こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

2塁ランナーの打者へのサイン

今日のプロ野球、
巨人対広島 5回表2死2,3塁、
ピッチャー澤村、打者 岩本
のシーンを見て思ったのですが、

キャッチャー阿部がインコースに寄った時と、アウトコースに寄った時で、
2塁走者 天谷の動きが違うように感じました。

具体的…というか抽象的かもしれませんが、
●リードまでは同じ(この時点ではキャッチャーからコース指定がされていないため)

その後キャッチャーが動くと、
スタートの構えが違いました。
●インコースの場合
自然にスーッとスタートを切る感じ
●アウトコースの場合
小さくジャンプし、バタバタしながらスタートを切る感じ
に見えました。

阿部がインコースに動きながらアウトコースに構え直した時はランナーの動きも少しタイミングが遅れました。
確実に言えるのはランナーはキャッチャーのコース指定後に動くということです。

これは打者へのコースの指示にあたるサインでしょうか??
又、サインでない場合、コースの違いによってランナーがスタートの構えを変える理由はあるんですか?

ちなみに、パ・リーグではこの行為は合意事項として禁止されているようですが、セ・リーグでは普通にあり得るんでしょうか??

動画もありませんし状況説明が難しいのですが、現在のプロ野球に詳しい方おられましたらよろしくお願い致します。

乱文失礼しました。

投稿日時 - 2012-07-12 21:48:29

QNo.7586969

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

メイチの最高のスタートが要求されるシーンですので、可能な限りリードをとろうとします。
2アウトの場合ライナーバックがありませんので可能なラインといのが、投手の牽制、もしくは投球後捕手に二塁に投げられて刺されることを防ぐギリギリの位置となります。
左の岩本のインサイドは捕手にとって投げにくい位置、自然とリードも広がります。
外に構えた場合はウェスト気味に外れたストレートでも確実にキルイできるよう、ばたばたしながらリードの距離を調整しているのでしょう。

投稿日時 - 2012-07-12 23:55:27

お礼

あのスタートの構えは帰塁、進塁どちらにも対応しやすいというメリットがあるんですね。

『左』の岩本ということをふまえてご回答頂けましたのでベストアンサーにさせていただきます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-13 10:44:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

二塁走者の立場としては、捕手が外側に構えますと、盗塁のチャンスが増えるわけで、それで、その準備動作として、半無意識に小刻みなジャンプなどしてしまうのではないでしょうか。捕手が外に構えるということは、打者が邪魔になって、三塁送球が困難になること、また、変化球の可能性も高く、時間的に走者が有利になることで、「さあ、行けるぞ」と気合が入ってしまうのかも知れません。また、たいていの打者は、投手の微妙な癖を見逃さないよう、投手の投球前の動作、特に腕(手先)の動きに注視しています。次の球種を暗示させるサインとなるそういう投手の動きを見逃すことの方がデメリットですので、走者の動きなど気にしている暇はありません。更には、喩え、禁止事項ということではなくても、スポーツマンにあるまじき行為をすることのデメリットを人気商売のプロ野球選手がするとは思えません。そういう罪悪感が、打動作での集中力を欠きますので、結局、二塁走者のサインなどというものは、それがあったとしても、プラスにはなりません。

投稿日時 - 2012-07-12 23:50:52

お礼

打者が投手に注視していると言われると確かにそんな余裕はないかもしれませんね。
アウトコースは変化球の可能性が高いというのも納得です。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-07-13 10:40:00

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-