こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

製品トラブルに繋がると分かっているのに・・

この度は、以下の案件でご質問させて頂きます、宜しくお願いします。
【概要】
私自身は大手製造業の工場勤務(技能系)をしています。(入社10年ほど)
製品の製造に使う工具(一般的にエンドミルと呼ばれるものです)等を規定の状態にセットし、製造現場に流す業務をしています。
この度の案件に出てくる請負業者の業務は、上記工具の中に特殊な形状があり
それは検査を済ませて、必要な寸法を確認してからでないと使用できないものであり
過去20年ほどに渡り、その請負業者にその検査業務を一手に任せている状態です。
また、別の工具研磨作業も少し行って頂いています。

【案件】
自分の業務に関わる業務を行っている請負業者を切る(契約解除)事が、上層部の独断により決定しました。
概要にも記したとおり、請負業者を切る事によって長年に渡って行ってきた検査業務が
どこに引き継がれるわけでもなく、消えてしまいます。
無論、製造に深く関わっており影響を与える検査ですので、いきなり消えると以下のようなトラブルが懸念されます。

・製造時に必要な寸法の確認不可(つまり使用できないor使用するにしても保証できない)
・請負業者は構内の為、工具研磨等で特急対応が可能だったのができなくなる
・工具製造メーカー側検査を信用するにしても、トラブルが出た際製造メーカーを責める事はできない
(こちらの製造方法の非を拭いきれない)

上記により、製品の納期遅れ、品質管理(保証)不可、工具製造メーカーの自主撤退、が考えられます。

決断を下したのは上層部といっても大きい品物の一部分
(製品は車ではありませんが、車に例えるとエンジン「のみ」を作るラインと考えて頂ければ結構です)を製造する課のトップと次点です。
しかしながら、上層部のほとんどが当該請負業者の請け負っている業務に関して詳細は知らず
(当課においての業務経験が短すぎる為、製造現場に関する事は逆に質問してくる程の知識量)
当方の作業場ないし私の上司への相談や質問は一切無かった為、理解しているとは思えません。

上記のようなトラブルが起きれば、確実に会社にとっては損失となるので、出来るだけ回避したいのです。
しかしながら、本来そのような問題が起きないよう精査し判断する上層部がその状態なので
手の打ちように困っております。
周りは「上が決めた事だから」「相談してもどうしようもない」「トラブル起きて痛い目見ればいい」と消極的なのでとてもじゃありませんが頼れません。
大手になればなるほど「平社員だからそこは考える必要はない」と言われますが、逆に意志のあるものを潰す典型的な例ですね。
私自身も内心少しは痛い目みればいいとは思いますが、それ以上に会社の損失を招く事態を見ずにはいられないのです。

なにかいい対策はないでしょうか?
この事例が起きる前に課のトップの更に上司に、どんどん迷走しているのでそのうち製造現場が回らなくなる、とアラームは出していましたが、現実なってしまったので頭を抱えております・・・。

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2012-02-03 21:30:13

QNo.7283590

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

それならば、現場の状況を良く知る人間として、客観的に意見を述べることです。

例えば、ライン行程のどの部分に請負業者が入っていて、どんな作業を行っていたのか、洗い出しをします。

で、理論的にかつ、客観的な内容を「文書化」し、誰が読んでも分かるように書いてください。
極端に言えば、「管理職、上層部」という馬鹿者達の頭でも、理解できるように記述することです。

なお、勤務歴10年ならば、いまさら言う必要もないかも知れませんが、ビジネス文書は、「結論が先」となります。
それら文書を段階的に深めていき、会社にとってのマイナスであることを、陳述するのです。

また、文中には、「コンプライアンスに反する可能性がある」、「CSR(社会的責任)を問われる可能性が高まる」などの脅し文句をさりげなく、添えておくと、連中は考えます。


【例】詳しいことは分かりませんが、思いつきで書きました。

題名
請負業者 契約解除に伴う、業績低下の懸念について

状況
現在、請負業者Aは、生産ラインの検査工程業務を実施しており、当社の製品品質向上に大変寄与しております。
請負業者Bは、特殊形状の工具作成を得意としており、当社の製品バリエーションに深みと幅を作り出してくれています。

結論
請負業者AとBは、長年に亘り、当社の製品品質維持と特殊形状工具の作成を担当しており、当社社員に彼らのノウハウを受け継いでいる者はおりません。

懸念
請負業者A、Bを契約解除した場合、当社製品の品質が下落し、取引各社に経済的な損失を与える可能性があり、これらは、コンプライアンス違反に当たると思われます。
また、特殊形状工具を必要としている取引業者には、CSR(社歌的責任)を問われる事となり、当社の評価が著しく低下する事が予想されます。
よって、請負業者A、Bの契約解除に一考をお願いします。

今後
それならば、現場の状況を良く知る人間として、客観的に意見を述べることです。

例えば、ライン行程のどの部分に請負業者が入っていて、どんな作業を行っていたのか、洗い出しをします。

で、理論的にかつ、客観的な内容を「文書化」し、誰が読んでも分かるように書いてください。
極端に言えば、「管理職、上層部」という馬鹿者達の頭でも、理解できるように記述することです。

なお、勤務歴10年ならば、いまさら言う必要もないかも知れませんが、ビジネス文書は、「結論が先」となります。
それら文書を段階的に深めていき、会社にとってのマイナスであることを、陳述するのです。

また、文中には、「コンプライアンスに反する可能性がある」、「CSR(社会的責任)を問われる可能性が高まる」などの脅し文句をさりげなく、添えておくと、連中は考えます。


【例】詳しいことは分かりませんが、思いつきで書きました。

題名
請負業者 契約解除に伴う、業績低下の懸念について

状況
現在、請負業者Aは、生産ラインの検査工程業務を実施しており、当社の製品品質向上に大変寄与しております。
請負業者Bは、特殊形状の工具作成を得意としており、当社の製品バリエーションに深みと幅を作り出してくれています。

結論
請負業者AとBは、長年に亘り、当社の製品品質維持と特殊形状工具の作成を担当しており、当社社員に彼らのノウハウを受け継いでいる者はおりません。

懸念
請負業者A、Bを契約解除した場合、当社製品の品質が下落し、取引各社に経済的な損失を与える可能性があり、これらは、コンプライアンス違反に当たると思われます。
また、特殊形状工具を必要としている取引業者には、CSR(社歌的責任)を問われる事となり、当社の評価が著しく低下する事が予想されます。
よって、請負業者A、Bの契約解除に一考をお願いします。

今後について
請負業者A、Bには、業務を継続させる旨を伝え、ノウハウを社員へ伝達するように業務内容を変更し、社員レベルでこの問題を解決する。



とりあえず、脳ミソ沸騰しそうなので、これでヒントを掴んでください。

投稿日時 - 2012-02-04 00:04:02

お礼

詳しい回答ありがとうございます。
最近この案件を起こした上層部によって他にも問題が山積みなので自分も脳みそ沸騰しそうですw
現場作業者である為ビジネス文書を作ったことはありませんので、とても参考になります。
コンプライアンスやCSRは会社の活動的にも近年活発化しているので、説明文の扱いとしては難しいですが上手く活用してみようと思います。

ありがとうございました!

投稿日時 - 2012-02-05 00:03:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

ごめんなさい。

編集ミスで、一部が二重になっていました。

投稿日時 - 2012-02-04 00:06:48

ANo.2

 >宜しくお願いします。

 ・上司の上司に相談する。さらにその上の上司、というように話を聞いてくれるヒトのところまで行く。その際、メールでも何でも証拠を残しておく。
 ・組合に相談する。賞与に響きかねない案件だ、といえば話を聞いてくれるのでは。
 ・業者に相談する。性能保障できかねます、という文面を作成して、お互い覚書を交わしておく。

 どこに話を持っていくにしても、検査を行った場合と行わなかった場合のリスクについて、検討しておいて、分かりやすく説明できるようにしておいた方がいいよ。

投稿日時 - 2012-02-03 23:46:56

お礼

リスクを説明できるようにしておくのは必須ですね、有難うございます。
業者や組合にというのもリスク説明して撤回しなかった場合の一手として考えておきます。

投稿日時 - 2012-02-04 23:50:37

一度、トラブルになってしまえばいいんですよ(^_^)v

投稿日時 - 2012-02-03 22:02:33

お礼

回答ありがとうございます。
今は上層部が痛い目みても、将来的に会社自体の損失を考えると自分に返ってきかねませんのでコワイです。

投稿日時 - 2012-02-05 00:05:55

あなたにオススメの質問