こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電子書籍リーダーについて

電子書籍を読むための端末が各社からでていますが、専用端末でなくても
タブレットやPCで読めると思うのですが、なにか機能がちがうのでしょうか。
わたしはPCやタブレットで大画面にコミックを映して楽しんでいるので、今の
端末のほうがかえってよいように思えるのですが。話題のキンドルもHDMI
はついていないようですし。ガラパゴスを買いそびれて助かった私です。
AndroidについてはGoogle eBooksが有力なバックだそうで、Amazonとの
関係がどうかも関心があります。両者とも早く日本に上陸してほしいです。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20101207/354943/

投稿日時 - 2012-01-24 23:17:22

QNo.7264839

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

PCやAndroidタブレット、iPad、等を持っている人は、それでいいと思います。

問題は、PC等の電子機器を持っておらず、普通に本を買っていた人に、どうやって電子書籍を広めていくか、というところでしょうね。
そのためには、電子書籍リーダーを安く手に入れるようにならなければいけません。
それで機能限定のReader機を開発し、量産して安く提供しましょう、ということではないでしょうか。
汎用PCやタブレット端末は4~5万円はしますから、それに比べれば、電子書籍リーダーは安いというわけです。

とは言っても発売当初の2万円超えなんてのはまだまだ高く、1万円切ってくれればどうか、という気はしますねぇ…。
thttp://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1109/26/news070.html
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1109/29/news076.html

参考) http://kakaku.com/trendnews/pc/id=daily_499/ (2011年2月までの価格推移)

----

電子書籍リーダーは、電子ペーパーを採用している物がほとんどです。
非常に低消費電力であるため、バッテリーを小さくできる=非常に軽い、1ヶ月ぐらい充電しなくてもいい、という特徴もあります。
その大きさ・軽さなら、文庫本一冊の代わりに、何十冊でも入るReaderを持ち歩いてもいい、と思う人も結構いるとは思います。

投稿日時 - 2012-01-25 10:00:54

お礼

わかりやすい解説ありがとうございます。確かにまだ電子書籍単機能
の端末としては、ガラパゴスも高かったです。通販のみという特殊な
販売形態もあったのでしょうが。
なんか国産のハードは信頼性はあるような気はしますが、みんな高いですね。
キンドルは199ドルで赤字で出荷しているということで、これでは太刀打ち
できないかもしれません。
私はコミックを読むのに使っていますが、主流は活字の文庫本の代替なの
でしょうか。それだとベストセラーを読むのにBookOFFに古本が出回るまで
まてませんですよね。コミックだとけっこう懐かしい漫画をみたりしてます。

投稿日時 - 2012-01-25 15:37:23

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-