こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

国文法「だろうか」の区分について

国文法なのですが、「だろうか」を単語に分けると、「だろ」「う」「か」になるとのことなのですが、なぜそうなるのか分かりません。国文法に詳しい方、教えていただけますでしょうか。
たとえば、「食べるだろうか」の場合、「食べる」は自立語で、「だろ」「う」「か」は、付属語と考えるとのことなのですが、どうした意味で、そのように区切られているのか分かりません。どうぞ、よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2012-02-06 21:30:31

QNo.7289758

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

>どうした意味で、そのように区切られているのか分かりません
への回答です。

自立語は「単独で意味の通じる語」、付属語は「単独では意味の通じない語」。
「食べる」は単独で意味が通じる(会話になる、といってもいいかな)ので自立語。
「だろ」「う」「か」は単独では意味が通じない(返事が期待できない、といってもいいかな)ので付属語です。

投稿日時 - 2012-02-07 18:21:08

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-