こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

脊髄軟化症?

ギャフンとなき腰が抜けて
そのまま立てなくなりました。
その日診断ではヘルニアと言われましたが
次の日 ヘルニアではないと言われ、原因不明で産まれたときからの病気が出てきているのかもしれないと言われました。
今は毎日注射を打ちに病院に通ってます。
そして朝お薬をのんでいます

寝たきりになってしまったけど自分でうんちもおしっこもします
それを嫌って自分で 寝返りをするのですが自分でもとに戻ることができず
身体だけが曲がった状態になっています。
直してあげたりはするのですがこの状態がいつまで続くのか
この子は辛くないのかと不安になってしまいます。
ご飯も食べてくれるし水もしっかりと飲んでくれます。
しかし 痩せていってます。

ネットでみると
脊髄軟化症っていうのにひっかって・・・・
脊髄軟化症は全く動けなくなるのでしょうか?
この子は注射を打ち続けながら生きていくのでしょうか・・・・
先生は様子をみていきましょうとしか言われません。
何かお分かりの方教えてください。
宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2011-12-21 17:27:13

QNo.7202192

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>次の日 ヘルニアではないと言われ、原因不明で産まれたときからの病気が出てきているのかもしれないと言われました。
>脊髄軟化症っていうのにひっかって・・・・

「椎間板ヘルニア」など、物理的な負荷によって「脊髄軟化症」になりことも
あれば、潜在的に同時進行している場合もあって、原因が特定しにくい難病と
いえますね。

犬種、年齢、発症時期が不明ですが、「脊髄軟化症」を伴う「椎間板ヘルニア」
のような脊髄損傷は、Mダックスのような胴長短足種に多く、およそ中年齢期に
よく見られます。
重症の場合は半身麻痺、最悪の場合は全機能の喪失や呼吸困難を引き起こし
て、死に至ることもあります。

一方、「脊髄軟化症」は先天性のものではないとされますから、獣医さんが「産
まれたときからの病気かも…」と言うなら、ちょっと違うかのように思えますね。。

「先天性脊椎側湾症」も可能性はあるのですが、この場合は普段からそれなりに
姿勢の歪みが見られているはずですし。。

その他「変形性脊椎症」「脊椎分離症」「椎骨腫瘍」「塊状椎骨」とキリがないので
すが、いずれも脊髄を含む中枢神経系は末梢神経と異なり、一度損傷すると修復・
再生されることは無いので、本当に心配ですね。。。
獣医さんが特定できない以上は、何とも言えないので、申し訳なく思います。

とりあえず言えることは、損傷部位は…
 ・自力排泄ができることから「仙椎」 ではない
 ・後脚麻痺とのことで「胸椎」の下部から「腰椎」にかけての損傷
 ・X腺での異常が発見できないなら、微細な損傷の可能性もある
と、いうことでしょうね。

自力排泄ができており、食欲もあるなら、小回復は期待できるかもしれませんの
で、決して絶望など、なされませんように。。。
もし可能なら、設備の整った病院を紹介してもらったほうがいいかもしれません。

回答が遅くなった上に、大したアドバイスもできないことを申し訳なく思います。

(元 飼育屋)

投稿日時 - 2011-12-23 08:01:49

お礼

回答ありがとうございます。

もっと設備のととのった病院に連れて行きたいと思います。
原因不明のままじゃ やりきれなく思います。

犬はMダックスです

色々な病気が考えられるのですね。

少しでも良くなってくれればと思っています。

投稿日時 - 2011-12-26 11:11:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-