こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

FX業者

早速ですが、怒られるかのしれませんが、日本ではFXのレバレッジは、25倍までになっています。

しかしチャンスと思っても、すぐに現金が用意できなければ、海外のFX業者はクレジットカードで、
受け付けてもらえる上に、レバレッジも100倍、1000倍のところもあるようです。

ぼくは、昨年あるFX業者がCFD銘柄も扱っているのが魅力で、また金が2000ドルになろうとしていた時期で、デモ取引で利益が十分に出たので、口座を開きました。その時は日本居住者は口座開設できないなどと書いてありませんでした。

ところがいざ、リアル取引をしてみると、しばらくは利益が出ましたが、その後不自然にも、毎回毎回ロスカットの連続で、入金したお金がすべてなくなりました。

途中で利益分を引き出そうとしましたが、利益分を引いても問題がないのに、「ポジションがあり変動しているので、」ポジションのある間は、出金はできないと日本人担当者に言われました。

ところが、ぼくは、レバレッジ50倍までの海外のほかのFX、CFD業者と取引していますが、その業者は、ポジションがあっても、出金可能なところで、2万円の利益が生じて、出金してもらいました。銀行が手数料2500円奪います

「質問ですが、FX業者で、コツコツ利益を出していたら、MT4などやその会社独自の取引システムで、ブローカーが自分の顧客のポジションを損失を出すように価格操作や、FXシステムの偽装などすることは可能なんですか。」

最近もヨーロッパの信用不安が再燃してきて、そのFX業者で取引を初めて、最初は利益を積み上げることができたのですが、二度目、三度目の入金の後の取引では、

連続で10回ぐらい損失をだし、原因はMT4が利用できない、ウエーブ版もログインできない、そういう中で70万円損失になり、精神的にかなり追い込まれた状況に現在なっています。

クレジット会社にこの取引は不自然だから、この業者への支払いを止めてくれるように電話やメールで話しましたが、データが上がってない、3日後には、もう処理したので109万円払ってください、とVISAは言いました。詐欺業者でも手数料を稼げるところとは、VISAもマスターカードも契約し、責任は自己責任。詐欺の片棒を担いでいるくせに、大阪のVISAはひどすぎ、死ねと言っているようなもんで死にます。今では120万円以上計上されています。

もう、ぼくは、母親からも借金できず、今後の生活はなりえません。

自殺するほど途方に暮れています。

母親は70歳を超えていますが、もう足が効かなくなってきており、私の借金の肩代わりをしたせいで、寝込んでしまいました。

実際僕は車に飛び込むことも今まで何度かしています。車でドライブできる連中を巻き添えに死ぬことも躊躇できないほど精神も肉体も破れかぶれです。

投稿日時 - 2012-06-02 15:58:12

QNo.7510324

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「質問ですが、FX業者で、コツコツ利益を出していたら、MT4などやその会社独自の取引システムで、ブローカーが自分の顧客のポジションを損失を出すように価格操作や、FXシステムの偽装などすることは可能なんですか。」

↑というのがご質問なんですよね?


私たち個人トレーダーにとっては、取引画面の向こう側は完全にブラックボックスの世界ですから、理論的にはFX業者によるそうした操作は可能なのかも知れません。

「かも知れません」という言い方をしたのは、私たちの側はその確たる証拠を示すことができないからです。

ただし、取引に入るかどうかを判断するには、ほとんどの人は必ずチャートを判断材料にすると思います。そのチャートに、トレーダーの心理を揺さぶるための隠れた仕掛けを施してある場合もあります。たとえばどこかのFX業者のチャートみたいに、レートが急変動すると、縦方向のレートを示すグリッドの幅が変化する仕様にしていたりとか。

それと、FX口座からの出金に際して細かい条件をつけ、その条件をすべてクリアしないと全額出金が認められないようなルールを設定している場合もあります。全額出金を希望する場合、その条件をクリアするまでは取引を続行せざるを得ず、スキルの未熟な者はそれで結局ほぼ資金を全額溶かすリスクを背負うことになってしまいます。


だからと言って、私はただちに「FXは止めたほうがいい」とお勧めするつもりはありません。むしろ私にとっては、FX取引は「下剋上」を果たすための唯一最大の手段だと考えるからです。


思えば私がFXをやり始めたのも、リーマンショック直前の2008年8月ぐらいでしたよ。私が某ポイントサイトでFXなるものを知り、そのポイントサイトを通じてFX口座を開設し、「よーし、これで私は会社を辞めたるぞ!」と意気込み、なんと消費者金融から50万円を借りてそれをFX取引の資金に充てるという「暴挙」に出ました。結果は推して知るべし、当然わずか2ヶ月の間に消費者金融から借りた50万円は、丸々借金に変わってしまいました。

今は借金はほとんど返済していますが、なぁに、みんな黙ってるけど、私やご質問者様と似たような経験をしている人は、意外に多いんじゃないですかね。^^;


私がFX取引をやる5年前にも、私の不徳の致すところにより総額570万円の借金を抱えてしまったことがあります。そこまで借金が膨らんだ時は、さすがに食事が喉を通らなかったですね。><

あなた様と同じ経験をした人で、立ち直った人は多く存在します。決して今の境遇に落胆するには及びません。

ついでにFX取引で成功できるかどうかの決め手になるのは、世間一般ではトレード手法の巧拙だと思われているようですが、実は金銭管理能力にあるんですよ。よく「メンタルトレーニング」とか言われますけど、これは「トレードをうまくやるためのメンタル」と解釈されがちですが、実は「資産管理をするためのメンタル」が強いかどうかの問題なのです。


何か支離滅裂な文章になってしまいましたが、人生、命がつながっているうちはまだまだ挽回のチャンスがあります。頑張りましょう。^^

投稿日時 - 2012-06-02 23:45:22

お礼

貴重な、ご経験をお話しくださり、ありがとうございます。書かれてあることは、私もすべて経験しました。私のような経験をされている方からの、ご教示に大変励まされました。以前ある株のアナリストさんから、「資金を増やすことより、減らさないように心掛けることが大切です。」と教わりました。しかし私は欲張って、(もちろんFX業者の言い分に乗せられたことですが)、大きなポジションをとり、引き出せないボーナスなどを餌にされて大損をしました。回答者様のご教示になっている「資産管理をするメンタル」が欠落していました。これからのことをよくよく考えてみます。長々と励ましてくださり、ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-06-05 13:26:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問