こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

先祖名義の相続登記について

 祖父(C)が死亡しましたので、父の兄弟の遺産分割協議により、全部の土地(19筆:祖父(C)名義)を父名義に相続することとなり、相続登記の準備を進めていますが、その中で、祖父の祖父(A)名義(持ち分1/44)の共有地が出てきまして、苦慮しています。
 ネット等で調べましたところ、旧民法下では家督相続がされていれば、前戸主から戸主へ自動的に相続がされるようで(この辺の理解も正しいのか分かりませんが・・・)、祖父(C)の戸籍を見てみますと、祖父の祖父(A)から、祖父の父(B)へ、祖父の父(B)から祖父(C)へと家督相続がされています。
 ただし、この共有地の相続登記はなされていませんので、名義は(A)のままです。

 こうした場合、現在の相続登記(19筆)と一緒に、この共有地についても父へ相続できますでしょうか?

 ちょっと分かりにくいかも知れませんが、教えていただけると幸いです。
 
 

投稿日時 - 2012-07-06 16:04:58

QNo.7575334

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

一緒に相続という意味が良くわかりませんが、相続することは問題ないでしょう。

ただし、祖父から父への登記申請と一緒に祖父の祖父から父への登記申請を一緒に出来るかはわかりませんね。

登記では、戸籍謄本により家督相続を証明し、家督相続の適用のない相続と家督相続された名義変更前の相続について遺産分割協議書で証明することで、相続登記は可能ですね。

私が経験したのは、AからBへ家督相続、BからCへ家督相続、CからDへ家督相続、DからEへ遺産分割協議(Dの相続人でE以外の者は特別受益証明により実質家督相続)というのを手続きしましたね。
それも、Eまでの相続登記のほとんどが手続き済みであり、一部の土地だけがA名義のままという状態でした。すでに手続き済みの登記の際に利用した遺産分割協議書とAから全員の戸籍謄本と住民票や印鑑証明書を用意するだけで、登記はさほど難しくありませんでしたね。
ただ、知り合いの司法書士に聞いたら、そんな面倒そうな相続登記は経験ないと言われましたし、法務局の職員も少し考え込んでいましたね。

しっかりと手続きをしていないと、その土地が区画整理や道路の拡幅等にあたると、相続当時に相続しないことを了承していた人全員に面倒をかけることにもつながりますし、相続しないことを了承していた人が亡くなっていれば、その人の相続人等と改めて協議が必要となりますからね。

投稿日時 - 2012-07-06 17:16:33

お礼

 ありがとうございました。参考になりました。

 やはり、祖父の祖父から父への相続と、祖父から父への相続は別々でやるしかないようですね。

 法務局とも相談してやりたいと思います。

投稿日時 - 2012-07-09 11:19:48

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-