こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自動車の値引き交渉

欲しい自動車があるのですが、価格が少し高くて…

トヨタのAQUAが欲しいのですが、
ホンダのFIT(ハイブリット)と比べたら少しは安くしてくれますかね?

実際のところ、AQUAは価格が高いが、デザイン、機能は素晴らしい
       FITは価格は安いけども、デザインがイマイチ

値引き交渉の秘策(タイミングとか)などあれば教えてください。

マルチメディアファイルは削除されたか見つかりません。

投稿日時 - 2012-07-11 08:12:22

QNo.7583776

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

デザインの好みだけは仕方が有りませんが、このクラスのハイブリッドカーとしてはフィットの方が良いと思います。

トヨタのハイブリッド方式は確かに先進的で、驚くほどの低燃費です。

その反面価格が高く、バッテリー等でスペースを採りますから、コンパクトな車では荷物スペースが限られます。

価格的に他の方もおっしゃるように売れる車の値引きは期待できません。元々の価格の安さが大事だと思います。

アクアトフィットハイブリッドの価格差は大きく無いように見えますが、アクアの安価モデルの装備はひどすぎます。

ある程度のオプションや装備を足して行ってフィットと同等にすればかなりの金額差になります。

フィットは元もコンパクトなのに実用的なフィットのそのままで、殆ど室内を犠牲にする事無く、フィットの一タイプとしてハイブリッドを選べます。

一方アクアトはヴィッツとは全く別のモデルで、見た目の良さと空気抵抗の軽減からヴィッツより5cmも下げた車高はそのまま室内高さの不足に繋がっていますから、後席はお子さんでも少し大きくなれば窮屈です。

実用の燃費でも少しアクアの方が良い結果ですが、車両の価格差を考えれば大した差ではないかもしれませんし、実用燃費がリッター当たり25Kmて゜も20Kmでも計算して貰えば分かりますら、距離によってはガソリン打は月に何百円の世界です。

「一番じゃ無くても良いのでは・・」と割り切ればフィットハイブリッドの燃費はすごくいい方です。

デザインは見あきる事がありますが、室内の広さや高さは何年経っても大事ですから、安くて便利な車を選ぶが、見かけの好みで選ぶかは、ゆっくりとお考えになると良いと思います。

投稿日時 - 2012-07-12 09:22:40

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(8)

プリウスにものっていますが、ブレーキの効きが、低速で前進バックを
繰り返すときは特に、スムースさがなく、1回1回効きが違うような
フィーリングがあります。高速からサーット止まる場合はそういう印象はなく、
自分の足の繊細な踏み加減で、ブレーキを調節するのが、できない車、
と思います。
 アクアを試乗したら、ブレーキの問題は改善していました。
所で、大きな違いはプリウス、アクアもおなじはずですが、のハイブ
リッドは走行中、バッテリーが十分あるときは、ガソリンエンジンが
止まり、バッテリーだけで、走行する時間帯がありますが、ホンダハイブリッド
の場合は、常に、ガソリンエンジンが動いており、バッテリーだけで、
動かす時間帯はありません。それが、燃費効率のちがいの主因とし
て出てきていると思います。
 さらに、プリウスの場合、冬の冷房時コンプレッサーを回すのはバッテリーですが、
電気を消耗しやすいので、エンジンが動くことに成り、冬はそれほど、
アクアの燃費効率はフィットハイブに比べ、数値ほどの差は出ないと思います。
 交渉は、絶対これがほしいとはいわxずに、飽くまで、対抗馬を引き合いに出し
競合させることですが、アクアは強気でしょうね。

投稿日時 - 2012-07-12 11:02:02

ANo.6

値引き無しでも
ガバガバ売れて、全く生産が追いつかないのが現状です。

3年くらい待てば
値段交渉出来る車種になるかも、、、、しれませんが、、

個人的にはならないと思います。

投稿日時 - 2012-07-11 15:22:00

不動産や骨董品などそうあるように、相手がほしがっていることがわかると、強気で、値引きも控えます。目の色変えてこれが、ほしいという気持ちを読まれないように、あくまでも、これがだめなら、他にも、好きなのがあるということを、におわせることではないでしょうか。

投稿日時 - 2012-07-11 14:04:32

ANo.4

>ホンダのFIT(ハイブリット)と比べたら少しは安くしてくれますかね?
希望小売価格(いわゆる定価)でもいいから早く納車して!!
みたいな客がゾロゾロ来ている時に
「安いなら買う」と乗り込んでもトヨタ商人は振り向きません。
決算期直前、事前オーダーの不人気色の在庫車か
モデル末期になってからでないと、大した値引きが無いのが現実。

ガソリン代相当を予めトヨタに払うから高いのですよ。
フィットで良いのでは?

投稿日時 - 2012-07-11 13:35:33

バックオーダー抱えてるようなクルマで値引きは厳しいでしょうね。
しかも競合にフィットハイブリッドではダメでしょう。

フィットが欲しくてアクアを競合なら、まだいいかもしれませんけどね(それもムリがあるけど(^_^;))

当たり前の回答になりますけど、決算期とか、月末とかを狙うしかないでしょうね。
ただ、オーダーしても半年後の納車、という状態のクルマをあえて値引き販売するディーラーは少ないでしょうね。

投稿日時 - 2012-07-11 10:26:15

ANo.2

AVC

>値引き交渉の秘策(タイミングとか)などあれば教えてください。

 自動車雑誌の『月間自家用車』の値引き実例記事が参考になります。複数店舗で交渉、ライバル車種のちらつかせなどとても参考になります。この時節ボーナスシーズンで販売店(支店、営業所)には過酷なノルマが課せられています。お買い時です。ベストは6月下旬からの商談開始ですので至急店回りをしてください。

 新車購入なら軽自動車でもオプション込みで総額10万円以上の値引きは当たり前です。

投稿日時 - 2012-07-11 09:43:56

ANo.1

残念ながらハイブリッド車のアクアは値引きしてまで拡販する必要のない車です。

定価販売でも欲しいという客が居るのに、敢えて大幅値引きなんてする必要が無いからです。

更に、旧プリウスのハイブリッドシステムを利用するなどして徹底的に価格を下げて定価設定をしているので、可能な割引額もたかが知れています。

普通で3万円、頑張って5万円ってところですね。

それ以上の値引きを強要される客ならば、お断りして他のアクアが欲しい客に売りますよ。

まあ、7月8月のボーナス商戦に頑張ってみるか、年末か3月末のメーカー決算商戦に頑張るしかないでしょうね。

ですが、まだまだ納車までの納期が非常に長いので、待てるのであればもう少し待った方が良いでしょう。

投稿日時 - 2012-07-11 08:41:57

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-