こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

タクシーの路上駐車休憩場所

いろいろな会社のタクシーが常に路上駐車で集まり、運転士が中でシートを倒して休憩している場所をいくつか見たことがあります。

どのような条件に当てはまる場所が、休憩場所に選ばれるのでしょうか。大きな駅からはある程度離れた場所が多いようです。

投稿日時 - 2012-04-09 00:34:11

QNo.7410836

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

トイレと自販機があって2台以上止められるところ(ひとりで休憩するのはさびしいの)

投稿日時 - 2012-04-09 08:47:36

お礼

さびしいのですか。ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-04-10 23:48:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

>どのような条件に当てはまる場所が、休憩場所に選ばれるのでしょうか。

基本的には、駐停車禁止で無い場所。及び、日陰で自動販売機がある場所です。
が、現実的には「何処でも可能」なんです。
二種免許が必要なタクシー・バスは「各都道府県警察も、暗黙の了解」なのです。
役所前・駅前・病院前の駐停車禁止の公道でも、堂々と客待ちをしていますよね。
警察は、100%以上の確立で取り締まりはしません。
「取締りを行なう=天下り先を失い」事に、直結しますからね。
警察は、他の公務員と異なり「退職後の再就職は少ない」のが現実なんです。
数少ない天下り先を放棄する事は、しません。
運転手も慣れたもので、休憩中でも「エンジンをかけた状態」ですよね。
これも、「客待ち中」「駐車で無い」と言い逃れが出来るのです。
某市では、交差店内でも休憩・客待ちしていますよ。^^;
交差点にある交番も、見て見ぬ振りです。

「赤ちゃんが乗ってます」とステッカーを貼っている車と同様に、タクシーも一種の治外法権なんです。

投稿日時 - 2012-04-09 13:37:01

お礼

ありがとうございます。

しかし私は逆に「取締り強化=天下り(民間駐車監視員)利権」という認識です。
本題から離れますが「取締りを行なう=天下り先を失い」になる理由を教えていただければ幸いです。

投稿日時 - 2012-04-10 23:48:09

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-