こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

乗用車

CVT車が増えている今、これから全部の乗用車はCVT車になるんでしょうか?

投稿日時 - 2012-06-21 21:31:43

QNo.7547126

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 初めまして。
 ご質問の主旨を字義通り捉えるのなら、お答えは「全てCVTになる事はない」でしょうね。そもそもCVTをこれほど重用しているのは日本くらいで、海外では従来の遊星ギア式自動変速機ですら普及率は日本ほどではありませんし、欧州では最近のトレンドは自動化された手動変速機(要するに通常の手動変速機にアクチュエイターの追加などで機械側で変速する機構を加えたようなもの)であり、大排気量/高出力エンジンでは遊星ギア式自動変速機の多段化(7段とか8段とか、それ以上とか)が増えてきています。
 「CVT」と一口で言っても実は様々な方式があるのですが、まあ一般化したのはオランダのヴァン・ドールネ社が特許を持っていた特殊スチール・ベルトを動力伝達の手段として用いるという方式の特許権が消滅した後ですので、ここからは特に言及しない限りこのスチール・ベルト式CVTについて述べます。
 で、そのCVTは、実はそれ自体は決して高効率なものではありません。何しろ通常の手動変速機どころか遊星ギア式自動変速機も動力の伝達はギアの機械的噛み合いで行われている訳ですが、CVTはスチール・ベルトとプーリーとの摩擦力によって行われているからです。そのためスチール・ベルトのスリップを避けるためにエンジン駆動のオイル・ポンプなどで猛烈なテンション(張力)をベルトにかけなければならず、その点でもエンジン出力のロスに繋がります。更に高出力エンジンであればあるほどスリップ・ロスは発生しやすくなり、それを避けるために加えなければならないテンションも合わせて高くなってしまいます(これが高出力エンジンにCVTが普及していない理由の一つです)。
 ではなぜ日本ではCVTがこれほど重用されるかというと、「CVT」という言葉が示す通り「連続可変式変速機」であるがゆえに、速度の如何に関わらずエンジンを最も燃費効率が良くなる回転域に保つのに都合が良いからです。CVTの普及は車載コンピューターの高性能化と制御プログラムの高度化によってそれが実現しやすくなった事もあります。
 また自動車には個人用交通機関という道具の側面と嗜好品的側面があり、前者の観点からは出来るだけ道具を用いる際の余計な手間は省きたいというニーズがありますから変速機の自動化はそれに沿った流れですが、後者の観点からはそれは必ずしも望ましい動きとは言えません。
 そうした意味でも自動車に趣味的側面を求める市場要望がなくならない限り、「全ての車がCVT化(自動変速機化)する」という事はないと思います。

投稿日時 - 2012-06-22 09:00:27

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

なりません。
CVTは日本の特種な事情で増えているだけで
それも日本車に限った話です。

CVTは消えゆく運命にあります。

MT 9割
SST等 9割
AT 8割
CVT 7割

CVTは伝達効率が悪く
SSTの類がこれからの主流です。

投稿日時 - 2012-06-22 10:57:28

ANo.4

なり得ません。

車を作業道具と見るか、楽しむための道具として見るかにもよりますが、
TPOによって向き不向きが有ります。

「へそ曲がり」から言わせて貰うとCVTほどつまらない変速機は有りません。
カブの遠心クラッチと大差無いでしょう。

CVTが然費に貢献する理由が解ると、自ずと本来の運転を楽しむ事には向いていないことが理解できると思います。
コンピュータ制御で、それらしく見せることはできますが、どこまで行っても見せているだけです。

解らない人には解らないでしょう。
ただ言える事は、それぞれニーズが有ると言う事です。

投稿日時 - 2012-06-21 23:19:10

AT(自動多段変速機)より効率的・省燃費性に優れているので、自動変速機としては全てに近いぐらいにはなるでしょう。

ただ、へそ曲がりはどこにでもいるので、手動変速機 MTは細々と生き残るでしょう。

乗用車としての用途を考えれば、一番多いのは「移動手段の一つ」であって、それ以外の移動手段と違うのは、パーソナルスペースの空間が極めて大きいと言うことです。
生活空間がそのまま移動していくぐらいの感覚です。
その中で、神経を使う運転という作業は、努めて敬遠される作業です。一部のへそ曲がりを除けば。

ほとんどの人は、行き先を言えばそこに行ってくれる、全自動の移動手段を求めるでしょう。
だからこそ、AT(CVTを含む)は多くの人に好まれるわけですし、更には、自動でブレーキをかけてくれるアイサイトが売れているわけです。

日本で生産販売される乗用車ではほぼ全てが自動変速機となるでしょうが、外国ではMTが好まれる地域もありますので、それらが輸入されることもあります。
ですから、「全て」では無いと思います。

投稿日時 - 2012-06-21 22:18:11

ANo.2

CVTが普及し始める以前、乗用車は全てATだったか?
マニュアル車が絶滅していただろうか?

絶滅しなかった理由は何だろうか?

投稿日時 - 2012-06-21 21:52:08

ANo.1

核家族が増えている今、これから全部の家族は各家族になるんでしょうか?

投稿日時 - 2012-06-21 21:49:25

あなたにオススメの質問