こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

高校物理 斜方投射と自由落下

問題

水平面上に2点A、Bがある。また、点Cは点Bの真上の点である。図のように、点Aから点Cに向けて、時刻t=0に小球Pを仰角θ、速さv₀で投げだすと同時に、点Cから別の小球Qを自由落下させた。AB=lとし、重力加速度の大きさをgとする。

(1)P,Qの時刻tにおける水平面からの高さはそれぞれいくらか。


////////////////////////////////////////////////
っていう問題があったんですが、

(1)の点Qのときがわかりません。
答えを見たら、
ltanθ-1/2*gt^2 (わかりにくくなるので、2分の1の後に*掛けるをいれました)

となっていたんですが、
Qは自由落下だと思うんですが
どこから、tanが出てきたのでしょうか。


教えてください。お願いします。

投稿日時 - 2012-07-01 15:17:25

QNo.7565738

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「点Aから点Cに向かう仰角がθ」という意味は、AからCを見たときの水平からの角度がθ、つまり直線ACの傾きがtanθ。

よって、Aから水平距離 l だけはなれているC点の高さはl tanθ。
これがQの時刻t=0でのy座標。(yは鉛直方向上向き)

投稿日時 - 2012-07-01 23:00:40

お礼

おー
そういうことですか。

ありがとうございます^^

投稿日時 - 2012-07-03 14:31:11

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-