こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ほかの国となぜ違う(お母さんの発想)

日本は太平洋戦争でコテンパンに負けましたが、そのあと
「もう戦争はこりごりだ、軍隊なんか持たないようにしよう」と
世界に誇る平和憲法を作りましたが、誇るつもりが
世界中から「タマなし」と馬鹿にされています。
(当たり前ですよね)

そして、原発トラブルが生じた今日、大した被害でもないのに
「もう原発はこりごりだ、原発なんか持たないようにしよう」と
世間では同じような論調・風潮になっています。

他国では、失敗や敗北をばねとして次の成功に挑みます。
月ロケットや、スペースシャトルでも犠牲は出ているのです。
でもアメリカ人は挑み続けます。

日本人も、平和へのチャレンジだととらえる人がいますが、
お母さんの国日本では、怖いことには手を出すなという
ネガティブな発想が主となります。

なぜ日本だけが、危険でも何度でも挑ませるお父さんの発想ではなく
危ないからやめておけというお母さんの発想が主になるのでしょうか?

投稿日時 - 2012-07-01 07:39:27

QNo.7565063

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>>なぜ日本だけが、危険でも何度でも挑ませるお父さんの発想ではなく
>>危ないからやめておけというお母さんの発想が主になるのでしょうか?

お母さんというか女性の発想ですね。

そういう教育しかしてないからじゃないですか?
多くの日本人が、安全とか保身への指向にありますね。

元々、日本の学校教育って、前例となる知識をひたすら要領よく詰め込む暗記型。
(今はインターナショナルスクールみたいな、いろんな学校増えてますが・・・)
独自の創造性を伸ばすチャンスがなく、未知の分野へと、思考を拡大する機会を制限します。
未知の領域は、何があるか分からない、怖い、避けたいって思う傾向になります。

自ら冒険をしようとしない、前例のない危ないことをしない、
未踏分野に進んで足を踏み入れようとしない
ことごとく女性由来です。

投稿日時 - 2012-07-01 09:08:01

お礼

女性の発想というと女性蔑視といわれませんか?
道を切り開く女性だっていっぱいいるんじゃないかな?

教育の問題というのは、要因として大きいでしょうね。
無難に過ごさせないとモンスターペアレンツがやってきますから。
冒険をさせないことが正しいことになっているのですね
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-01 09:37:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(12)

ANo.12

平和憲法があるから戦後の経済復興があり戦争をしたアジアの国に色々売ってこれたこともありますね。
玉なしとかだれが言ってますかね。日本の右翼だけでしょう。

2つの大戦があったヨーロッパで3度目の大きな戦争が起きないのはなぜだと思います?
ローマ条約
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E6%9D%A1%E7%B4%84
2つの大戦の死者があまりにも多かったのでこれ以上出さないという気持ちあって敵対したフランスとドイツ共同の条約に参加しています。
それ以前の
欧州石炭鉄鋼共同体
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E7%9F%B3%E7%82%AD%E9%89%84%E9%8B%BC%E5%85%B1%E5%90%8C%E4%BD%93
大戦が終わって5年でフランスとドイツを含む条約で戦争に必要な石炭と鉄鋼を共同にすることで戦争を起こさないということを考えています。


osaka-girlさん福島原発周辺に行ってみることですね。ネットで同じ質問を繰り返すより現実的です。
放射線がある程度安全で健康に良いなら福島の事故現場に行って十分浴びてくださいな。
死者がいないとかは単に運がいいだけで事故調の報告書をみると紙一重だとわかりますよ。
そして実質日本の土地が奪われたこともありますね。竹島とか尖閣以上に


月ロケットはアポロ17号で終わりです。それ以降600キロ以上地球を離れた有人飛行していません。
挑戦は中断したままです。

スペースシャトルも犠牲が出て安全に飛行するにはコストが掛かり過ぎるので終了しました。
バックアップのシャトルを打ち上げのたびに用意する必要があるので、最後はロシアのソユーズにバックアップを頼みました。

原発もコストが掛かり過ぎて中長期的に中止になうかもしれないですね。スペースシャトルと同じで


何も考えずに挑戦する人は無謀な人といいます。

投稿日時 - 2012-07-03 23:18:10

補足

>放射線がある程度安全で健康に良いなら福島の事故現場に行って十分浴びてくださいな。

一時期業務上そこそこのX線を浴びてきました。別に何ともありません。
福島行ってみたいですが、お金と暇がありません。

投稿日時 - 2012-07-04 02:15:18

お礼

アポロは、目的を達成したといえます。スペースシャトルもです。
原発のコストがかかる?原発は安いから、途上国ではどんどん計画されています。
土地が奪われた?政府の無知から出ている規制です!
じぶんで柵を作っているだけです。その柵は心を入れ替えればすぐに外せます。
竹島と比較するなどもってのほかです。

投稿日時 - 2012-07-04 02:05:53

ANo.11

「原発」はあらゆる国の国民が、同じぐらいのレベルで反対してると思いますが?
「日本」に軍隊を作らせないようにしたのは「GHQ」が策定したと思いますが?
「アメリカ」などは、犠牲に関しては、表面上は悼むふりはしますが、「政府」や「支配階級」の連中は我が国の国民でさえ、人間だと思ってないので、なんでもやります。
「日本人」は、優しい「農耕民族」ですが、彼らは「狩猟民族」で、他の生き物を殺し、食って生きてきた「DNA」なので、殺しあい大好きのイケイケ気質だからでは?

投稿日時 - 2012-07-02 22:27:30

お礼

今の日本では、社会的影響までふくめて原発反対の人以外に、
ほかの部分はそのままで原発だけない日本になってほしいという
実に勝手な反原発が横行しています。これが子供の発想です。

お父さんはお金を稼いで家族を養わなければならないので
お休みでも働くことが多々あります。
それをお父さんは約束したのに遊んでくれないといって
非難するのが子供です。
大多数の反原発の人と同じですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-04 02:21:19

ANo.10

平和憲法は国民の総意です。
反原発は一部の国民で、政府はイケイケ派のようです。少なくとも割れていることは確かです。



平和憲法はたま(弾)なしですが、勇気あるきわめて雄々しい男根的思想です。
私はそう思いますね。

原発反対は間違いなくネガチブな発想です。2つを比べるのは斬新な発想で結構ですが、みそくそ一諸という感が無きにしも非ずですね。

投稿日時 - 2012-07-02 22:08:38

お礼

ありがとうございました。

平和・平和とお題目すりゃ平和になると思っている国民
原発がなければすべて良くなると信じている国民

思考を停止しているとしか思えませんね。

投稿日時 - 2012-07-04 02:24:32

ANo.9

なんか、否定的意見が多いみたいですね・・・
解答じゃなくてごめんなさい。

私は、肯定派ですね!
原発が危ないのは、事実として、
危ないから、遠くに引っ越しするのも、自由だし、
土地や、電気代が安いから、あえて住むのも、自由でしょ、
イチイチ国が決めることじゃないし、決めて貰わないと、行動出来ないってのもおかしくないかな?
国がお母さん的に、危険は全て排除では、発展は望めそうに無いよね。

投稿日時 - 2012-07-02 00:30:47

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-04 02:22:36

まず第一に、亭主が給料振込口座の通帳とカードを女房に託してしまい、女房から小遣の支給をしてもらう構造をみとめてしまったのがイケませんね。

亭主たるもの(=外で稼ぐもの)は、稼いだ中から、家を守るもの(=女房殿)にカネを渡す役割を担わなくちゃあいけないのです。

亭主が小遣亭主になり下がってしまい、管理だけを任されたはずの女房は、権利まで掌握したと勘違いしてしまう。
そして、亭主が10年先、20年先のことを考えて、例えば「カナダに移住しよう」などという戦略的意思決定をしても、女房は「東京23区内じゃないと厭だわ」などという卑近な発想で拒否権を発動することになる。

これは、まさに、国家において「外で稼ぐ」企業群と「国家のお財布を管理する」政府部門の関係と同じです。
アメリカは、名目的には民主主義を掲げていますが、国会議員はみな企業や企業団体から巨額の寄付を貰って、「外で稼ぐ人」の飼い犬なんです。
なかには、石油資本の飼い犬が大統領になってしまうケースもあります。
したがって、形式的には国会で議論している連中は日本と同じ「稼がない女房」ですが、この女房の手綱を握っているのが「外で稼ぐ」企業群なんですね。

これが、大阪ガールさんが感じる違いの根本原因だと思いますよ。

投稿日時 - 2012-07-01 11:15:12

お礼

なるほどよくわかりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-01 12:44:27

ANo.7

>世界中から「タマなし」と馬鹿にされています

そういうステロタイプ的発想はやめませんか?
そう言っている人もいるし、日本の憲法は世界中見ても最高の憲法だと評価している外国人もいます。
アメリカ人は傲慢だから世界中から嫌われているのですよ(これも単純な評価ですがね)
中東へ行ってごらんなさい。アメリカ人の事を良く言うのは10人に1人ぐらいのもんでしょう。
ベトナムへ行ったら?最近は隠していますが、くそみそどころの騒ぎじゃないですね。
画一的な評価で単純に判定しないのが民主主義です。
月へ行くのも撤退しましたし、スペースシャトルも危険だから引退ですね。

投稿日時 - 2012-07-01 10:47:03

お礼

>日本の憲法は世界中見ても最高の憲法だと評価している外国人もいます。
本当ですか、お世辞じゃなくこんなことを言うとは???
是非紹介してください。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-01 12:47:11

ANo.6

日本の女性が強くなったのは太平洋戦争で多くの男性が戦死して女性が子育てをしなければ成らなかったからです。

闘うことしか脳のない男子が闘うことを禁じられ、戦争は男が起こしたと考えられていました。

最大の理由は昔から日本には世間体と云われる風習があり、人の目を気にしすぎる感情があるからです。
世間体とは土地が狭いのでお隣が近く、生活を比べ合っている事です。
現代の女性もその傾向が多々見られます。

男性は前に向かっては強いのですが、後方(奥さん、娘)には弱いのです。

お答えに成っているかどうか解りませんが感想まで。

投稿日時 - 2012-07-01 09:53:24

お礼

なるほどそういうこともあるのですね
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-01 12:45:21

ANo.4

苦しい反論ですね。(笑)

大東亜戦争にしても原発問題にしても少しの失敗などではありませんよ。
日本的規模どころではなく、人類的、世界的規模の大大失敗であり、大大大災難です。

スペースシャトル打ち上げ失敗などとは比較ができないほどの失敗です。

それに日本は軍隊を持っています。
ただ、戦争をする大儀がないだけです。
大儀もないのに戦争する馬鹿などいません。

投稿日時 - 2012-07-01 08:37:06

お礼

ドイツもコテンパンに負けたのですが、軍隊を持たないとは言いませんよね。

スリーマイルやチェルノブイリがあっても原発やめませんよね。

そういうことをチャレンジする心というのだと思います。

スペースシャトルを出したのは、日本で同じことが起これば
危険な有人宇宙観測はやめましょうときっと言い出すだろうということです。
戦後のタマなしの日本国はそういう性格なのです。
本当に情けないことです。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-01 09:42:08

ANo.3

もし、日本が他国を巻き込んでの大失敗、大災難を発生させたのなら、再チャレンジは難しくなります。
他国からも、もうやめてくれと抗議されるでしょう。

アメリカが失敗しても失敗しても再チャレンジしている分野は、別に他国に迷惑をかけない分野です。
日本だってロケット打ち上げを失敗し続けていましたが、チャレンジし続けて、ついに成功しました。
日本企業でもチャレンジし続けて成功した例などいくらでもあります。
以前、NHK で放送していた"プロジェクトX"などでは、そのような成功例をいくつも題材にしていました。

投稿日時 - 2012-07-01 08:15:49

補足

だいたい頑張るのは「企業」なんですよね。「政治」はいつもお母さんで
人の命は地球より重いといって、テロリストを開放したりする馬鹿な
政治家さんがいたりするのです。

プロジェクトXは素晴らしいですが、企業の話ですよね。
日本でも企業はお父さんなのかもしれません。

投稿日時 - 2012-07-01 08:27:55

お礼

少しの失敗じゃなくて大きく失敗した・負けた時の反応の話です。
戦争で負けたから軍隊持ちませんなんて、独立国じゃないですよね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-01 08:23:47

ANo.2

”「もう戦争はこりごりだ、軍隊なんか持たないようにしよう」と
世界に誇る平和憲法を作りましたが”
   ↑
造ったのは米国です。
日本は銃を突きつけられて、押しつけられただけです。

”世界中から「タマなし」と馬鹿にされています”
   ↑
中韓だけでないですか。
日本は尊敬されている国のトップですよ。
個人的にはタマなしで情けない、とは思っていますが。

”なぜ日本だけが、危険でも何度でも挑ませるお父さんの発想ではなく
危ないからやめておけというお母さんの発想が主になるのでしょうか? ”
   ↑
日本が母性社会で、欧米が父性社会だからでしょうか。
色々考えましたがまだ解りません。

ある言語学者は、日本語に原因があると言っています。
つまり、日本語は形容詞が多いんだそうです。
それで、物事を情緒的に考えてしまう傾向が強いからだ、というのです。
例えば。
英語では"Roast", "Bake", "Toast", "Grill"など複数の言葉で
表されている調理技法が、日本語の和語ではすべて「焼く」
というひとつの動詞で一括しています。
その代わり、こんがり焼くとかの形容詞で区別する、というのです。

参考までに。

投稿日時 - 2012-07-01 08:15:38

お礼

日本でも、企業のレベルはお父さんの発想なのですが、
政治の話になるとお母さんになるのです。
お母さんの票がほしいからかもしれません。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-01 08:25:12

ANo.1

日本でもダムやトンネルや橋など、犠牲をいとわずにどんどんチャレンジしていってる歴史があります。
失敗した場合の犠牲の大きさにおいてスペースシャトルと原発は同列にはなりえません。

投稿日時 - 2012-07-01 08:04:49

お礼

ごめん、アメリカはスリーマイルだったね。いまだに世界一の原発発電量だけど?
(実はもっと増やそうという考えもある)
少なくとも事故が起きたからやめようという発想はアメリカ人にはないですよ。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-01 08:21:45

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-