こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

これって本当は好きではないのでしょうか

ここ何ヶ月か付き合っている彼がいます。お互い結構年もいっているので、結婚の話とか、両親に挨拶とか、子供の話なんかもしています。

お互いとても気があって一緒にいると楽しいのですが、彼と私では生活水準が違いすぎています。私のほうが生活水準が高くて、彼と一緒になると自分の生活水準を下げることになるのは目に見えています。私の収入は彼の3倍あります。

彼もそれは解っていて、彼は気にしないと言いますが、私は気にすると伝えてあります。私は古風なので、男性には「養って」もらいたいです。

彼はとても優しくて、とても私のことを大切にしてくれているのがわかります。たまにそんなことを言いますし、一緒にいてもとても感じます。先日一緒に会っているときは「私はこの人のことを好きなんだな」と今まで思ったことのなかった感情を感じていました。

でもその後、一人で買い物をしているときに子供用品を見て、ああ子供ほしいなと思ったことがありました。その時相手として浮かんだのは彼ではなかったのです。誰も浮かびませんでした。

なんだか自分の感情がよくわからなくなっています。皆さんはこんな私の感情をどう見られますか。

投稿日時 - 2011-11-30 16:00:49

QNo.7163290

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(10)

ANo.10

  彼の問題より、まずは

  自分自身の今楽しいと思えるときの環境や生活レベル、金銭感覚に至るまでで、
  彼を選択することで無くなるものの方が貴方にとって価値が高いうちは、
  今を楽しめばいいのでしょう。
  でも、いつまでもその環境が続かないならば、お金は寂しさまで充たしてくれませんので
  どこかで見切りをつけるべきだとは思います。
  それまでに彼にあいそつかれても、また見つければいいと思うし、
  そんときは仕方ないと思えるんでは。
  
  まずは貴方自身の価値観をどこに置くかですから。

投稿日時 - 2011-12-01 08:59:29

お礼

ありがとうございます。今は、現在の状態で楽しめるところだけ楽しんで、もう少し様子を見てみようという気になりました。

投稿日時 - 2011-12-01 15:14:03

一度恋愛から離れてみては?彼と一ヶ月ぐらい離れてみたら彼が質問者様にとって大事な人かどうか分かると思いますよ。

投稿日時 - 2011-11-30 17:37:16

お礼

ですね。この先彼は半年ほど仕事で遠くに行くので、帰ってくるまで保留にしておいて帰ってきた時点で答えを出すと言うのがよさそうです。

投稿日時 - 2011-12-01 00:42:39

ANo.8

彼とは縁がないんでしょう。

自分の生活水準は下げたくない、でも養ってもうらう・・古風な女だから・・なんか違う!

養ってもらうのなら旦那さまお給料でやりくりしましょう。
それが不満で、今現在と同じ生活水準を旦那様に求めるのなら・・彼が不幸になると思う。

読んだ感想としては・・彼を好きではないんじゃないかな?

古風な女性は男性を見下したりはしないはずです。

投稿日時 - 2011-11-30 17:34:03

お礼

私自身矛盾しているところがあるのは良くわかっています。ご意見ありがとうございます。参考になりました。

投稿日時 - 2011-12-01 00:41:13

ANo.7

この際結婚うんぬんは別に考えましょう。

あなたは彼のことを「愛している」と心の底から真心だけで言えますか?

もし愛しているのなら結婚に向けて障害になっていることを
全力で何の疑いも無く喜びを持って乗り越えられる筈です。

彼と愛情を持って人生を共にしたいのか
結婚に都合のよい相手と考えているのかあなたがはっきりとした考えを持つことをおすすめします。

投稿日時 - 2011-11-30 17:09:38

お礼

愛情とは何加という定義が自分の中で出来てないのでこんな悩みがあるのだということは自覚しています。今の時点では「愛情」と結婚の現実と両方ほしいと言う欲張りです。

投稿日時 - 2011-12-01 00:44:20

ANo.6

共稼ぎをして、貴方の分は貯金して将来にあてるべきです。

    だんなの分でつつましく生活し扶養されていればいいとは思いますが

    たまの贅沢とか、不意の出費だけ助けてあげればいいのではないでしょうか?


    2人は良くても、子供の学費など、将来必要に迫られることは沢山あります。 
    そのときまで貯めて置くことをおすすめします。

    でもだんなには、それを鼻にかけると破綻しますのでご注意を。
 

投稿日時 - 2011-11-30 17:06:47

お礼

彼はそんな風に考えているみたいですが、彼と一緒になると私の収入(仕事以外のところからの収入)が入らなくなってしまいます。ですので、私の現在の自由になるお金は彼の稼ぎの5倍くらいあるんです。結局はそうしてまでも一緒にいる価値のある人か(私にとって)と言うところに落ち着くのでしょう。

ご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-12-01 00:49:31

ANo.5

考えすぎると結婚も出産もタイミングを逃してしまいますよ。
出産可能な年齢なら少々のことはあっても子どもを産むことを
考えた方がいいと思います。
あれこれいろいろと考えているうちに年齢は過ぎて行きます。

完璧な結婚なんて、なかなかありません。
好きだという感情が今あるならよいのではないですか。
結婚して何年も暮すうちに、ドキドキとか好きという感覚は無くなって
家族として暮していくときに、妻を大切に思いやってくれる
夫がいるというのは幸せだと思います。

また、夫婦の喧嘩で多いのは経済的なことみたいです。
彼の収入が低いなら経済面では不満が出て、喧嘩になることも考えられます。
収入が3倍も違うということに、我慢ができるかどうかですね。
だから、あなたも仕事をしたらよいのではないですか?
それを自分で納得してから結婚されたほうがいいのではと思います。

最近ではしっかりとした男性をみつけるほうが難しいですよ。
理想を追い求めていたら、結婚すらできなくなります。
文面からすると、彼は優しくて好さそうな男性に感じます。

投稿日時 - 2011-11-30 16:36:31

お礼

妥協をするなら、結婚も出産もしなくて良いと思っています。結婚は2度目になりますし、私自身この年で初産はちょっとつらいのではないかと言う年になっています。

投稿日時 - 2011-12-01 00:51:50

生活水準って結婚すれば、関係ないと思いますけど。
専業主婦になるなら、彼の給料でやりくりするべきだし
生活水準を落とすのも当然だと思います。

自分の妻は結婚後は専業主婦になり、それ以来一度も働いていません。
子供にも恵まれましたが、お互い役割を持って家計を支えていますよ。

自分だけが稼いでいるとか思ったことは一度も無く
お金の管理は妻にお願いしています。

年収は一般のサラリーマンよりかなり多い(年収4桁)ですが
小遣い制で月3万です。

確かに質問者さんのこだわりもあると思いますので
自分自身で彼とは釣り合わないと答えを出していると思います。

給料は上がる可能性はいくらでもありますが、
彼にその未来が見えないようなら
ご自分の判断を信じたほうがお互いのためだと思います。

投稿日時 - 2011-11-30 16:35:48

お礼

ご意見ありがとうございました。彼と収入の話をしたとき、彼は私の収入に追いつくのは無理だと言っていました。結論を出す前にもう少し彼と話し合ってみます。

投稿日時 - 2011-12-01 00:54:01

ANo.3

30代既婚男です

あなたは完全に彼を下にみてると思います
結婚というのは収入の多い少ないではないと思いますけどね(理想論かもしれませんが)

「養って」もらいたいと思ってる以上
彼とはうまくいかないと思います

投稿日時 - 2011-11-30 16:33:26

お礼

率直なご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-12-01 00:55:30

ANo.2

好きじゃないんだと思います。
というか、そもそもどうして付き合うことになったのですか? そこが不思議です。

投稿日時 - 2011-11-30 16:33:13

お礼

初めは付き合うつもりはなかったんです。彼に押されて会っているうちに彼の人間としてのよさに気がついたというところです。

投稿日時 - 2011-12-01 00:57:07

ANo.1

30代♂です。

まず収入の差を言ってる時点で貴女は彼を馬鹿にしてますね。

彼の生活水準に合わせてそこでやりくりするか、共働きで二人で

頑張るかですよ。

結婚しても貴女は彼を馬鹿にして上手くいかないでしょう。

投稿日時 - 2011-11-30 16:22:06

お礼

そうなんです。たぶん一緒になって、自分の生活水準を下げて、結局なんで私はこの人と一緒になってしまったのだろうと後悔することになるようで怖いのです。今まではいつも相手に妥協してそれで結局上手くいかなかったばかりのパターンばかりなんで。

投稿日時 - 2011-12-01 00:39:42

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-