こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

高校生の読書感想文に向いている恋愛小説

今、読書感想文の本を探しています。
私は興味がない本はまったく読み進められないタイプです。
だから、恋愛小説とかファンタジーとか好きなので、そういう話がいいなと思っています。

そこでお願いです。
ハッピーエンドで恋愛要素がある、読書感想文に向いている本というものはないのでしょうか?
ハッピーエンドじゃないと、絶対にどよーんとした気持ちになって、感想文なんて書く気になれないと思います。
そして、できれば結末のネタバレもお願いしたいです。
おかしな話ですが、結末を知った上で読みたいなと思っているからです。

どうか、お力を貸していただけると幸いです><

投稿日時 - 2012-08-05 23:40:28

QNo.7629069

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

読書感想文を書きやすいか否かは、本の内容に関連するもので、自分の経験をどれだけ実感を込めて書けるかだと思います。だから、普段の生活からあまりにかけ離れたシーンばかりのものよりも、近いシーンがたくさんあるものの方が、作文としては書きやすい。

有川浩なんてどうでしょう。
「図書館戦争」シリーズ、自衛隊三部作「海の底」「空の青」「塩の街」とその続編の「クジラの彼」、「県庁おもてなし課」「フリーター家を買う」「阪急電車」「植物図鑑」…阪急電車は忘れましたが、他は全部見ていてほほえましくなるほどの恋愛要素が入っています。

図書館戦争と自衛隊三部作は、ミニタリー色が強いですがこちらもしっかり恋愛小説。しかも全部ハッピーエンドです。
純情で、想いを言葉にするのが苦手なタイプの男性がいつも出てきて、女の子の健気さにやきもきしたりぶっきらぼうに慰めたり…そんなやり取りがいいですね。

女子高校生ということですから、「植物図鑑」なんていいかもしれません。
道端に咲いているちょっとした草花の名前に詳しい男性が出てきます。
二人でいろいろ散歩をして、いろいろな野草などに興味がどんどん湧き出しているうちに、彼に対してもどんどん愛情が深まっていきます。

あるいはちょっと変化球ですが、「海の底」もいいと思います。視覚的にかなりグロいというか凄惨なシーンが出てきますが、根幹となるストーリィはとても不器用な海上自衛隊の若手隊員と、中学生の女の子の一途な恋愛小説です。
人間関係にも実生活にも不器用な主人公男性二人が、大勢の子供たちのために食事を作ろうとしてじたばたする(でもヒロインはもっと料理が下手で、そこがまたじれったくてかわいい)シーンとか、作文に書きやすいシーンもたくさんあります。

投稿日時 - 2012-08-06 07:06:53

お礼

有川浩さんの作品大好きです!
いいですよね^^

その・・・海の底とかの三冊って、お話が続いてるんですか?
だったら全部読まなきゃいけないのかな・・・

すごく参考になりました!
ありがとうございました!!

投稿日時 - 2012-08-06 14:14:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

森絵都さんの、「永遠の出口」、読んだことありますか?

この作品を、ハッピーエンドと捉えるかどうかは、意見の分かれるところだと思いますが、アンハッピーエンドでないのは確かです。いろいろあったけど、大人になって、自分のポジションで頑張ってます、という終わり方です。

一人の女の子が幼児のころから書き始めて、大人になるまでを描いているのですが、主人公の女の子がほんとうに等身大で描かれているため、読むのに全く苦労しない、という点が一押しの理由です。主人公の年代で、いくつかの章に分かれていて、切りよくまとまっています。で、感想文が書きやすそうだ、と思います。

作品全体ではなくても、たとえば、高校時代の出来事限定でも、原稿用紙4~5枚ぐらいはいけるんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2012-08-07 09:18:24

お礼

お礼遅れてすみません!
楽しそうな本なので、参考にさせていただきました!

本当にありがとうございました^^

投稿日時 - 2012-09-02 17:22:28

ANo.3

お礼をありがとうございます。
自衛隊三部作は、それぞれ完全に独立した話ですので、1冊読めば大丈夫です。
「クジラの彼」のみが、これら3冊のそれぞれの番外編が入っている構成なので、気になったら読む程度でいいでしょう。

投稿日時 - 2012-08-06 14:58:47

お礼

わざわざご回答ありがとうございます!
植物図鑑は読みたかったのですが、作文にはしにくいと聞いたので、「塩の街」に決定させていただきました^^

個人的には「海の底」が魅力的だったのですが、本屋に塩の街しかなかったので、これにしようってなりました!

助かりました、本当にありがとうございましたー!

投稿日時 - 2012-09-02 17:25:11

ANo.2

とりあえず、「姫君と騎士」という王道中の王道物語の
「とある飛空士への追憶」とか?
http://www.amazon.co.jp/dp/4093863091/

確かに使い古されたシチュエーションなんですけどね。
最後の別離のシーン(近来まれにみる名シーンだと思って
います)をどう読み解くかで、結構長い文章が書けると
思いますから。1巻もので読みやすいってこともありますし。


現代ものですが、「東雲侑子は短編小説をあいしている」も
お勧めできるかな? 出来れば続刊の「東雲侑子は恋愛
小説をあいしはじめる」「東雲侑子は全ての小説をあいし
つづける」も通して読むと良いかも。
http://www.amazon.co.jp/dp/4047275220/
http://www.amazon.co.jp/dp/4047277207/
http://www.amazon.co.jp/dp/4047280771/

ハッキリ言って、主人公がうだうだしているだけで何も起き
ない(とは言え、3巻目ではちゃんと恋人になって、エンディ
ングでは本気でいちゃつきますが)小説ですが、心理描写が
見事で読後感が良いです。感想文としては、作中に埋め
込まれている「西園幽子の作品」と、本文の進行状況を対比
させると書きやすいんじゃないかと。


やや長編になりますが、1巻目だけでも十分感想文が書け
そうなのが「狼と香辛料」
http://www.amazon.co.jp/dp/4840233020/

ヒロインに狼娘が出てきますし、舞台は中世ですから定番の
ファンタジーと思ったらさにあらず。主人公は商人で、剣も
魔法も全然出てきません。むしろ、経済小説で恋愛小説、
という不思議な話です。特に会話が実に軽妙で、会話を
読み解くだけでも、結構長い文章が書けると思います。

ちなみに、ハマったら全17巻、あっという間に読み切っちゃう
こと、請け合いです。最終話、期待して良いですよ。

投稿日時 - 2012-08-06 10:47:32

お礼

ありがとうございます!

狼と香辛料良いですよね^^
ほかは知らなかったので、参考にさせてもらいます!
回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2012-08-06 14:11:23

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-