こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

50歳、効率のいい「英語学習」について

50歳のサラリーマンです。
息子が中学生で、英語を時々教えているのですが、そのため(バカにされないようにするため)に自身の英語力をアップしたいと思っています。
26年前に英検2級取得、20年ほど前に社内留学生試験を受けようと英会話学校に通い、TOEICも2,3度受けましたが、結局500点まで取れずに勉強も挫折しました。
その後、ほとんど英語学習はしていませんし、現状では仕事で英語を使うこともほとんどありません。

当時(20年以上前)との比較で、決定的に違うのはインターネットがあること。

新出単語、忘れた単語も、文章を読みながら、コピペでウェブ上の辞書ですぐわかる…そんな感じで文章を読んでいます。

大学合格のための受験英語をやっているわけでもないので、それでもいいかな、と思うのですが、やはり「勉強」は手も使って(紙に書く)覚えようとしたほうがいいのでしょうか。

前述のとおり実務上、英語が必要なわけではなく、趣味教養、そして息子にさらに関心を持たせて、それを導くために「お父さんも勉強しているぞ」的な姿勢を見せたい、というのが私の目的です。

そういったレベル、動機に対して適当な英語勉強法があるでしょうか。

参考にできるウェブサイト、書籍、あるいは回答者さんたちの体験などご教示いただければ幸い至極です。

投稿日時 - 2012-02-03 18:28:58

QNo.7283255

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

私はあなたとほぼ同年代、仕事に英語が不要なのも同じ、子どもが英語を勉強する機会に英語の復習を始めたところもまったく一緒です。私が英検2級を取ったのは……もう少し前、高校1年でしたが、そのあたりまで同じですね。

子どもに説明するために、昔使った参考書を解いてみたりしたのですが、8割程度答えはわかるものの、どうも腑に落ちない、頭が整理できないという状況が続きました。
そのため、文法問題集は解けるのに、文章の意味がきちんと取れないのです。
(これも大学受験で使った読解問題集ですが)

そこで私がやったこと。
当時子どもは小学校高学年だったので、中学生用の厚もの・薄物の参考書を数種類買い揃えて、
自分で英語の参考書を作り始めました。
自分の言葉で解説を書こうとし始めると、自分がどこを忘れているのかがどんどんわかってきました。
しかも、頭から読んでわかるように構成しなければならないので、文法体系がよみがえってきます。
そのうちノリがよくなってきて、高校英文法にまで解説が及び、
結局、500ページくらいのドリルと同ページ分くらいの参考書が完成しました。

もちろん、反抗期の子どもはそれを使ったわけではありませんが、かえって私のほうが、
その後に翻訳の仕事を引き受けたりできるようになり、
些少ではありますがお金になりましたよ(笑)。
翻訳のほうも、「日本語がすばらしい」とありがたがってもらいました。

まぁ、当時は時間を自由に使えたからできたことではありますが。

勉強するなら、やはり「かつてやったテキスト」を使うのが一番。
ほんのかけらでも、記憶って残っているものですよ。

投稿日時 - 2012-02-03 19:43:39

お礼

ありがとうございました。大変参考になりますが、回答者さんのように私にはそこまでの根気と熱意はないかも…。

投稿日時 - 2012-02-09 15:18:52

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

強い目的意識を持っていたわけではないのですが、趣味で英語の勉強を始めて20年以上になります。

やってきたことといえば、

(1)NHKラジオ「ビジネス英語」。番組がスタートしたときから聞き続けています(途中、「中だるみ」あり)。

(2)NHKラジオ「英会話」。大杉正明、マーシャ・クラッカワー先生のころよく聞きました。番組の内容が、とにかく、面白かった!

今でも、「ビジネス英語」、「英会話」、「基礎英語3」を適当に聞いています。また、BBCのラジオ(CH4)もよく聞きます。

(3)かなり前になりますが、インターネットで面白そうな記事を探して紙にプリントをして読んでいたことがあります。これは毎日1時間の勉強を1年あまりつづけました。

--というように時間だけはかけてきました。その割には、実力がついていないというのが実感です(「趣味」だからそれでいいのですが)。
  

投稿日時 - 2012-02-04 21:23:03

お礼

ありがとうございました。
とにかく、英語に「触れる、触れ続ける」ということですね。やってみます。

投稿日時 - 2012-02-09 15:22:35

ANo.5

忘れている原因は英語を聞いていなかったからだと思います。相手が言っていることが分かれば話すことは比較的出来るようになります。私のおすすめは「you tube」です。たとえばDavid lettermanのあほらし話を聞いてみるとか。勘が蘇ると思いますよ。

投稿日時 - 2012-02-03 22:21:21

お礼

ありがとうございました。やってみます。

投稿日時 - 2012-02-09 15:21:04

ANo.4

私も英語のブランクが有り、落ちて行く英語力と伸びない英語に嘆いてた時期ありますけど、ちょっと失業の間に英語浸りになったら、ヒヤリングが戻って来たし、英語勘が働くようになってきた感じがします。デクテ-ションはシンドイけど、効果ありますね。あと、新聞記事、TVドラマ、映画観まくる(英文セリフが入るまでとか…)。 勉強は、できないと挫折しやすいけど、楽しめるようにするといつの間にか…という感じがします。 しかしあなたの以前のレベルが分からないけど、英語脳に事前になってる必要はあるかも?Facebookもハードル高いと最初は感じるし大変だけど、いい先生と英語に出会えるチャンスがあります。(英語がきれいなので年配やあなたの同年代の人たちが良いです。)自分で考えて、恥をいっぱいかいて、英文を書き、読み手に通じるネイティブ的な英語の使い方を習うチャンスでもあります。 一番は、失敗と恥を恐れない、柔軟な思考で英語と向き合うことかな?と思っています。

勉強嫌いの私にとって、これが一番のやり方です。 これが参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2012-02-03 19:45:37

お礼

ありがとうございました。柔軟な思考で、試行してみます。

投稿日時 - 2012-02-09 15:20:34

ANo.2

書物は、読みもしないで捨てるのはもったいないですし、読めば愛着がわいて、捨てがたくなります。ただでさえ狭い家が、余計せまくなるので、PC歴は浅いのですが、こんなに無料で利用できるサイトがあったのかと、最近では、そちらを利用させてもらっています。

日本語の新聞ですと、実際は、あまり読まずにちり紙交換行きになっても、罪の意識はあまり感じないのですが、英字新聞等ですと、私の場合は、まだ、勉強のために購読している感じがあるので、捨てる決断が遅くなります。すべて紙の本誌と同じではありませんが、特に新聞等は、Web版が無料でありがたいと思っています。

PCを始めて、1年と少しの、ほんの初心者ですが、あちこちで無料学習サイトを見つけては、「お気に入り」に登録して(変な収集癖があるのかもしれません)けっこうたまったので、皆さんにも利用していただけたらと思い、最近、一部をまとめてみました。ご自身の目的に合わせて、適当に選択して、よろしかったらご利用下さい。(もちろん書籍などでの勉強もされても一向に構わないと思います。)

☆YAHOO!知恵ノート・無料学習サイトの紹介
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n19270

投稿日時 - 2012-02-03 18:56:56

お礼

無料の学習サイト、確かに多いですよね。中学英語ではいくつかお世話になっています。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-02-03 19:17:52

ANo.1

まず、NHKの7時のニュース、9時のニュースを英語で聞いてみたらいかがでしょうか?無料です。

投稿日時 - 2012-02-03 18:47:58

お礼

ありがとうございます。VOAも聞いたりしましたが、英語のリスニングにはいいですが、スピードはやはり速いですね。

投稿日時 - 2012-02-03 19:17:20

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-