こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

新規性、進歩性をクリアする具体例について

特許・実用新案の内容が似ている場合、
構成Cで新規性、進歩性を表せばいい、と
ご返答頂きました。それの続きなのですが。
http://okwave.jp/qa/q7138957.html


例えば、Aさんが
窓ガラスは無職透明が一般的で、鏡の窓ガラスを発明したとします。
その際、「発明が解決しようとする課題」が、無色透明の窓ガラスに装飾性を持たせるため
鏡の窓ガラスを開発したと、申請済みとします。

その後、Bさんが、
「発明が解決しようとする課題」で、太陽光など屋外の光を窓ガラスで反射し、
遮光効果を得るため、と鏡の窓ガラスを開発したと申請する場合、
この発明は有効なのでしょうか?

前者も後者も、発明したものは、鏡になっている窓ガラスというもので、作り方も同じです。


構成Cについてですが、

■請求項の文章中に構成Cが付加してあれば良いのでしょうか?
それとも詳しい説明中に構成Cが付加してあれば良いのでしょうか?

当然ですが、請求項に構成Cに関わることが含まれていれば、
詳しい説明の方にも、構成Cに関する、より長い説明文が記載されることになると思います。


■たとえば、(1)(2)の場合は構成Cとして有効でしょうか?

一般的な鏡の反射する金属層(反射層)の厚みが100μmだったとして、
Aさん、Bさんの鏡はともに100μmとします。
Aさんは反射層の厚みについて記載がないとします。
Bさんが、十分な遮光性を得るために実験をし、遮光性を得るために反射層の厚みは100μm以上が必要。と記載した場合
(1)このBさんの部分は、構成Cとなりますか?

一般的な鏡の裏面の保護塗料は茶色とします。
Aさんは、裏面の保護塗料の色についての説明はありません。
Bさんは、遮光性を得るため、茶色の保護塗料が必要。と記載した場合
(2)このBさんの部分は、構成Cとなりますか?

Bさんは、遮光性を得るため、黒色の保護塗料が必要。と記載した場合は
進歩性が発生すると思うのですが。

投稿日時 - 2011-11-20 08:34:29

QNo.7143647

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

■請求項の文章中に構成Cが付加してあれば良いのでしょうか?
構成Cについては、請求項に記載されている必要があります。

Bさんの発明の明細書を作成する際に、Bさんから発明の詳細をできるだけ具体的に聞いて、色々な情報を詳細な説明の中に記載しておきます。
審査官がAさんの発明を引用したときに、Bさんは、明細書の内容をよく読んで、Aさん発明との差別化に使える構成要素を探しだして、その内容を請求項に追加する補正を行います。

■たとえば、(1)(2)の場合は構成Cとして有効でしょうか?
(1) 厚さの観点で反論するのであれば、鏡としては機能しにくい厚さに限定することが有効です。例えば、十分な反射を得るためには100μmが必要であるとすれば、請求項に20~90μmという限定を加え、このような厚さでは、鏡としては機能しないので、Aさん発明に基づいて新規性・進歩性があると主張します(明細書に20~90μmという内容が記載されていることが前提です。)。逆に、100μm以上という限定では、設計事項であると判断される可能性が高いと思います。

(2) 保護塗料が茶色であることは、Aさんの明細書に記載されているに等しいとして、新規性拒絶が維持される可能性が高いと思います。保護塗料が黒色であるという限定を加えると、進歩性が出る可能性はあると思います。

投稿日時 - 2011-11-21 09:30:40

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-