょう」と言って下さい。
裁判所が決めた金額ならお互い納得するでしょ。

ところで
>その後、10日間の拘留と罰金30万円を納めて拘置所からでました

>こちらは刑事事件として私選弁護士もお願いしたのでその費用50万円もあって、お金が回りません
はご質問者様の「自衛のための費用」怪我の治療・示談とは別とお考え下さい。

何が原因かは判りませんが、かなり「短気な性格」なんですね。
そりゃ先方としても「言われるままでは腹が立つ」でしょう。
それに示談は基準が無いので「第三者の判断」が必要です。

それより 仕事大丈夫なの?
普通のサラリーマンなら「懲戒解雇」だよ。

投稿日時 - 2012-08-23 23:42:01

お礼

回答ありがとうございます
がんばって社会復帰します

投稿日時 - 2012-08-24 23:00:55

ANo.3

こんにちわ。

うちもおおまか手首付近に、全治4か月の怪我を受けたものです。

まず、保険会社は通されましたか?
保険会社は、示談のプロです。
うちが、やられた、って感じではあるのですが
本当に安くおさめることができます。

うちの例ですと、おおまか毎日通院で、
通院費約40万、通院日額分378000円(実質慰謝料)
営業停止損失金約10万円(2日分)を請求したのみです。

#通院日額が、もっとあげられるという話がありましたが
 めんどうなのでやめました。

ですが、慰謝料300万円というのは、あまりにも不当な
金額と感じられます。

実際に、先方の方は、何日間通院されましたか?
そこからも、慰謝料が算出できるかと思いますので、
どう価格みても、21日?×10000円で、21万円を
慰謝料として、算定してもおかしくなさそうです。

また、市役所の仕事を3日休んだからといって、
市役所から損害を受けるわけでもありませんので
その日給該当分が、1万と考えて3万円相当になるわけですが・・・

これをうまくできるのが、やはり保険会社です。

もし、保険会社が無理であれば、公的機関では無理ですので
弁護士に相談されて、裁判に出す以外、方法がないかと
考えられます。

#保険会社は、自賠責の保険会社で構いません。

投稿日時 - 2012-08-23 23:25:37

お礼

ご回答ありがとうございます
通院なども先方のよく話を聞いて弁護士先生に相談します

投稿日時 - 2012-08-24 23:02:43

ANo.2

仲裁するなら裁判所に調停を依頼することですが、どんな仲裁も相手が合意しなければ意味無いですからねえ。
それから調停しても、相場で合意を促すわけでもありませんよ。両者が合意するラインを探るだけです。

それからもう刑事のほうは罰金で終わったんですよね?
どうしても合意・和解が必要ですか?

投稿日時 - 2012-08-23 23:23:43

お礼

ご回答ありがとうございます
刑事は罰金刑で完了しました
合意、和解はいらないのですが、早く終わりにしたいです
裁判所であなたは先方にいくら支払いなさい・・と決めてもらえるとすっきりするのですがね

投稿日時 - 2012-08-24 23:05:06

ANo.1

相手から損害賠償請求の裁判を起こしてもらいましょう。
公的機関に決めてもらうのは、裁判の判決くらいでしょう。

投稿日時 - 2012-08-23 23:22:17

お礼

こちらからアクションをおこす必要はないようですね
先方がアクションをおこしてきたら弁護士先生に相談していきます
回答をありがとうございました

投稿日時 - 2012-08-24 23:06:49

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-